創世の天ノ佐和学園。

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:猫宮 クロネ ◆/Ar.:2013/07/02(火) 19:21 ID:1tk




「きゃぁあぁあぁあああ!!!」


 劈く女性達の悲鳴。双方から聞こえる高い叫び声が、少女の小さな鼓膜を揺すり立てた。
 必死に逃げ惑う人間達。皆一斉に走って逃げる。途中ですっ転んだ友達を庇っている暇はない。
 今は、とにかく逃げなくてはならないからだ。

 先程まで真っ青で綺麗だった空の面影は無い。
 上空は、漆黒の暗雲で埋め尽くされていた。

「ぐぅアァアァアァアァアァアァアァアァ!!」

 物凄い轟音と共に切り裂かれる、闇色に染まりきった巨大な身体。
 逃げ惑う人間達は思わず足を止め、光り輝くその“何か”を皆一様に見つめていた。

「……るせぇな。あんなちっちぇえの、オレなら一裂きで終わりだっつーの」

 1人の少年が、ふてぶてしい表情を浮かべながら、自分の両耳の穴に小指を詰めてそう小さく吐き捨てると、
 吹き荒れる風にさらさらと靡く蒼色のマントが自分の肩にかかり、バサリとはらった。

 驚く事に、彼は地上の3メートルほど上空を浮遊している。

 もちろん、ワイヤーで吊り上げている訳でも、透明の台の上に立っている訳でもなかった。
 では一体何故か?

 それは、彼が“ガーディアン”だったからである。

2:猫宮 クロネ ◆/Ar.:2013/07/02(火) 19:34 ID:1tk



初の方は、初めまして。猫宮 クロネ(ネコミヤ クロネ)と申します。
何故か「表示できません」となってしまって中々投稿出来ない((泣

HNを変えてからは初めての小説になります。
以前書いていた物は黒歴史の1ページに刻まれt……((汗

今回は学園ファンタジーを書いていきたいと思います。
時々バトルもある……かな?いや、ありますね。

>>1には、プロローグを書かせて頂きました。
文才についての言及はやめて頂けると非常にありがたいです。←こら

タイトルからは厨二臭がぷんぷんしますねww

ライトノベルのようなストーリーを目指しておりま……無理ですね。←

>>3 ルール/規則 >>4以降 本編

3:猫宮 クロネ ◆/Ar.:2013/07/02(火) 19:46 ID:1tk



◇ルール/規則◇

*荒らし・中傷目的の方はいらっしゃらないで下さい。

*猫宮は学生ですので、更新が亀更新になると思われますが、
 催促・文句等は受け付けておりません。ご容赦下さい。

*感想アドバイスは大歓迎です。ですが、雑談ばかりになってしまいますと
 いけませんので、その際には雑談スレッドを立てさせて頂きます。
 読者様同士の雑談は出来る限りお控え下さい。

*あえて振り仮名を振っていません。どうしても読めない漢字や、
 付けた方がいい、という場合はおっしゃって下さい。

*ケータイ小説風を目指して書いておりますので、感嘆符の後を1マスあける、
 等の基本ルールは無視して書かせて頂いております。


以上ですかね。自分勝手で大変申し訳ございません。では、本編をどうぞ。>>4


書き込む 最新10 サイトマップ