向日葵と君。

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:夜:2013/08/17(土) 13:08 ID:8z.





────ずっと、向日葵のように明るい君の隣で──────……。
僕は毎日、ずっと、一生。


君のことを見つめていたい。
一緒に春夏秋冬をすごせれたらいいのに。




──────だから僕は向日葵のような笑顔をする君に。
季節が夏になったら、向日葵をプレゼントするよ。









>>2 ルール等

2:夜 :2013/08/17(土) 13:32 ID:8z.




荒らし禁止。
→来てもスルー。

雑談無し。
→来ても無視。

何か質問とかあれば。
→お気軽に

楽しく仲良く
→やっていきましょう。

3:夜:2013/08/18(日) 02:52 ID:8z.


<1日目>
ぼくは、おそとにでれません。
どうしてかというとぼくは、びょうきだからです。

あかちゃんのころ、よくわからないびょうきのなまえをいわれたらしいです。

でも、おかあさんやせんせいはいいました。
「あきくんががんばれば、あきくんはおそとにでれるよ」って。


だからぼくはがんばっています。
せんせい、おかあさん、おとうさん、おねえちゃん。

ぼくのことをみててください。




<数年後の僕>
昔の僕へ。
僕は今、中学3年生で癌と言われました。
小さい頃の病気は心臓病でした。

癌と判明されて約3ヶ月。
僕は入院し始めました。
中学校へは今はいってませんが、彼女が出来ました。
藍瀬 冷夏(アイセ レイカ)という名前の彼女。
冷夏ちゃんはいつも笑顔が素敵な少女です。
僕はそんな彼女に惹かれ、2年生の8月の半ばに告白をしました。
するとなんとOKを貰えて。嬉しかった。

だけれど、3年生の春。僕は癌と判明され中学に行く事がなくなってしまいました。
だけどクラスの友達や冷夏は見舞に来てくれます。
大好きな彼女。


今年の夏、笑顔が素敵な彼女に向日葵をプレゼントしたいと思っています。


書き込む 最新10 サイトマップ