塾で実る恋

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:イチゴ hoge:2013/07/07(日) 12:51 ID:QY6

「でさー、うち昨日告られた〜」

「嘘!?私より先に!?」

「苺だって告白されてるじゃん。
たくさんね」

私、安藤 苺。中学1年生です。
私はとても可愛いらしく、男子に付きまとわれます。
もう、うんざりしているの。

「ねぇ、テスト!今日返って来るよ!」

「嘘…………テスト………」

2:イチゴ hoge:2013/07/07(日) 13:00 ID:QY6

私はテストで全教科90点以上と言われた。
うちの親はとても厳しく、遊ばせてくれない。
90点以下だったら塾に行かないといけない。
お母さんは弁護士やっててお父さんは警視庁に居る。
立派な親だね!って良く言われる。
でも、最悪な親でも有る。

「テストを返すぞー!安藤!」

「はいっ!」

一番なので余計緊張する。
なんで安藤なのよぉ〜!!!!

「ほら、安藤は学年で一番だったぞ」

「ありがとうございます」

理科は98点。
良かった…………お母さんに怒鳴られませんように。

二時限目 数学

「安藤さん。学年で一番よぉ〜!」

「ありがとうございます」

数学は95点。
まぁまぁの成績。

三時限目 地理

「安藤!学年で一番だ!おめでとう」

「……………」

地理は自信が無かった。
点数を見るのが怖い…………
地理91点。
ギリギリだった。

四時限目 英語

「良く頑張ったわね!学年一位よ」

「…………」

英語100点。
ここまでは順調。
国語だけは自信が無い。
特に漢字!!!!

五時限目 国語

「安藤さん、おめでとう。学年一位よ」

「はい…………」

私はテスト用紙を見る。

3:うーにゃ:2013/07/07(日) 13:22 ID:m4w

この後どうなるんですか?気になります!!更新早くしてください!!
頑張ってください☻

4:イチゴ hoge:2013/07/07(日) 15:58 ID:QY6

うーにゃさん
ありがとうございます〜!
続きをどうぞ!!

「!?」

国語89点
嘘よね…………89点って…………
後1点何処に行ったのよ!?

「安藤さんは本当に良く頑張ったわね。
他の子は皆60点代なのよ?」

「あっ、ありがとうございます」

私は怒りと悲しみに満ち溢れていた。
これで塾確定だわ。
塾っていまいち好きじゃない。
皆のペースに合わせなきゃいけない。
先生も口うるさいらしい。

「最悪」

こう呟いて席に座る。
私は答えと回答用紙をみる。
国語だけちゃんとみる。
後1点…………何処か間違えてないの!?
でも、先生の丸つけは完璧だった。

「ハァ、人生終わりよ」

「どーしたの?暗い顔してぇ〜!
いっちーらしくないよ?」

「李娘りん…………私、塾確定よ」

「いっちーが塾!?」

「そーよ、塾」

5:イチゴ hoge:2013/07/07(日) 19:06 ID:QY6

「いっちー天才じゃん!」

「天才でも塾に行くの」

休み時間_______
私は一人で小説を書いていた。
小説を書くのが私の日課。

「えーっと…………主人公は榊 真由で
良いよね…………」

私は新しい小説の主人公を考えていた。
脳内で考えないとね。

「いっちー!次の時間、委員会決めだって!
ついでに班長も!」

私達の学校はテストが終わってから
委員会等を決める。
班長もね。
班長と学級委員は投票で決めるらしい。

「いっちーに入れようかな〜」

「止めてよ………私、嫌よ」

「いっちーのけちぃ〜!」


書き込む 最新10 サイトマップ