この世の中はあまりにも平和で。

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:希柚 ◆Orws:2013/08/18(日) 14:40 ID:s8o

どーも!おはこんばんにちは。
希柚と申します!前にも小説を
書いていたのです……が!話が
思い浮かばなくなってもうたのです←

な、訳で、作らせていただきました!
ギャグ小説です!まぁ…うん………
スレッド名がシリアスっぽそうですが;

まぁ、取り合えず、ヒロイン紹介。

・識神 遥(sikigami haruka)
・とりま、ヤンデレどすえ((蹴
現在、いじめを受けているが
中二病スキルで乗りきっている←。
髪型はポニーテール。中二。遥から
一言w『ククッwwいじめ設定とかw
あたしの闇の力で砕いてやるぜ!ww
見ないと上から正義の鉄柱が
落ちてくるんだぜ!!ww』←。

見事な中二病スキル\(^P^)/←
私の文字を打つのがめんどくさい
都合で次回のレスにて他の方々の
設定を書きます!では、では、
ひゅっひゅあピュララァァ!!!!((土下座

2:希柚 ◆Orws:2013/08/19(月) 08:40 ID:s8o

な、訳で前回に引き続き、人物紹介!!!


・楯山 憂眞(tateyama yuuma)
・遥の幼馴染み。そんで、ツッコミ担当。
いじめ&中二病に関しては遥を心配しているが、
それ以外は心配をしていない冷たい人物((
遥のことを『はる』と呼んでいる。常識者。
毎回恒例の憂眞からの一言w((
「誰か...誰かはるに『常識』を教えて
あげてください...」


・春川 咲(harukawa saki)
・遥と憂眞の友達。家では、はっちゃけているが
学校では猫を被っている。絵を描くのが趣味。
かなりの二次ヲタ←。休日は外に出かけないで
PCをいじくっている。機会音痴。髪型は、
黒髪のツインテール。クールな少女。咲から一言!
『憂眞と同じく。以上。』


一応、この三人がメインです*
憂眞くんは、常識者ですよww
ちなみに、咲は私がモデルになっていますww
休日も平日も私そのものですwでも、
一応、外に出かけてますからね!!?←

これから、もっと増えていくかもです!!
次回のレスにて小説書き始めますww
あ、読者さんからの感想も大歓迎です!
居ないと思いますがww

ではでは、次回のレスで会いましょう!!さいなら!

3:希柚 ◆Orws:2013/08/19(月) 09:23 ID:s8o

へーい!!天気が良いので
小説、書きますぜ!!プロローグから
ですが...ww

プロローグ『いじめの始まり』

___何故だろう。何故、あたしは
いじめられているのだろうか。あたしは、
何もしていない...ハズなのに。まあ、
気にしてないけど。ギャーギャー騒いでる
奴らに反論しても終わる訳じゃないし。


コレはコレで楽しいんじゃない?
いじめをされるだけ、されといて
後で、反撃する。そっちの方が、
皆も楽しいでしょう?悪夢の始まりと
共に君達の悪夢も始まっているんだよ?
逃れられるかな?あ。貴方はあたしの
味方よね!!?味方じゃなかったら、
屋根の上からミカンが落ちてくるのよ!!

あ。リンゴの方が良い?まあ、あたしは
果物、全般苦手だけどね!!それでは...
屋根からどんなフルーツが落ちてきて
欲しいか決めとけば良いわ!!
え。イチゴ?お、思い出しただけで
吐き気が...うッ、うえッ...おぅえッ___


...まさかの吐き気でプロローグ
終了(;´Д`)
てか、シリアス...かと思ったら
フルーツwwう、腕が疲れてきたので、
さいなr((爆

4:希柚 ◆Orws:2013/08/19(月) 17:42 ID:s8o

小説、更新するぜー!!((
---------------------------------------------------------------
第一話『フルーツとあたしに幸福を。』
---------------------------------------------------------------

__あたしの朝は母の声とフルーツの匂いで始まる___


「遥ー!!!早く起きないと遅刻すわよー!!!!」


リビングから母の声が聞こえる。いや、あたしに
そんな清々しい朝が迎えられるハズがない。
何故なら、あたしの部屋に_________

「Gがああァァあ!!!!!!Gが居るなうぅぅぅう!!!!!!」

そうなのだ。今のあたしはハエ叩きを持って
Gと戦っているのだ。何故、あたしの部屋にいるんだ...


「入るならドアのノックぐらいしないよぉぉォオ!!!!!」


あたしのマイルームで自由に飛び回っているGに
怒鳴る。あたしの部屋をなんだと思ってるんだ、こいつは!!

腹が立ったので、右目を閉じて狙いを定める。こうゆうのには
自信があるのだ。射的も得意なんだぜ!!...いや、どうでもいいか。

「ばっきゅーん!!」...っと、あの女の子に人気のアニメの
キュアなんちゃらの真似をしてみる。我ながら可愛い声だ((


プチッ、と、Gが潰れた様な音が鳴る。そうだ、私は
勝ったんだ...!人類の反撃はここからだ!!((


まあ、こんな、ふざけたことをやっていたせいか
時計の針は8時30分を示している訳で。そうか、
時計が壊れてるだけなんだよな、うん((

携帯を開いて時刻を見ると...「9:30」...
は?嘘でしょ...?時計の方が
まだマシだったよ!!時間は何で止まってくれないんだ!!((


「いッ、いったァァああぁ!!!!!」


そんな自問自答を繰り返していると、頭にとんでもない
痛みが走る。すると、勢いよくあたしの頭に直撃してきた
物体が床に転がる...ミカンだ。ミカンが、あたしの頭に
直撃したんだ。いや、ミカンって、あんな凶器になるの!!?

すると、聞き慣れた声が聞こえる。
「馬鹿だwwwあいつが真の馬鹿だwww」
「はあ...私、学校行きたくない...二次が足りない...
いっそ、私を二次元に連れていってくれ...」

ミカン投げた超本人と二次ヲタが居るではないか...

「食べ物を...食べ物を......!!」

---------------------------------------------------------------

私の手がアウトしたんでこの辺で休ませてもらいますww
ちゃんと、続き書きますからね!!いつかは((

5:希柚 ◆Orws:2013/08/19(月) 17:49 ID:s8o

なんか、ミスったww
「超本人」ってww
「張本人」が、正解だと思いますww((
超本人wwwそうだ、これをなんかのシーンで
使おう。そうしようwww((

6:希柚 ◆Orws:2013/08/19(月) 18:19 ID:s8o

る、が抜けてるやないの!!?((
駄目だwww自分でやっといて
こんなにも、笑えるとはww
遥ママ、ごめんよ((

7:音音 ◆YmRg:2013/08/19(月) 18:31 ID:Se2

おぉ、面白そうな内容ではありませんかw←
先が気になります!

8:希柚 ◆Orws:2013/08/19(月) 18:41 ID:s8o

ど、読者様、第一号やないですか!!((
ギャグしかないですけど、ありがたいです(●´ω`●)
>音音さん

9:音音 ◆YmRg:2013/08/19(月) 19:14 ID:Se2

いや、私が書くのよりはおもしろいと思いますよ!!
というわけで、続きをお願いいたしますm(_ _)m

10:希柚 ◆Orws:2013/08/19(月) 19:44 ID:s8o

続き、かっきまーす!!((
----------------------------------------------------------

「「食い物を?」」

...なに、こいつら。ハモるなよ、バカップルめ!!((冗談です。

「粗末にしちゃいけないんだy「遅刻野郎が何言ってんだ。」
Σせめて、最後まで言わせてよ!!!?てか、お母さんは!?
私の朝ご飯は!!?」___質問攻めしてやったぜ★((

これで、憂眞も懲りるハズだ...!!

「お前に最後まで言わせても得しないし。おばさんは
仕事に行った。お前のエサは、ミカンだ。」


...くそッ......憂眞め...真面目か、青春しろ!!((


「ミカン...だと!!?はっ、そんな馬鹿な!!今の季節は
夏なんだぜ?冬に出番が来るミカンが朝ご飯だなんて、
あたしをなんだと思って...!!」


「野犬。」


...おぅふ...この人に言った、あたしが馬鹿だった。
咲なら分かってくれる、ハズ!!

「さ、咲は分かってくれるよね!!?憂眞と違って!!」


「うん。でも、遥は猫だろ、人懐っこいし。」

そう来ましたか...猫になりますか...。あたしは
そこを求めている訳じゃないんだよ...


「人懐っこいかぁ〜?野犬だろ」

「いや、猫だ。試しに猫じゃらしで遊んでみろ。」

「え、いやいや、あんたら、学校は...」


何言ってるんだ、こいつらは...!!
なんで、のんびりしてるんだよー!!?

「...ほれ。はる、猫じゃらしだぞー!!」

そう言うと、憂眞がねこじゃらしを目の前で
チラつかせてくる。こ、こうゆうのには...!!

「ね、猫じゃらしー!!」


「ちょ、待っt うおッ!!?」

苦手なんです;;勿論、うずうずが止まらなくて
猫じゃらしに飛びつく訳で。結果的に、
憂眞に抱き付く形になる訳で...。

「.........」
「............」

「「えーっと...」」


いや、なんてこった!!気まずい...
咲に助けを求めて見たら...二ヤニヤしながら
見ているではないか。そう。そうだ。全て、咲に
仕組まれていたんだ。((


「あー...離れてくださいます?」

「いや、お前が腰に手回してるせいで無理だから...」


...なんてこった...。どうしよう。どうしよう。

どうしたら良いんですか、神様ぁぁァァあ!!!!!!!
----------------------------------------------------------

☆第一話『フルーツとあたしに幸運を。』END☆


フルーツ、あんま出てきてねぇwww

中途半端な終わり方ですんません(*_*;


書き込む 最新10 サイトマップ