NOZOMI

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:ショコラ姫:2013/07/04(木) 18:05 ID:DpU

あたしは内田希未高校1年生
あたしは12歳から歌手としてやっている。
お話の世界へ
冴子「ののちゃん!!おはよう!!」
皆からののって呼んでいる。
希未「冴子!!またあたしの真似して!!」
冴子「いいんじゃない!!友達じゃない!!」
希未「今度4月13日は冴子の誕生日だね!!」
冴子「うん!!そうだよ!!」
希未「あたしは2月14日生まれだよ!!」
冴子「ウン!!お互いに祝おう!!」
男子生徒「冴子ちゃん!!可愛いね!!」
冴子「私は世界一可愛い白肌女」
男子生徒「でも!!ののもストレートへアーで背も高くていいよね!!」
冴子はベリーショートで小柄デ男子にモテモテでも・・・。
冴子「私ね!!小さい頃友達も全然いなくてとても寂しい時が多かった!でもののちゃんと出会いともだちになってくれた事が嬉しいよ!!」
希未「あたしも高校上がるときあたし休んでいて!!始めていくともう友達も出来ていたから」
そして
東次「内田!!柏山!!おはよう!!」
冴子「東次君!!」東次「内田!!今日帰りにカフェに行くか!!」希未「ウン!!今日は歌の活動も無いし!!」
東次「コレは!!内田の新曲聴いたよ!!」希未「聞いてくれたんだ!!」東次「オレとお前は小学校の幼なじみである供にオレは一番のファンだから」
希未「あたしの新しい曲の夢の結婚式だよね!!」東次「結婚式テーマソングでも人気だな」
冴子「何ナノあの女!!でも私は歌音痴だしな!!」
冴子「東次君!!私と付き合って!!」東次「オレは内田の彼氏だ!!お前にはオレよりもっといい男がいるはずだ!!」
冴子「でも!!冴子は!!」東次「じゃあな!!」冴子「あの!!キスして」東次「うるさい」とはずした瞬間に・・・・。
希未「二人がキスしている・・・・」
海沼蘭「なにみてんの?のの!!」希未「蘭君!!(涙)」  
                     続き


書き込む 最新10 サイトマップ