みなさんの小説、評価します。

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:あみる ◆DKPk:2013/09/19(木) 17:54 ID:OGM


こんにちは、あみるです。

タイトル通り、書いては飽き、書いては飽きる駄作者な私が、
みなさんの小説を評価するという、とっても失礼なスレッドとなっております。

もし「ナゼ立てたし!!」「交流版行けよ」みたいな感じでしたら消えますのでご安心ください。

では、来るか来ないか分かりませんが注意点をいくつか……。

1 あくまで個人的な意見で評価します。意見の一つとしてお考えください。

2 甘口とか辛口とか、そんな器用なことはできませんので、つねに辛口だと思ってください。

3 できれば文法等々がしっかりした作品だと嬉しいです。

4 エントリーは3作品まで。それ以上あると私の頭がショートしますので受け付けできません。
  (前の作品の評価が終わってからもう一度エントリーしてください)

と、こんな感じです。

では、エントリー待ってます。

2:幼音アリア:2013/09/19(木) 18:11 ID:7U2

はじめまして、あみるさん

早速なんですが、私の書いている「白い雪」
という小説の評価をお願いします

結構高評価なんですが、初めて書いた小説なので
どうかなー・・・と・・・

申し訳ありませんが、スレッド一覧からお探しください

よろしくお願いいたします

3:あ〜ヤ ◆I1o.:2013/09/19(木) 18:12 ID:fqg

http://ha10.net/test/read.cgi/novel/1375984994/l30
⇧勝手な2人」の評価お願いします

できれば主人公以外のキャラについての印象についても述べてほしいです

※ケータイ小説風なので、改行などの基本については触れないでください

4:あみる ◆DKPk:2013/09/19(木) 20:42 ID:OGM


幼音アリアさん。あ〜ヤさん。エントリーありがとうございます。
では、幼音アリアさんの『白い雪』から評価させていだだきます。

まず始めに言えることは、
なんだか劇の台本みたいだな〜 ということでしょうか。
林檎さんの書き込みでもありましたが。やっぱり私の目から見ても台本っぽいですね……。

あ、とはいっても台本書きが絶対に悪いとは私は思いません。

ただ一つだけ言えることは。
セリフだけで物語を進めると、ストーリーが薄くなってしまうということです。

特にこの物語で多く見かける『グスン』という表現。
たしかに、そのセリフを言ったキャラクターが『泣いている』ことは分かりますが、
うれし泣き、くやし泣き、笑い泣き。など、泣き方にも色々あります。

ましてや小説ともなると、どこで泣いたか、だれが泣いたかによって色々な表現方法があります。

例えば、プライドが高い人は静かに泣くかもしれませんし、普段元気な男の子だと大声を上げて泣く、もしくは人に見られたくなくて下を向いて泣くかも知れません。
それを『グスン』の一言で表してしまうのはちょっと残念な気がします。

つまり、
『こんなキャラなの。だから……分かるでしょう?』
『今、こういうシーンだから……想像して?』
という感じで書いてしまうと。

「へ〜そういう感じなんだ……」
というほわほわしたイメージしか届きません。

こんなキャラだから。こんなシーンだからこそ。


「好きです! 付き合ってくださいっ!」
放課後の教室。そこでA君は、教室のガラスが粉々になりそうな声でそう言った。
「はいっ……」
私はそんな彼の声とは比べものにもならない小さな声で、そう呟いた。


みたいに、いつ、どこで、だれが、どんな風にそのセリフを言ったのか分かるように、地の文でしっかり固定する。

書き手が分かっていても、読み手が分からないことをしっかり書く。

そうすれば、この「白い雪」という作品に出てくるそれぞれのキャラクターが、
どんな時に、どんな思いで。どんな悲しみで、どんな喜びで――。

そのセリフを言っているのか分かるんじゃないかと思いました。

勝手な評価スイマセン。これからもがんばって下さい。では。

5:Siki:2013/09/19(木) 21:34 ID:APM

私の小説も評価お願いします…!

『ささやかな魔法と黒猫のリバティ〜ミルクティーと真っ赤な手紙〜』

です。あげとくので、よろしくお願いします!

6:千尋:2013/09/19(木) 22:12 ID:s26

お願いします。

『恋愛短編集 see you』です。

7:りな ◆IoXo:2013/09/19(木) 22:17 ID:e3s

お願いします。

「アリスと白うさぎ。」

舞台がはっきりしない所がありますが、よろしくお願いします。

8:あみる ◆DKPk:2013/09/19(木) 23:29 ID:OGM


3人以上なので一旦閉め切ります。

9:あみる ◆DKPk:2013/09/20(金) 13:42 ID:iks


Sikiさん、千尋さん、りなさん。エントリーありがとうございます。

では、順番通りあ〜ヤさんの『勝手な二人』を評価します。

まず、リクエスト通り各キャラクターの印象を書きます。
真嶋 千星 気性が荒い? 元気が良い。
夏目里奈 クール? 純粋?
笹山萌 元気のいい女子。
タッキー 今時の男の子 優しい?

といった感じです。

失礼を承知で言いますが、全体的にキャラの印象に統一性がない……。

というよりも、本来ある過程(徐々に変わって行く心情とか)が、すっ飛ばされていたり、
シーンによって違う表現が使われていたりするので、キャラの特徴が分かりづらくなっている感じがしました。

例えば冒頭部分 (すいませんが具体例のためにちょっとコピー&貼り付けしてます……と、盗作じゃないんですよ?)

「付き合ってくれ!」

これが、俺、真嶋 千星(ましま ちせい)の、人生初の告白だ。

「付き合うって何処に?ああもう、時間が……」

ちらちらと時計を見る姿に、腹が立って仕方ない。
それと同時に、何でこんなのを好きになったんだ?って気もしてならない。

という部分。千星君の心情が変わりすぎている気がします。
いくらなんでも「付き合ってくれ!」から「何でこんなのを好きになったんだ?」
は突飛すぎると思います。『何度もアプローチしているのに無視される』というならまだしも、初めての告白なら
「ああもう時間が……」から、
しかし俺の告白を無視して、そう言いながら時間を何度も確認する里奈に、俺は少し腹が立った。くらいの心情変化にしておかないと千星君が『キレやすい若者』になってしまいかねません。

それと、スレッド番号7のように主人公(目線)をころころ変えるのも読者を混乱させます。
注意してください。(ケータイ小説でも語り手をころころは変えません)

とはいっても読み進めて行くうちに(ちょっと ん? みたいな所はありましたけど)
上達しているのを感じました。
という訳で、最初のほうをどうのこうの言っても仕方がないので。最後に書かれていた部分で ん? と思ったところを挙げます。

スレッド番号51の
お見舞い、か。いいかも!! 弱ってるときの異性の優しさに、女子は弱いらしいし。
ふふふふふ……見てろよ里奈。必ず落としてやるぞお…………!!

そんな、ちょっと、いや結構あざとい考えの俺を見て、若干引いている笹山に、

という所と、

「これを見計らって二人っきりにしてやるんだよ! その間に二人がどうなるかはご想像上にお任せ、ってことで
……どう? いいだろこの作戦」
「ふふ、いいねえ。タッキーくんもたまにもいいこと言うねえ。ふふふふふ……」

うわあ……後ろに悪寒が。
二人とも何ニヤニヤしてるんだろう。

という所でしょうか。
失礼ながら突っ込ませていただくと、『何で言葉に出してないのに分かった?!』
『何で言葉に出したのに分からないの!?』ということです。

おそらく顔に出ていたり、実際は言っていたり、小声で言っていたりしたんでしょうけど、
それを書かないと、人によっては『ん?』と突っ込まれてしまいます。気を付けてください。

と、本当に長々と勝手な評価をしましたが、いががでしたか?

「そんな基本的なことより、内容を見てほしいのに!!」

と思ったかもしれませんが、私の意見としては「基本的なこと。相手に『伝える』技術がないと、どんな内容であれぼやける」「ぼやけてしまうとせっかくの内容が台無しになりかねない」ということです。
例えば、最後らへんに書いてあったキャラ設定。
見ましたが見事なものです。

……それなのに、あんな綿密に作られているキャラクターなのに、ちょっとした間違いでぼやけてしまうのはちょっと残念だな……と思い。今回はそこを指摘させていただきました。
もし、気分を悪くされたならゴメンナサイ。では

10:あみる ◆DKPk:2013/09/21(土) 14:44 ID:OGM


では次にsikiさんの『ささやかな魔法と黒猫のリバティ〜ミルクティーと真っ赤な手紙〜』を評価して行きたいと思います。

まだ、少ししか書いていらっしゃいませんでしたが。
文章レベルは高いと思います。ちょっとたどたどしい所 (場面が変わる時のつなぎ等々) はありましたが、読者に通じるレベルではあると思います。

世界観も分かりやすく、正直……私が参考にさせていただきたいぐらいです。
(長々と分かりつらい設定を書いてしまうものですから……)

ストーリーの方は、まだ書いていらっしゃらないので何とも言えませんが、

一つ不思議に思ったのは、冒頭で主人公たちが感じた不信感のことです。
スレッド番号4での『教会の鐘の音』そして『いつもと違う匂い』
5での、ラリアの頭痛。
ちょっとした頭痛なら読者も気にしないかもしれませんが、
歩けないほどの頭痛となると、『え? 何?!』となります。なので、

二人は自分たちを見る怪しい人影に気付かなかった、とか。その『現象』を『複線(フラグ)』
にしておいた方が、読者もスッキリすると思います。

もしくは、『ラリアが教会の鐘と日光に弱い』『スレッド4と5の間にからかなり時間が経っていて、疲れていた』とかなら、ちゃんと記述することをおススメします。

個人的には、先の展開に困っていらっしゃるようなので、
最後辺りの手紙の差出人。『依頼人』が、その『異変』に関係している。というのも面白いかも知れません。

あともう一つ。
スレッド4では、ラリアのことをラリアと書いているのに対して、5では私になっている。
つまり、目線変更がされているのも注意した方がいいです。
4はプロローグ。5から本編であれば問題はありませんが。その場合は書かないと、
『え?何で変わったの?』『どっから本編?』と言われかねません。

と、こんな感じですがどうだったでしょうか?
今さらこんなことを言うのもなんですが、ネタが出ない時は、
設定、文章はしっかりしているので、まずはテキトーに書いてみて。
それから見直せばいいと思います。

それでは勝手な評価失礼しました。では、

11:あみる ◆DKPk:2013/09/23(月) 00:33 ID:OGM


次に千尋さんの『恋愛短編集 see you』を評価します。

まず、全体を見ての感想を、失礼を承知で言わせていただきます。

『弟子にして下さい』(迫真)

いや、もう粗を探す自分が嫌になるくらい、しっかりした文章能力と表現、描写能力をお持ちで……。何と言うかもう……ホント自分が情けなくなるくらいにホントにゃぁぁぁぁ――

……すいません。頭がショートしました。
ここから先、何だか評価と言うより感想みたいになりますが、まず出だしの『天秤』がすごかったです……。小さな心の揺れを風景とか状況なんかと上手く絡ませていて、普段絶叫しか書いていない私にとってはすごく勉強になりました。

それで、そんな感動を覚えながら、次の『イジメっ子の思惑』を読ませていただいたら、
「話が……繋がってたのか……っ」ということに気付いて鳥肌が立ちました。

3番目の『ユナ』は執筆中みたいだったので評価はしていませんが、どうやらこの作品は
群像劇(独立した複数の物語の全体を通して知ることで、一つにまとまり本当の姿を現す手法のこと)
みたいなものらしいですね。
そういう手法を使える人は……正直うらやましいです。

さてこんな感じで感想をダダ漏れにしてきましたが、一つ気になることがあるとすれば、
詩的な表現。つまり詩のように1つ1つの文節が短く、〜〜た。 〜た。〜た。
となっている所があったので主人公の脳内と風景描写の区別に気を付けてみて下さい。

それでは、評価と言うより感想になってしまいましたが。このへんで、では、

12:立花華恋:2013/09/23(月) 09:38 ID:Viw

評価してもらいたいんですけど…
題名:君との関係。-想い-
評価してもらいたいところ
まず、読者としての感想。こうしたら…
というアドバイス。
会話文は少なすぎないか、多すぎないか。
(前他掲示板で書いてた小説で会話文多かったので、少し減らしたつもり)
他のところもお願いします!!

13:林檎:2013/09/23(月) 09:53 ID:i2.

評価お願い致します。

題名:夏ノ思い出
作者:林檎&蜜柑
辛さ:辛口
一言:まだ未熟な私と蜜柑なので、    背景描写を特に評価して下さい

14:あみる ◆DKPk:2013/09/23(月) 19:24 ID:OGM

3人になったので閉めます。

15:あみる ◆DKPk:2013/09/24(火) 13:47 ID:iks


立花華恋さん、林檎さん、エントリーありがとうございます。

では、順番通り、りなさんの『アリスと白うさぎ』を評価させていただきます。

ではまず全体の感想を言ってしまうと、
『全体的に物語が薄い』ですかね。


たしかに『アリスと白うさぎ』という作品は読みやすいですし、文法はもちろんストーリーも情景描写も申し分ありません。
ただ、キャラクターの感情。リアクションが薄いように私は感じます。
そのせいで、物語が淡々と進み(いや、進むこと自体は別にいいことなんですけど……)

最終的に『結局、何が言いたかったのか?』『作者は読者にどこを見てほしかったのか?』
ということになりかねないと私は思います。

「実は、○○なんだよ!」と言われて、「ああそう、分かった」と無表情で納得したり、理解することは、ミステリー作品などの人物よりも推理が売りの文学などにはあっても、ファンタジー作品では皆無と言っていいくらいのものです。(冒頭の平凡な会話シーンくらいです)

現実の人間を思い浮かべてみてください。人が言っていることに無表情で答えている人はほとんどいません。怒られて泣く子供や、冷や汗をかく大人。重要なことを告げられれば、
絶句する人も、激昂する人も、泣いて逃げ出す人もいます。

そういう、キャラクター独特の動き、アクションが物語に山場を作ります。
すると、物語に起伏ができ、より深いものになるのではないかと思いました。

勝手な評価すいません。 では、

追記(1人エントリーOKです)

16:アメ ◆kvG6:2013/09/24(火) 19:45 ID:TVM

タイトル:+ Llywelyn +
スレ→http://ha10.net/test/read.cgi/novel/1332177690/l50
訂正版→http://lyze.jp/ame1821/book/4/

内容が薄く盛り上がりにかけるのは理解しています。
情景描写も苦手で戦闘場面も上手く書けません。
また、異世界ファンタジーのため設定を詰め込みすぎてよくわからないことになってしまっています。
出来ればどこをどうしたら良くなるのか、読みやすくなるのか、面白くなるのか、具体的なアドバイスをお願いします。
ちょっと量が多いので急がなくても結構です。後回しでもかまいません。
※訂正を繰り返しているので訂正版だけを読んでもかまいません。

17:りな ◆fDt6:2013/09/24(火) 23:18 ID:iXo

>>15
ありがとうございました!
やっぱり内容薄いですよね←
アリスの感情は私が感じるように書いていたのですが、やはり私自身が無表情では←

感情移入をしっかり出来るようにしないといけませんよね!
ありがとうございました^^

18:千尋:2013/09/25(水) 21:09 ID:s26


千尋です。
いやー、嬉しいお言葉をたくさん!
ありがとうございます〜。

そうですね。
以前、重松清さんの『きみのともだち』(変換間違ってたらすみません)を読みまして……
どんどん話が繋がっていく感覚に感動し、「いつか書きたい!」と思っていたんですね。
ですが難しく………

文末については気にしたことがなかったので参考になりました。


ありがとうございました。

19:華恋:2013/09/26(木) 16:28 ID:Viw

まだかなぁ〜。評価は……。

20:あみる ◆DKPk:2013/09/27(金) 09:11 ID:OGM


 アメさん、エントリーありがとうございます。
 立花華恋さん、評価が遅れてしまい申し訳ありませんでした。
では、『君との関係。-想い-』評価させていただきます。

 まず、始めに全体の感想。
詩やポエムのように、1つ1つの文が短い。と、言うよりも、日本語が切れ切れになっていて、
ストーリの展開的にも文章的にも、分かりづらいということです。

 例えばスレッド番号4の地の文で (この先引用します。盗作のつもりはありません)
私は、足が速い。
自分でいうのもなんだけど。
でも、運動は得意だけど、嫌い。
なのに、運動神経いいからって、
陸上部への推進。
だから、別に入りたくもない
陸上部へ入部…

この文は、たしかに歌の歌詞だとか、漫画のセリフではおかしくない文ですが。小説となると、話が別です。

小説の地の文は、その場の状況を説明する、漫画で言えば絵のような部分です。
くだけた携帯小説であろうと、文が切れ切れになっていると、そのシーンをイメージしにくくなります。
 ミステリアスとか芸術的なんて言われる詩的な文と、説明を省略した文は全くの別物なのです。
それを考えて↑の文を訂正すると、

私は、自分で言うのもなんだけど足が速い。
同じ学年の生徒どころか上級生すら100メートル走で追い抜かしてしまうほどだ。
でも……私は運動が嫌い。いくら足が速くても周りから運動神経を褒められようと、やっぱり嫌いなのだ。
それなのに別に入りたくもない陸上部へ勝手に先生たちから推薦され、私はいつの間にか陸上部に入部していた。

と、なる気がします。(私の勝手な判断ですが)

とはいっても、依頼にもあった通り会話文オンリーのほうがもっと問題です。
(会話文に対する、状況説明が全くないのと同じですからね)
ただ、状況をただつらつら書くだけで説明できるかわけではありません。
 元来話を進めるのではなく、話を盛り上げる能力しかない会話文だけでは、
話が突飛になってしまうので。
できれば、省略された不完全な地の文ではなく。きちんとした状況説明を入れた方がいいんじゃないかな〜。と思いました。

追伸 あと言える事は 〜loveracaffe〜 等々の一文でシーンをぶっ飛ばさない方がいいと思います。

失礼な評価すいません。では、

21:華恋:2013/09/27(金) 16:08 ID:Viw

確かに短くしましたね…。
タメになりました。
ありがとうございました!

22:あみる ◆DKPk:2013/09/28(土) 22:19 ID:OGM


 いえいえ、華恋さん。私こそ勉強になりました
(添削は自分の癖と他の人の癖を照らし合わせるので勉強になります)

 では次に、林檎さん&蜜柑さんの『夏ノ思い出』を評価して行きます。

まずは、依頼に遭った背景描写ですが、ハッキリ言うと心情描写の割合の方が多いように思えます。

 例えば、

……空と鈴……元気ないなー (スレッド番号44)

のような、背景。つまり周りの状況を含んだ『心情描写』。いわゆる『心の声』が目立ちました。

ためしに、「」が付いていない所(地の文)のなかで『カッコが付きそうなところ』を探してみて下さい。そこが『心の声』です。

 とは言っても、主人公の心の中を書く『心情描写』は読者を引き付けますし、主人公の個性が出るので、地の文に入って悪いことはありません。
ただ、人間の心情は周りの環境やその時の気分で大きく変わるものです。

 つまり、心情描写で状況を語るということは、歪められたレンズでそのシーン、場面を映しているようなものなのです。

なので、キャラの感情に関わりなく、『○○が××した』というような、状況の『説明』が
必要になるのです。

 この、『夏ノ思い出』その説明の部分を、主人公目線の『心の声』で繋いでいるために、
ちょっと説明が歪んでいるところがあるように思えます。

 そのシーンで起きていること全てに関心を持っている主人公はなかなかいません。
心の声にも限界があるのです。
なので、そこを『説明』で穴埋めすると、もっと読みやすくなるのではと思いました。

勝手な評価すいません。では、

23:Siki:2013/09/28(土) 22:23 ID:APM

あの、エントリー可能ですか?
この前も評価してもらったSikiです。覚えていますでしょうか?

今回は、『ワタシは吸血鬼よ!何か文句ある!?』です。
大変申し訳ないのですが、URLの貼り付けかたがわからないので……
探して読んで頂けますでしょうか?

大変お忙しい中、申し訳ございません。

24:あみる ◆DKPk:2013/09/30(月) 21:30 ID:OGM


いえいえ、告知が無くてすいません。
もちろんOKですが……。
評価まで時間がかかるかもなので、気長にお待ちください。

25:みおん:2013/10/01(火) 01:11 ID:z4I

http://ha10.net/test/read.cgi/novel/1380203208/l50



RPG―――僕らの大切な夏休み。


です!!

評価はいつになっても良いです!!

書き始めたばかりですが、おかしなところは早く
直したいので評価お願いします!

26:あみる ◆DKPk:2013/10/01(火) 23:21 ID:OGM


Sikiさん、みおんさんエントリーありがとうございます。

では随分遅れてしまいましたが、アメさんの+ Llywelyn +。
推敲(訂正)版の方を見させていただきました。

まず、パッと見て感じたのは、
……頭が下がるほどの持続力です。はい。
ワタシ、コンナニカケナイデス。持続力ないから……。

それに、見たところ(いや多すぎて少ししか見てないですけど……)
背景描写的にも文章的にも申し分ないですし……。
と、いうわけで、私言うこと無いのでこのくらいで〜。では――


――で終わったら、評価のじゃなくて感想なので……。
少しですが、見てて思ったことを書きます。

1つ目は、三人称ということ。
三人称と言う言葉は、これほどまでの文章を書くアメさんなら分かると思いますが、
地の文、会話文以外の所に『私、俺』等々の自分を指す言葉が出ない書き方、
神目線の書き方です。

ただ、この三人称は『憑依型』と呼ばれる書き方がほとんどだと言われています。
いわゆる、主人公に取り付いて、主人公の心情、行動、目線を、ちょっと遠くから見ている感じです。
そう、主人公の心の中さえも、地の文で書いてしまう方法です。
『全くの他人が、外側から見ている』と思われがちな三人称ですが、案外、心の中をころっと書いてしまうものなのです。
とはいっても、そのままではなく。

冗談じゃねえよ……
彼(主人公)はその地獄絵図を見ながら、そう思った。

みたいな感じですね。
実際作品の中でも使われていたので、分かるとは思います。

ただ、その使用回数が極端に少ない。
数値にするなら、心情描写と状況描写、2対8みたいな感じです。

しかし、今まで私が書いてきたように状況、場面をしっかり描写することは大切な事です。
なので、別に状況描写、背景描写だけで書いてしまってもいいように思えますし、実際、そういう作家さんもいらっしゃいます。

ただ、なぜ神の目線である三人称に、心の中まで描写したものが多いかと言うと。
人間の行動、目に見えるリアクションは、必ずしも心を反映していないからです。

主人公は、読者に作品を案内する、大切な役割を持っています。
だからこそ、主人公の心の中にある動揺や葛藤を書き、読者を引き付ける必要があるのです。
(依頼にもあったように盛り上がりに欠けるときは、登場人物の喜怒哀楽どころじゃない、
複雑な感情の移り変わりがあると個人的に盛り上がると思いますからね〜)


もちろんどんよりした天気や、雨の中の笑顔なんて方法で、主人公の心の中を書く人もいますが、それはプロでもハイレベルなことです。

だからこそ、ダイレクトに主人公の心の中や考え方を書いて、そのシーンが主人公にどんな影響を与えているのかを読者に知らせる必要があるのです。

それはもちろん地の文である必要はありません。声に出せる気持ちは声に出して、それ以外の心情は行動で表せるなら行動で、もしなんかインパクトに欠けると思ったら、
そのまま書いてしまうのも手だということです。

27:あみる ◆DKPk:2013/10/01(火) 23:23 ID:OGM


次に、プロット(作品概要)で物語を整理することです。
これだけ書いているのですから、多分何回かプロットを作られていると思いますが、
これだけ設定があるとプロットも随時更新しないと、頭の中では整理できない可能性があります。

失礼かもしれませんが、プロットの作り方も一応書いておきます。

まず、作品の始まりから終わり(考えている所)まで、この三つの項目に分けて簡潔に、本当に本来1000文字くらいかかるものを一言で、全部合わせて2000文字くらいで書いてみて下さい。
I=導入部 … どんな世界でどんな主人公が何をしようとしているのか 。
D=展開部 … どんなことになっていくのか
C=終結部 … 最終的にはどうなるのか

短編ならこれで終わりですが、長編なら次に各章、この作品で言うと『暗闇の町』や、『指を指した先』等々の章を上の三つ、正確に言えば
I=導入部 … どんな状況で主人公が何をしようとしているのか 。
D=展開部 … どんなことになっていくのか
C=終結部 … 最終的にはどうなるのか
を書いてみると、ストーリーがすっきりして場面を展開する順番も分かりやすく
なるんじゃないかなと思いました。

と、こんなところで私が燃え尽きたので、評価というかアドバイスを終了したいと思います。

長文すいません。では、


追申 1人、エントリー可能です。

28:アメ ◆kvG6:2013/10/02(水) 00:20 ID:TVM

アドバイスありがとうございます。
勝手ながら参考のため、上の2レスをコピーさせてもらいました。
これから何度も見て気をつけたいと思います(特に心情描写)。
本当にありがとうございました。

29:あみる ◆DKPk:2013/10/05(土) 12:10 ID:OGM

 遅くなってスイマセン。そしてアメさん、こちらこそ勉強になりました。
では、sikiさんの『ワタシは吸血鬼よ!何か文句ある!?』から評価して行きたいと思います。

 まず、全体の感想としては……全体的に急ぎ過ぎな感じがしました。

 ストーリーが分かることは分かるんですが、全体的に描写が荒くて軽い感じがしました。
冒頭の世界観も、主人公が大学生であることは分かりますが、『一人暮らしの寂しさ』
をもっと強調すれば『いきなり来た少女に驚きながらも、ちょっとうれしい』というたなぼた(棚からぼたもち)主人公の心の変化が書けると思いますし、
 特にマリナ・S・リリーの、登場シーンがちょっと唐突すぎると個人的に思います。
(ここからコピー&貼り付け)

ドッッ!
は?なんの音?
この家には今、俺以外誰も居ないはず

ガタッ……ガタ…
……ちょっ……俺心霊もの無理……
ヒイッ!首に冷たいものがっ!!
ん?これ……手?

「こんばんは。今日はワタシ直々に来てやったわよ」
「ぎぃぃいやぁぁあーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!」

……という感じで、ギャグ展開だとしてもちょっと描写が雑じゃないでしょうか……?
(気のせい?)

 ただ、もちろん本当にギャグ要素満載の時、例えばお化け屋敷に入った怖がり主人公の描写なんかは。

ギャアアァー! 来るな!来るなって……、うわァアアア!! はや、早く逃げ――
って出たァー!!  って何か後ろにもいるしッ。つ、冷たッ。な、何か上から降ってきたぁあああ!!

みたいな感じでも違和感はありませんが、せっかくタイトルにもある『吸血鬼』さんの登場シーンですので、じっくり書いてあげて下さい。(具体的には、細かい描写でしっかり怖がらせて、軽い描写でぶち壊すことをおススメします)

それともう一つ、上でも書きましたがアイデアが思いつかない時や話がまとまらない時は、まずプロットを書いてみましょう。

I=導入部 … どんな世界でどんな主人公達が何をしようとしているのか 。
D=展開部 … どんなことになっていくのか
C=終結部 … 最終的にはどうなるのか

 絵で言う下書きです。なかなか書いていくうちに物語を決めるのは難しいですし、
途中で何かアイデアが出ても、書き直すのが面倒です。
というわけで、一度下書きをしてみる事をお勧めします。

 と、いったところで評価を終了します。
勝手な評価すいません。では

30:Siki:2013/10/05(土) 12:54 ID:APM

ありがとうございます!為になりました
これから注意して書こうと思います!

それからもう一作よろしいでしょうか?
『籠の中の鳥』です。
これも大変恐縮なのですが、探していただけないでしょうか?
出来るだけスレ上げをするように致しますので……

31:おとは:2013/10/05(土) 19:57 ID:cJA

あの、私が書いてる予知夢がくる
〜心を届けて〜の評価してください。
お願いします。

32:白桃:2013/10/08(火) 20:03 ID:f3A

私の書いている、『鮮血の雪だるま』の評価お願いします。
まだ本当にちょっとしか書いてないんですが、評価していただけたら嬉しいです。

33:あみる ◆DKPk:2013/10/09(水) 00:15 ID:OGM

一旦閉めます。
更新遅れてすいません。

34:あみる ◆DKPk:2013/10/11(金) 13:58 ID:iks


 Sikiさん、おとはさん、白桃さんエントリーありがとうございます。
この更新ペースだと評価が遅れるかもしれませんが、気長にお待ちいただければ幸いです。

 では、みおんさんの『RPG―――僕らの大切な夏休み』を評価してゆきます。

 まず全体的な感想を言わせてもらうと……。
『視点のズレ』が目立ちました。

 スレッド番号2の終盤。(こっからコピー&貼り付けです)
その光が部屋を包み込むと急に光が消えた。

 しかしパソコンの前に座っていたはずの少女の姿はなく、パソコンだけが光っていた。

そしてスレッド番号12の終盤
 ふわり、ふわりと落下速度がゆっくりになっていき、最後はストンと足をつけた〜からの文。

この2つの文は明らかに主人公の視点ではありません。
それ以外の文は主人公視点『一人称』で書かれているのに、その部分だけは『主人公が知るはずがないことを、主人公以外の目線で書いている』のです。

 はっきり言いますが、漫画等々の絵や映像付きのメディアと違い、小説では視点の急な変更はタブーです。(第一話と第二話がそれぞれ違うキャラ視点なのはOKですが……)
もしそういった視点にこだわらない書き方がしたいのであれば、神の視点『3人称』を使いましょう。

『私』を使わずに、物語の外からキャラクター達を見下ろす書き方です。
(とは言っても、主人公の心情を外側から描写することになるので1人称になれていると難しいですが……)

 とにかく、急に視点を動かすということはテレビの生放送で、撮影していたカメラがいきなり倒れたような違和感を読者に与えてしまいますので、おすすめはできません。
(何言ってんだ私……)

あと気になったのは、スレッド番号10の箇条書きでしょうか……。

……あ、いえ別に書くのは構わないのですが、箇条書き、注意書きで物語を補足するのは小説のルールー違反以前に、作者の腕が上がらなくなってしまいます。
キャラ設定や世界観設定は、文章を書くときの道しるべくらいに使いましょう。
(そんなつもりじゃなかったらゴメンナサイ……)

と、こんな感じで評価を終了したいと思います。
まだよくストーリが分かりませんが、今のところ違和感はありませんので、視点に気を付けてこれからもがんばって下さい。
勝手な評価すいません。それでは……

35:わかな:2013/10/11(金) 22:29 ID:Olw

初恋生徒会長評価お願い致します。

36:あみる ◆DKPk:2013/10/14(月) 17:39 ID:iks

わかなさん、エントリーありがとうございます。

では、sikiさんの『籠の中の鳥』を評価して行きます。
全体的に見て思ったのは、○話 ○章などで、話を区切り過ぎて、一体どこからはじまっているのか分からない。ということです。

昨今では、四コマ漫画小説。なんていう2、3ページで終わる話をいくつも書く小説もありますが、この『籠の中の鳥』は内容がヘビーですので、むしろ話に引き込まなければいけません。

そう考えると、やはり〜○話〜とスレッドごとに分けて話を飛ばすのはおススメできません。

とはいっても、描写等々は分からないレベルではありませんし。ストーリ自体も(まだわかりませんが、ランク付けされた家庭等々の要素は)すばらしいと私は思います。

ただ最後まで見て思ったのは。
『これ……本当にハッピーエンドに行くのか?』ということです。

 あ、いえいえ、別にハッピーエンドである必要はまったくないのですが……。
こういう親からの虐待の話というのは、後味が悪くなる可能性が高いと個人的に思っているからです。(本当に個人的に……)

 こっからは勝手な私の推測になりますが、例えばこんなラストになると……。

1親が警察に捕まるエンド→子供は『わーい』とは喜べない。むしろ実際に親を捕まえに来た警官を子供が殺したケースも……。
2親が改心→限りなくハッピーエンドに近いものの、下手に『仕方ない、今日から心を入れ替えるよ……』なんてストーリーにすると、『はぁ?ふざけんな!』という読者の怒りが飛んできます。←(実体験)
3子供死亡→純粋に悲しい。

 と、そのまま書くと、なんだがもやもやした終わり方しかしませんので、『不幸のどん底に落ちた子供を親しくなった人達が救う』みたいな展開になって、やっとハッピーエンドかな〜、と思いました。←(ホントにずうずうしくてすいません。無視してください)

 話が逸れてしまいましたが、つまりそういったラストまで考慮しておかないと、つじつまが合わなくなる可能性がある。ということです。←(こじつけ)

(前も言いましたが、ラストまでの展開をきちんとプロットに書いて。予測することをおススメします)←(しつこい)

と、こういったところで評価を終了します。
好き勝手言ってすいません。では、

37:あみる ◆DKPk:2013/10/14(月) 17:42 ID:iks

 
 続いておとはさんの『予知夢がくる 〜心を届けて〜』を評価していきたいのですが、
なにぶんまだ書き始めのようなので、評価することができません。
(言い換えれば、今のところは完璧だということです)

 お手数ですが、もう何スレッドか書いた後にまたエントリーしてくれるとうれしいです。
(スイマセン)

 というわけで、次の白桃さんが書いた、『鮮血の雪だるま』を評価して行きます。

 まず、全体をパッと見て思ったのは『説明口調が多すぎるかな〜』ということです。

 〜した。〜だった。と、単調に状況を説明する文章は、たしかに冒頭などでは多く用いられますが、本文では説明書きの『内容』を膨らませて文章に厚みを持たせる必要があります。
特にスレッド番号8のこの文章(以降コピー&貼り付けです)

誰なのかを聞くと、泉坂 蜜香というらしい。俺と同じクラスで、学校のプリントを届けにきたらしい。

 せっかくの主人公以外のキャラの登場シーンですので、きちんと会話させてあげた方がいいんじゃないかな〜と個人的に思います。自己紹介の会話は、そのキャラクターの色々な情報を読者に伝えるきっかけにもなりますし……。
(まぁ、そう考えているのは私だけかもしれませんが……)

 まだ、冒頭部分なのでなんとも言えませんが、膨らます部分、書き込む部分はあらかじめ想定しておいた方が得だと思います。

あと言えることは……。
初歩的なことですが「」の最後に 。を入れないことと、彼女の死んだ状況がくわしく描写されていないけど、これからされるのかな〜といった所ぐらいです。

そのくらいしか今のところは指摘できませんが、もし物語が進んだときはまた声をかけてください。
ではこの辺で……。

38:あみる ◆DKPk:2013/10/14(月) 17:44 ID:iks


 と今回は三本立て、最後にわかなさんの『初恋生徒会長』を評価させていただきます。

 では……いきなりですが。
全体の感想抜きに『気になった個所』に、指摘という名のツッコミを入れますので、
『辛口嫌だ』という際は、これから下はスルーしてください。

(またこれより下、コピー&貼り付けを多用しています。盗作のつもりは一切ありませんのであしからず)
 では行きます。

スレッド1
「桜、会議いくよー」
「待って」
「桜、あんた生徒会長でしょ。」 ←(できれば『だから早くいかないと』等のセリフがほし 
                 い、そして後の紹介の為に名前もほしい)
そうです。私は生徒会長なのです。
桜丘高校の三年生です。 ←(誰に向かって言ってる?)
「桜さん?会議行かないの?」←(いきなりセリフが来ると読者が混乱する、前後に地の文                 
               でフォローを)
「泉君!いえ、今からいくの!」←(いえ と !でおしとやかさと元気の良さが矛盾して  
                いる気がします。前後の地の文で声の調子(大きい、小さい、
                元気がよい)を表すことをお勧めします)
「そう」
いずみくん…………
大好き ………← (これでは、たった今恋に落ちたように思えてしまう。やっぱり等々の補            
        足がほしい)
スレッド2

泉君は副生徒会長。
私はその泉君に片想い中。
泉君は優しくてでもちょっとクールでみんなの人気者。
「桜、いい加減にして!もういくよ」
「もう少しー」
「ダメ」
書記の蘭は怒りっぽくてでも実は優しい。←(前も書いたが、いきなり(蘭)と言われても誰のことか分からない)

「泉君、これ会議の話をまとめた書類だよ」 ←(さようならと言っているということはここ               
                      は生徒会? それとも最初の場所? 説明
が無い)
「桜さん。ありがと。さよなら。」
「うん。」
カチャ
「ただいまー」← (生徒会室のドアがどこでもドアだったとは…………『カチャ』でいきな                       
        りシーンを飛ばされても、訳が分かりません)
私は誰もいないのを分かっていていう
お母さんもお父さんも共働きでいつも一人。
私、家ではゴロゴロしてるけど学校ではイメージを壊したくないからあまり“いつも”のことはしない。
ばれて、ダサイと言われたくないから

 と、こんな感じで、失礼を承知で言いますが、内容を工夫する以前に、文の運び方(表現の仕方)を直した方がいいと思います。(個人的な意見です)

 しっかりとその場面を想像して、セリフに頼らず、しっかり地の文で補強する。
どんな文であろうと、読者に自分の情報を正しく伝える文でなくては、文の意味を成しません。
 何度も読み返して『作者じゃないと伝わらない部分』がないかどうかたしかめることをお勧めします。

勝手な評価すいません。では……。


追記、エントリー3人までOKです。


書き込む 最新10 サイトマップ