ひまだから、小説を書く

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:東方大好き☆ 907:2013/08/08(木) 20:31 ID:PPg

そのまま!

2:東方大好き☆ 907:2013/08/08(木) 21:45 ID:PPg

グロテスクです

「はあ、はあ」
逃げなくちゃ・・
捕まったら・・
殺される・・

「本原さん!」
私のことバカにしていた人だ・・
「紺さん、面白いゲームしません?」
「ゲーム?
やるー♪」
「らなちゃん!」
らなちゃんは、私の大親友。
なんだかんだで、計8人になった。

3:東方大好き☆ 907:2013/08/08(木) 21:56 ID:PPg

「まず、紙を天使形に切るの
そして、いっせーのででいっしょにちぎるの
一週間のいつかに、殺人天使が来るから、その紙を持っていれば大丈夫。」
「こわそー♪」
「じゃあ、切るね。」

「よし、みんな持った?」
「いっせーので、」
ブチッ
ポタポタ
血が流れてる・・?!
「きゃあああっ」
「どーせ、仕組みよ、仕組み」
というと、小泉さんは、教室を出た。

小泉心愛目線

4:東方大好き☆ 907:2013/08/08(木) 22:01 ID:PPg

「はあ、」
つまんねーの
どうせうそだろ?
一週間後、リルいじめよー。
「あっ」
さっきの紙
「嘘だし、すーてよ。」
ポイ
ペタ
ペタ
「何?」
何かいるっ!
あたしは、走った。
べチャア
誰かが、あたしのかたを触った。
血だらけの手

5:東方大好き☆ 907:2013/08/08(木) 22:07 ID:PPg

つめは、少しはがれている
「あんた誰?」
あたしは、言った。
後ろを振り向くと、血だらけの少女がいた。
「あなたが呼んだ殺人天使ちゃんよ♪」
「いやああああっ!」
「たすけてええええっ」
グシュウ

本原リル目線
「おはよー。」
教室がざわついている。
何でだろう?
「どーしたの?」
「小泉さんが通り魔に会って死んだって・・」
「え?」

6:東方大好き☆ 907:2013/08/09(金) 10:06 ID:PPg

「うそでしょ?」
「死体の状態は、顔は、骸骨、手や足は、折れていたって・・」
「近くに紙があったって・・・」

放課後、
私たちは、集団下校をすることにした。
でも、水原さんがいなかった。

水原柚目線
「うえっ
思い出したくない・・・。」
私は、見た。
心愛の死体を・・
紙を持っていないと・・
ペタ
ペタ
「ひっ!」

7:東方大好き☆ 907:2013/08/09(金) 10:10 ID:PPg

後ろには、血だらけの少女がいる。
「紙持ってる・・・
つまらない・・・。」
少女は、私の目の前から消えた。
「きゃああああっ!」
私は、走って家に帰った。

8:紺 hoge:2013/08/09(金) 10:23 ID:VMM




初めまして。

この小説、読んでみました。
ストーリーは面白いと思います。

ですが、登場人物の事がよく分かりません。
いきなり名前が出てきても、分かりづらいと思います…。

あと、キャラの感情などを書くともっといいと思います。

いきなりすみません。
おせっかいなら、このレスは無視していただいても構いません。

こうするともっと良くなると思います、頑張ってください!


書き込む 最新10 サイトマップ