~響けこの声 届けこの歌~

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:タピオカ:2013/08/16(金) 20:29 ID:wd2

~プロローグ~

田舎産まれの田舎育ち。生粋の田舎っ子。そんな私が今日…。


夢を見つけました。

2:タピオカ:2013/08/16(金) 20:33 ID:wd2

初めまして!タピオカですぅ(>ω<)
初めての小説は………
『アイドルという夢を目指す女の子』という設定でいきたいと思っています

葉っぱ小説で一番の人気作になればいいなァ〜と思っています♪

よろしくネ♪(*´∀`*)

3:^sIJ:2013/08/16(金) 20:47 ID:wd2

~登場人物紹介~

アイカワ ミキ
相川 美姫 (12)
主人公。田舎で育ち、アイドルという存在に憧れてた。

サワヤマ メリイ
沢山 芽里依 (12)
美姫の親友。12月25日に産まれたからメリークリスマスのメリー。

サワヤマ イブ
沢山 依舞 (11)
芽里依の妹。美姫を応援している。
12月24日に産まれたからクリスマスイブのイブ。

アイカワ ミオリ
相川 美織 
美姫の母。アイドルを目指すと言った途端、何かを隠しているような感じ。

最初はこんな感じです。これから増えていきます♪

4:タピオカ:2013/08/16(金) 20:50 ID:wd2

↑のは私です。スミマセン……。
今日はオチます。おやすみなさい(・∀<)

5:タピオカ:2013/08/17(土) 17:06 ID:M9I

「あら!美姫ちゃん!お帰り。」
「初江おばあちゃん!ただいま。」
「毎日毎日、偉いねぇ〜。」
「そんなことないよぉ〜♪あ、お母さん呼んでるから、またね!」

私は畑道を走り抜ける。ここは都会から離れた田舎。いや、ド田舎か?私はそのド田舎に住んでいる。なぜ学校に毎日行くのが偉いかって?普通はあり得ないけど、ここから学校まで片道2キロはある。もちろん、バスなんかない。集団で朝早くから行くのだ。

たった3人の。

6:タピオカ:2013/08/17(土) 17:11 ID:M9I

「ただいまぁ〜。」
私は疲れてこの一言を出すのがいつもやっとだ。でもそんな私に、まだまだ辛いことはある。
それは………。

畑の手伝いだ。疲れているのにそのあとすぐにやるなんて辛い。全身ボロボロ。

それでも私は文句を言わないでやる。ただ黙って、ヤケクソになって余計無駄な動きをしてもただ黙ってやる。

7:タピオカ:2013/08/17(土) 17:17 ID:M9I

次の日

「おはよぉ〜。」
「おは〜」
「おはようデス。」

今日も一日が始まる。まだ朝の6時だってのに近所の老人はもう畑を耕してる。
「なんかさ〜。次のマラソン大会も余裕じゃない?1キロだよ?みんな無理とか言ってるけどこっちは一日で4キロ以上も歩いてんだっつの。」
「まぁまぁ、芽里依。みんな学校まで近いから。こんな歩いてるの私達だけだよ?それはしょうがないよ。」
「美姫ちゃんの言う通りだよ。バカ芽里。」
「んだとごらぁ〜!!!!」
そんな訳で今日も一日が始まります。



オチます。


書き込む 最新10 サイトマップ