いじめ ~悲シイ現実~

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:林檎:2013/07/07(日) 19:41 ID:Ygw

世に言うスランプです……
ああ、いじめ系しか書けない自分が憎い…!

>>2で早速登場人物
>>3でプロローグです。

2:林檎:2013/07/07(日) 19:53 ID:Ygw

露木 未來 (ツユキ ミク)【♀】
・クラス1の浮いてる少女


若宮 雅 (ワカミヤ ミヤビ)【♀】
・学校一の御嬢様


河西 雛子 (カサイ ヒナコ)【♀】
・愚痴&陰口が半端ない

3:林檎:2013/07/07(日) 21:35 ID:Ygw

プロローグ

最近は人間で居ることが詰まらない。
毎日、苦笑い浮かべて皆の輪に入れる様に気配った。
でもそれが裏目に出てしまった。

皆に無視され、存在すらも消えつつある。

人間じゃなくて草や花見たいになりたかったな。
人間だと約八十年生きるが、草木は咲いてすぐ枯れる物だ。
なんて潔い人生だろう。


なんで、草木達に産まれなかったんだろう?

__何故、草木の様に人間関係が潔くなれば良いのに。

4:林檎:2013/07/07(日) 22:04 ID:Ygw

−第一部−


「御早うー」「御早う!」
朝__…。
同じクラスの子達が賑わう時間。
でも私は裏腹に憂鬱な時間だ。

「____あっ!」

ドンッといきなり押されて倒れ込む。
後ろを振り替えると見慣れた二人の顔。
「若宮さん…」
「貧乏人が登校してるなんて…良く平気なのね」
わざと同情した目付きで私を見る。
若宮さんは唯一私に絡んでくる人。
いつも人を小馬鹿にして…。
いい加減止めて欲しい。

「制服洗ったらどうかしら?小汚ない制服で此方が見苦しいですわ」
クスッとまた小馬鹿にしてくる。

制服…洗っているのに……。
「__私、別に好きで小汚ない制服着ている訳じゃ無いから」
と冷たくあしらうとまた蹴られた。

「なら洗いなさいよ!クズがゴタゴタ煩いですわっ!!」
朝っぱらからいじめるって何なの?
人の気持ち分からない人にクズなんて言う資格無いはず…。


___もう嫌。
いい加減、解放させてよ……。

5:ひな:2013/09/08(日) 15:02 ID:qlc

面白い!

6:ネズミ:2013/09/11(水) 17:19 ID:gBY

いじめ系好きです!私もいじめっぽい(?)の書いてます! いためつけるから です。よかったら。


書き込む 最新10 サイトマップ