殺人修学旅行

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:ひろにい 908:2013/06/30(日) 20:51 ID:9TA

登場人物
三輪紘哉
浅尾彰吾
川本ゆり
春名郁哉
篠村レン
前野光
本野実亜
山川杏
三野由羽
水元カンナ
石川ルル
青野リオ
では、始めます。

今日から、修学旅行。
ぼくも、楽しみだった。
「行ってきまーす!」
学校に着いた。
ほとんど、着いていた。

2:ひろにい 908:2013/07/01(月) 07:07 ID:9TA

キャラ追加します。

「おーい。」
あっ、この声は…
「ひろにいっ!」
「郁哉君!」
郁哉君は、ぼくの同級生。
「おーい、いくぞーっ。」

「ふう、つかれた。」
「もうかよー」
「彰吾っ!」

3:ひろにい 908:2013/07/01(月) 07:27 ID:9TA

彰吾も、ぼくの同級生です。
「では、今から、殺人修学旅行を始めます。」
「え?」
殺人?
「この2日間、自分を守ればいいだけです。
バスの中、お土産買うとき、旅館の部屋は、ありませんよー。」
もしかしたら・・・ころさ・・・
「どうせ、場を盛り上げるうそだろ。ひろにい信じすぎ。」
「そう・・だね・・。」
(怖いなあ・・・。)
「おしっ、しりとりしよーぜ。」
「うん。」

「間もなく、東大寺です。」

4:ひろにい 908:2013/07/01(月) 07:33 ID:9TA

「うわあっ、東大寺かー。」
僕は、楽しみだった。
「お気をつけて下さいね。」
「三輪(みわ)」
「ン?」
「気をつけろよ。」
「レンも?」
「ああ、あれは本当かもしれないしな。」
「うそだぜっ!」
ダイキが列をぬかしていった。
前には、トラック!?
「ダイキっ」
「ン?」
「あ」
ぐしゃっ
「きゃああああああっ!」

5:ひろにい 908:2013/07/02(火) 16:19 ID:9TA

「あ・・・あ・・・あ・・・」
信じられない、
僕の目の前で人が死んだなんて…。
「きゃあああああああっ」
女子たちは、混乱していた。
「さあ、行きましょう。」
僕たちは、何もなかったかのようにダイキを無視して、行った。
「みんな・・・たす・・。」
(無視しなくちゃ…。)

6:匿名ちゃん:2013/07/02(火) 16:29 ID:Fhg

あの〜、バトルロワイアルに凄く似てるのですが…

7:ひろにい 908:2013/07/02(火) 16:31 ID:9TA

追加キャラ
守屋ケイ
毛利洋人(もうりひろと)
桃口ミハ
野宮リア
川村ダイキ(もう死にました。)
崎野ミカ
帆村カイ

8:舞:2013/07/02(火) 16:32 ID:HZc

な、なんか、見たことある…

9:ひろにい 908:2013/07/02(火) 16:32 ID:9TA

これは、オリジナルです。

10:ひろにい 908:2013/07/02(火) 16:35 ID:9TA

大仏のところに着いた。
「すごい・・・。」
「ダイキ・・。」
「三輪、もう忘れろ。」
「うん・・。あれ?ミカは?」
「本当だ、どこ行ったんだろ・・。」

11:ひろにい 908:2013/07/02(火) 16:38 ID:9TA

大仏のところを出ようとした時
ピシャッ
僕に何かがかかった。
それは、赤い液体だった。
「え?」
みんな上を見た。
上から、何かが降ってくるのがわかる。
「あ」
それは、間違いなく、ミカの首だった。

12:ひろにい 908:2013/07/02(火) 16:41 ID:9TA

「まさか…」
ボト、
ミカの首だった。
「な・・・な…んで…?」
「ああああああああああっ!」
もう嫌だ
死体なんて、もう見たくない。

13:匿名ちゃん:2013/07/02(火) 17:37 ID:Fhg

何かさー、小説の所で1レスごとに書く事少なすぎ。
もっと多く書いたほうが読む人も見やすいし。

14:ひろにい 908:2013/07/02(火) 21:29 ID:9TA

「もういやああああっ!」
カンナちゃんが叫んだ。
「もう、しんでやるうっ!」
ザクッ、
「カンナあああっ!」
また人が死んだ。
何で、こうなるの?

15:ひろにい 908:2013/07/03(水) 16:35 ID:9TA

僕たちは、バスに乗った。
「ガチだったな・・。」
「うん・・。」
僕は、立ち上がった。
「三輪?」
「僕は、あんた達のゲームに勝ってみせる!」
もう、これで、いいんだっ!
「いいだろう。」

「次は、春日大社ですぅ―。」
春日大社に着いた。


書き込む 最新10 サイトマップ