この世界とあの世界

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:恋したことない子:2013/07/02(火) 19:41 ID:79w

はじめまして!
掛け持ちさんの恋したことない子です。
初心者さんなのでけして上手くないです!
頑張っていくのでよろしくお願いします!

2:恋したことない子:2013/07/02(火) 20:13 ID:79w

人物紹介

三日月 悠羽 ミカヅキユウ

元気で明るい、能天気で何事にも
全力でやる。

三日月 夕奈 ミカヅキユナ
真面目で、綺麗好き。
素直に慣れなくて、いわゆる
ツンデレ

3:恋したことない子:2013/07/02(火) 21:56 ID:79w


「夕奈ぁ。お願い、宿題見せてー?」
また、悠羽だ。
わたしはふぅと溜息をついた。
「駄目、昨日も一昨日もでしょ?」
それでも諦めない悠羽はまだおねだりする。
「だってぇ、数学の先生怖いぃ!」
変におびを伸ばしながら言えば、悠羽は
また、「お願い!」と言いはじめた。

このお願い何回目かな?

…多分100回以上かな。

悠羽は甘えん坊で、明るい私の双子の妹。

悠羽は宿題をしないからいつもわたしに
「見せてー?」
と言ってくる。

4:恋したことない子:2013/07/03(水) 18:00 ID:79w

「無理だからね、ほら!いくよ?」
わたしが悠羽の手を引っ張り連れて行く。

本当に悠羽って、子ども。

呆れちゃう、まったくもう。

むぐぅ?!こいつ動かん!!
私はもっと強く引っ張ったけど無理。

もう、いいや。置いてこう。
「いってきまーす。」
私は、悠羽の手を強引に離させた。



いっつもこうなんだから!!

やばい、もうすぐチャイム鳴る!!

悠羽のせいなんだから!
もう、悠羽なんて知らない!嫌い、大嫌い!

私は必死になって、走っていった。

5:恋したことない子:2013/07/04(木) 16:07 ID:79w

私は席につくと、辺りを見渡した。

ギリギリセーフかな?

悠羽は遅刻だろーな。
「あ、夕奈!おはよっ!」
笑顔の美希よく朝からわらえるな。

「美希、おはよ。」

真顔で返事しちゃった。

ま、いっか。てゆーかさー
「悠羽遅いなー。」
私が溜息混じりの声を出したら、
「悠羽ちゃん?」
って、可愛く首をかしげる、美希。
美希は顔が整って可愛い…




その時チャイムが鳴った。

6:恋したことないこ:2013/07/06(土) 08:07 ID:79w


先生が入って来て出席をとった。

はーー、つまんね。
「ん?三日月は?」
先生が大声でいう。うるさいなぁ。
「夕奈、知らんか?」
って聞かれたから、
「いえにおいてきました。」
って答えてやった。
あれ?教頭が窓コンコン叩いてるよ。

そんな事気にせず、まだなんか言ってるよ。

あ、やっと行ったよ。


「三日月、来い。」

はへ?私?

「はい。」

そう言って、いってみると、教頭が

「悠羽さんが大変なので早く病院にっ!!」

って言われた。

悠羽がどうしたって?

病院?大変?

なんなのかさっぱりだった。

7:恋したことない子:2013/07/06(土) 12:34 ID:79w

それで…悠羽が…寝ていて…。

それで…もう、悠羽はいなかった。


気づいたら…いなくて。

クラスの皆がないていた。

そして私はいま、ベッドで寝てる。

お母さんとお父さんのすすり泣きが聞こえる。

それを聞くと、本当にいないんだな。って思う。


書き込む 最新10 サイトマップ