金星になりたい。

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:ソウ:2013/07/26(金) 14:16 ID:tgo

頑張って続けていこうと思いますw

コメント、アドバイス大歓迎です!!
荒らしはナシで!
どうか、あたたかい目で見守ってください(´∀`

2:ソウ:2013/07/26(金) 14:55 ID:tgo

 ――君に初めて会ったのはいつだっけ?

「あのね、それでね、みーちゃんはねッ」
「うん、・・そうそう。」
6歳の春。
私は幼稚園、ママはもっと若かった。w
ママは私が他愛もないことを話しても、いつも聞いてくれた。
優しく、うなずいて。
そんなママが大好きだった。
「あ!ほら、ここよ。ここが小学校よハル。」
「わぁ・・・」
そこには大きいくて白くて四角い建物があった。
初めてみた『小学校』、ここで。

ここの建物の中で初めて出会った、優しいキミと。

3:ソウ:2013/07/29(月) 16:07 ID:tgo

13歳夏。

「ハルー?勉強はしたのッ!?」
「あー、今日雨だから。ね?」
「もー!!梅雨でも学校ではやってたじゃなぃ!!!」
だって、そうだもん。
雨の日は気分が上がらないっていうか、
よしッ、って思わないもん。
学校だと・・、アイツがいるから頑張ってる。
アイツがいると、よしッ、ってなるから。
「お母さん、仕事行ってくるから!朝ごはん、さめてると思うから
レンジして、ちゃんと食べなさいよ!!」
「へぃへーい」
いってきまーす、と大きな声で言って母は玄関をしめた。
聞きなれた車のエンジンの音。
タイヤと道路がかすれる音が徐々に遠ざかっていった。
「部活・・いかないと」
私は中学になって剣道部に入った。

4:ソウ:2013/07/29(月) 16:18 ID:tgo

きっかけは、はかまがカッコいいから。
その時「BL〇ACH」が大好きで、
私の中で大ブームとなってた。・・私の中でだけ。
ま、そんな理由で入ったけど予想以上に
くさぃ、痛い、辛い・・w
だから、私の同級生の女子がやらなくなっていった。
でもそんな彼女らと一緒にされたくなくて、
毎回マジメに頑張ってる。
私のおバカなプライドが許さないんだと思う
きっと、そうだと信じる。
・・で、この栄誉?がたたえられ、見事副部長に。
やったー♪♪w(ノ´∀`)ノ
でも、剣道は好き。
なんか、好き。

私は道着とてぬぐいなどをかばんにつめて
自電車で部活にむかった。
 ―ガチャ
私は部室のドアを開ける。
「おはようございます・・」
「あッ!!先パイッおはようございます!!」
笑顔で迎えてくれる、後輩さん。
ホントに可愛いw


書き込む 最新10 サイトマップ