夢 ト 絶望

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:春ハル:2013/08/30(金) 23:56 ID:RFQ

「お姉ちゃん、大好き!!」


向日葵のような笑顔。

その顔を見るのが、楽しみだったのに……
もうあの笑顔はない。


無駄なんて言葉は、ない。
諦めるって言う言葉は、ない。

だから

もう一度、笑ってよ……


槻未 明音 ツキミ アカネ
15歳。普通の高校に通っている。
元気がとりえで、勉強が苦手。

槻未 華歌 ツキミ ハナカ
6歳。有名な音楽学校に通う。
勉強熱心で、元気。

日向 紅葉 ヒナタ モミジ
華歌の同級生で友達。
まじめでしっかりもの。

篠原 大志 シノハラ タイシ
病院の先生。
心配性である。

2:春ハル:2013/08/31(土) 01:01 ID:RFQ

「お姉ちゃん、見て!!」
妹、華歌が甲高い声でさけぶ。

「見てるわよ。落ち着きなさい!!」
「だって、だって!あたし、本当に入学できたんだよね!?
この音楽総合学園に!!」

「……そうよ!
あなたは今日からコノ学校に通うの。
そして卒業してりっぱになるの!!」

華歌はまだ興奮が落ちつかないみたいだけど……
大丈夫よね。

「華歌!
お姉ちゃん、ちょっとバイトに行って来るからね。
一人でがんばってね。」
「うん!!」

元気いっぱいな華歌を見送り、私はバイトへ行った。
まさかこの数日後、あんなことになるなんて……思ってもいなかった。


「お疲れ様でーす!」

「はあ……疲れた……」
スーパーの袋を両手に持ち、辛い坂を上る。
地獄といってもいいくらいだろう。
重い足取りで家に入る。

「ただいまー……って誰もいなかった……」

華歌が通う学校は、まだ終わる時間じゃない。
「……下校時刻が6時!?ドンだけだよ!!」
私は手に持っていたチラシを
グシャッ
とつぶした。

「……おおと、いけない。
あの子はがんばっているんだから。
初日からいらいらしてたらやっていけない。」

…………さて、料理、料理!!


「ただいま〜!!」


書き込む 最新10 サイトマップ