〜again〜

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:萌:2013/09/24(火) 21:03 ID:S4g

これは私が考えた作品です
もしよかったら見てください
変な部分もあると思います。その時はすみません^_^;

☆ルール☆
1 この作品の悪口はできるだけやめて下さい
2 ここでは小説とその感想だけでお願いします
雑談がしたい場合は
『萌と話しをしませんか?』
ha10.net/test/read.cgi/yy/135909633/
3 楽しんでもらえる物を作ります(⌒▽⌒)

2:萌:2013/09/24(火) 21:17 ID:S4g

〜again〜
2x9x年の△月◯日
「花蓮それじゃあ僕もう行くね。また、帰ってくるから」
「江練…絶対帰って来てね。約束だよ」
「約束だ」
2人はそのまま泣いて別れた

21xx年の△月◯日
江練と別れて10年たった今日
(いつもつまらなかった。仲良しグループのリーダーだけど偽りの私が作ったグループ。本当の私を知っているのはたった1人。
今はもういないけど…)
「花蓮様?聞いてます?」
「ごめん、聞いてなかったわ。何の話?」
「今日、転入生が来るそうですよ。男の子だと花蓮様にメロメロですよ」
(へー、転入生かー。なんでこの学校なんだろう?不思議〜)

3:匿名さん:2013/09/24(火) 21:42 ID:Viw

ひょー

4:萌:2013/09/25(水) 18:37 ID:S4g

>>2
来てくれてありがとうございます(⌒▽⌒)

5:萌:2013/09/25(水) 18:40 ID:S4g

ごめんなさい^_^;
間違えました
>>3 です

6:萌:2013/09/25(水) 18:55 ID:S4g

この学校、私立魔都学校は地域に有名の立派な学校だ。
1〜4棟まであるのだが、3棟と4棟は一般生徒は行ってはならない。
3棟と4棟は学校の外れ者が行く棟なのだ。
だから校則に入っている、無断で行くと停学か退学という厳しいバツがある。

「で、まりのテンションが上がっているのね。男の子なの女の子なの?」
「男の子だよー。メンツがいいな」
「本当にまりはそんなことばかりね」
「彼氏欲しいのー、花蓮様はモテモテだからいいな〜」
「おい、雪村俺はお前が好きだ」
「また?草宮君?」
いつもの光景、花蓮がいつもの自分を演じていればみんな仲良しなのだ。

7:萌:2013/09/25(水) 20:06 ID:S4g

・花蓮の紹介です(^O^)
雪村花蓮 (ゆきむらかれん)
血液型 A型
誕生日 4月14日
年齢 16歳
高校2年生

髪型は
黒髮、上の方にツインテールです。
結んでないと腰ぐらい長さがあります。

家は名門、日本舞踊の雪村派。
すごくおとなしいけど妹思いの優しいお姉さんです(^O^)

8:オトちゃん:2013/09/25(水) 21:29 ID:36E

めっちゃいいと思うよ♪ それに、花蓮のキャラ設定がすごくいい!!
(メンツって何?)

9:萌:2013/09/25(水) 21:30 ID:S4g

それは調べなさい!

10:萌:2013/09/25(水) 21:38 ID:S4g

ごめん^_^;
間違えてる^_^;
「男の子だよー。メンツがいいな」
「男の子だよー。カッコイイ人がいいな」です!

11:オトちゃん:2013/09/25(水) 22:14 ID:36E

ありがとう。メンツってかっこいい人って意味だったんだ!!

12:萌:2013/09/25(水) 22:23 ID:S4g

別の意味だったこと忘れてた!

13:オトちゃん:2013/09/25(水) 22:25 ID:36E

あれ、そうなの?

14:萌:2013/09/25(水) 22:27 ID:S4g

オトちゃん 雑談になってるから!
雑談の場所に行こう!

15:萌:2013/09/25(水) 22:33 ID:S4g

寝るねー(^O^)
オトちゃん雑談は上に書いてるところでね(⌒▽⌒)
明日からはそうゆうことに!
ルール見てね!

16:萌:2013/09/26(木) 21:20 ID:S4g

キーンコーンカーンコーンーキーンコーンカーンコーン
「起立、礼、おはようございます」
「もう、噂になっているが、転入生だ。入って来なさい」
ガラガラ
「どうも、速水江練です。愛知県から引っ越して来ました。宜しく」
「速水は雪村の隣の席だ。雪村、休み時間に学校案内しておけ」
「わかりました」
タッタッ ゴトン
「君、雪村何さん?」
「花蓮だけど…宜しくね」
「宜しく花蓮ちゃん」
「ちゃん何ていらないわ」
「わかった」
(速水江練ってどこかで聞いた事あるのよね。は…やみ…え…れん)

17:萌:2013/09/26(木) 21:59 ID:S4g

江練の紹介です(^O^)
速水江練 (はやみえれん)
血液型 B型
誕生日 7月7日
年齢 15歳
高校2年生

髪型は
白髮で(暗殺教室)のカルマみたいな髪型です!

なんだからいろいろ隠し事があります!
あまりハイテンションにならずに冷静です!
花蓮とは幼なじみです(^O^)

18:萌:2013/09/27(金) 21:36 ID:S4g

キーンコーンカーンコーンキーンコーンカーンコーン
「休み時間だよ。速水君行くよー」
「うん」
「花蓮様、まりもついて行くよ」
「いいわ、まりはみんなと話しがしたいでしょ」
「え…うん」
ガラ ガラ
「キャーー、かっこいい!誰?あの人」
「イケメンだわ。美形」
「はぁー、じゃあ上の階から教えるね」
タッタッ
「ーーーーで、次はここ第3理科室。一般生徒はここまでだよ」
「へー、花蓮お前俺の事忘れてないか?」
「えっ!どこかで会った?」
「ならいいよ」
江練は何も言わず1人でどこかに行ってしまった。悲しそうな顔をしながら。
なんだから花蓮は違和感を感じてしまった。
(速水君と話してたら懐かしかったし心がホッとした)
花蓮はわけもわからず江練を探しに行った

19:萌:2013/10/05(土) 09:11 ID:S4g

「なんで覚えてないんだよ!花蓮のバカ、約束したのに」
「みーつけた。江練とうとう来てくれたな」
「来たねーし、約束守りに来ただけ」
「へー、それ雪村花蓮の事だろ」
「なんで知ってんの?」
「いいだろ、そろそろ決めれよ!決めないとね〜。百花乱れ桜ッッ!(ひゃっかみだれざくら)」
「こんなところでやんなよ。ってヤバ!水の神よ、水のしぶき」

20:萌:2013/10/05(土) 09:12 ID:S4g

誰か小説のコメ下さい!

21:オトちゃん:2013/10/05(土) 18:10 ID:36E

ひさしぶり!小説けっこう進んだね^^
でも、会話がちょっと多いからもうちょっと分かりやすいように場面の説明を
入れたほうがいいかも。全体のストーリーは良いとおもう♪

22:萌:2013/10/06(日) 20:52 ID:S4g

オトちゃん、わかった!
ちなみに
>>21 はクローバー畑だよ(⌒▽⌒)

23:萌:2013/10/09(水) 11:19 ID:S4g

(あの後、速水君話してくれなかったな。嫌なことは忘れよう。江練と別れた近所の小川!私たちの大好きなクローバー畑へ)
花蓮はそんのようなことを考えながら行った
「〜、百花乱れ桜ツツ!」
(えっ!誰の声?のぞいて見よう)
「こんなところでやんなよ。ってやば!水のしぶき」
(水のしぶき?どこかで聞いた事あるわ。ってあれは速水君!なんでここに?でも、やっぱり懐かしい声。…はっ!思い出した)

24:萌:2013/10/13(日) 21:43 ID:S4g

ー10年前ー
そう、あの時もクローバー畑だった
「江練〜、私もっと向うでクローバー探して来るね。早く見つけたいから走っちゃえ〜」
「花蓮〜、あんまり1人で行くなよ。僕もちゃんと四つ葉見つけるから」
「ハハハッー、…キャーー江練!助けて」
「おとなしくしていればいいのに」
「花蓮を離せー」
「無理だな」
「川の水よ、水のしぶき」
「ワァー、霧雨みたい!きれー」
「そう来るか、まぁ今日はひとまず帰ってやる」
そう言って知らない人はどこか行ってしまった

25:萌:2013/10/13(日) 22:32 ID:S4g

062だよ

26:萌:2013/10/13(日) 22:40 ID:S4g

795だよ


書き込む 最新10 サイトマップ