逢いたい。

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:紅茶:2013/08/21(水) 14:57 ID:qVM

お早う!今日は!そして、今晩は!
紅茶です。

えーと苦手な恋愛に挑戦です。
(恋愛経験が豊富では無いので……)


あ、登場人物は敢えて書きません!

では序章です。

-------------------------------------

序章

_____茅 実優。


幼馴染みで妹の様な存在だった。

泣き虫で消極的で。
でも、心の優しい子だった。

そんな君が消えたのは、何時だろう?

俺は、君の笑顔を信じてる。
あの言葉も______、


_____絶対に逢いに行くからね……。







その言葉を十年間、俺は今も信じてるんだ_________。

2:紅茶:2013/08/21(水) 15:12 ID:qVM

『~~♪~~~~♪』


携帯の着メロで俺は、目覚めた
携帯を開くと親友の龍からだった

-------------------------------------

お前、寝てただろ!
俺が起こさなかったら遅刻だぜ?
もう7:00だから早く来いよ

今日、転校生来るし♪

じゃ、待ってるぞ


           龍より

-------------------------------------


転校生…?
聴いて無いぞ……


待てよ…7:00って……、
俺は、携帯の時刻を見る

【7:03】

と表示されている


完全遅刻だ!

俺は、自分の携帯と音楽プレーヤーを鞄に入れる

母さんが作った目玉焼きを惜しそうに見る
うー、今日も我慢するか……


俺は牛乳だけ飲み、玄関に出る
靴紐を固くリボン結びにし、戸を開ける

「行って来ます」


素っ気なく言い自転車を漕ぐ
サワサワと風が髪の毛をなびかせた

ヤッベ…もう間に合わねぇ……


俺は、全力疾走で自転車を漕いだ。

3:紅茶:2013/08/21(水) 15:20 ID:qVM

蜜柑畑を右に曲がるとやっと見えて来る学校の校門



あ、教頭……

キキーイと急ブレーキを掛ける


白髪の教頭が眉間に皺を寄せて怒鳴る


「飯島!今、何時だ」


俺は、学校の時計を見る
自慢の視力には【8:00】と見えた


「ゲッ…」
「ゲッじゃ無い!早く教室に行け!」
「はーい」


適当に返事を返して自分の教室に戻る

4:ニーちゃん:2013/08/21(水) 15:22 ID:qYg

こんにちは!お邪魔してみました。
何かすごく続きが気になりました。
これからも、楽しみにみていきたいです!!
転校生って、もしかして!?
とおもったり。(笑)
がんばってくださいね♪

5:紅茶:2013/08/21(水) 15:41 ID:qVM

ガラッ…

戸を開けるともう生徒は、皆座って居る


前側の席の龍が呆れて俺を見た
「馬鹿」と呟いた龍


俺が龍に小声で文句を言っていると、先生が俺を睨んだ

「飯島!転校生が来る日に情けない事するな!」
「サーセン」


俺がふざけて返答する


隣の席に見知らぬ子が座って此方を見る


「君は…?」
「私、霧咲 侑菜って言うの!」



霧咲侑菜_____

その子の印象は、可愛いだ

茶髪で甘い香りのするお団子ヘアー
伏し目がちな二重の目
潤う唇
白く透き通る透明な肌
桜色の頬っぺた


見惚れてしまう様な可愛さだ


「あー飯島、お前の隣が転校生の霧咲だお前が色々と教えてやれよ」
「あ…はい」



「宜しくね♪飯島君!」
「よ、宜しく…」


その笑顔に俺は心を揺さぶられた

6:紅茶:2013/08/21(水) 15:49 ID:qVM

ニーちゃん sama

ありがとうございます!
残念ながら違います(笑)
でも、転校生には秘密が有るので…

これからも見て下されば幸いです。

-------------------------------------

あ、突然ですがルールを決めました。
必ずご覧下さい。


ルール

* 荒し・雑談禁止!
* 感想は、一日一回とさせて頂きます
* 宣伝はお止め下さい
* ここで小説を書くのは私だけです
* 無駄スレは書かないで下さい
* 喧嘩をするなら喧嘩板にGO



では、再開したいと思います。

7:紅茶:2013/08/21(水) 16:13 ID:qVM

休憩になると、霧咲の方へ女子が集まった

「霧咲さん!好きな人居る〜?」
「秘密♪」
「えー教えてよぉ」


女子の人だかりは減らず増えて行く

「そう言えば、霧咲さん何処に前は住んでたの?」
「秋田」


ん……?秋田…?


「へー!秋田かぁ、良いな」
「えー田舎だよ?」


秋田って_______、









実優が転校した所_____
確か、お母さんの実家だと言っていた



実優の事______知ってるかも知れない

俺は、不意に思った
そして聴いた


「なぁ霧咲、茅 実優って知ってるか?」
「え…?何言ってるの?実優の実家は秋田だけど、霧咲さんはたまたま秋田に住んでるだけでしょ?」

実優と親友かつ俺のもう一人の幼馴染み、須藤 天乃が口を挟む

「天乃は黙ってろ」
「でも…」


霧咲は黙っている

「嗚呼、御免…知らないよな」
「うん私知らない」


霧咲は席を立って教室から出た

















「霧咲______?」



俺は、彼奴の言葉が何か引っ掛かる気がした______

8:紅茶:2013/08/21(水) 16:30 ID:qVM

では、人物紹介しますか。


飯島 潤 -Iizima Zyun-♂
・野瀬実優を探している
・現在、高校二年生


野瀬 実優 -Nose Miyu-♀
・小学生の頃、秋田に引っ越した
・潤とは幼馴染み


瀬戸内 龍 -Setouchi Ryu-♂
・潤とは中学での親友


霧咲 侑菜 -Kirisaki Yuuna-♀
・ある日転校して来た
・秋田に住んでいた


須藤 天乃 -Sudo Amano-♀
・実優とは親友で幼馴染み

9:ニーちゃん ◆WWlM:2013/08/24(土) 15:37 ID:qYg

続き気になります!書いて書いて〜(^£^)/


書き込む 最新10 サイトマップ