私(ももえ)とリレー小説書きませんか?

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:ももえ:2013/09/28(土) 08:10 ID:qVo

はじめましてももえです。
ここは、オリジナルでリレー小説を書くところです。
ルール
1、順番を守る
2、その話にあった話を書く
3、あらしは禁止
4、いろんな小説を書いていく
5、ためろで
まあだいたいこんな感じです。
では、よろしくお願いします

2:匿名さん:2013/09/28(土) 08:22 ID:Viw

5.タメ口←くちタメロ←下出てない

3:ももえ:2013/09/28(土) 08:25 ID:qVo

2の人はこのスレ入るの?

4:リナ& ◆IK9U:2013/09/28(土) 09:06 ID:QXw

ももえさん、入れて下さい‼

5:ももえ:2013/09/28(土) 09:10 ID:qVo

いいよー

6:渚:2013/09/28(土) 09:15 ID:W9c

もっさん、入れてちょーだい!

7:ももえ:2013/09/28(土) 09:16 ID:qVo

いいよーん

8:渚:2013/09/28(土) 09:22 ID:W9c

さっそく、なんか書かない?

9:ももえ:2013/09/28(土) 09:25 ID:qVo

なにかくかー

10:匿名さん:2013/09/28(土) 09:28 ID:QXw

どんなジャンルが良いか、言い合いしません?

11:ももえ:2013/09/28(土) 09:29 ID:qVo

いいですねー

12:渚:2013/09/28(土) 09:33 ID:W9c

はーい!
最近、ちょっとホラーしか書いてないから
コメディとか恋愛♡とかがいいな♪

私の意見です。

13:ももえ:2013/09/28(土) 09:34 ID:qVo

あーそうだったねー

14:ももえ:2013/09/28(土) 09:40 ID:qVo

私は恋愛系かな?

15:リナ& ◆IK9U:2013/09/28(土) 09:42 ID:QXw

私も恋愛が良い‼

16:ももえ:2013/09/28(土) 09:47 ID:qVo

渚は?

17:渚:2013/09/28(土) 09:47 ID:W9c

ok♪*
恋愛で行きますか?

18:Siki:2013/09/28(土) 09:48 ID:APM

入れてもらえませんか?

19:ももえ:2013/09/28(土) 09:49 ID:qVo

もちろん!

20:渚:2013/09/28(土) 09:50 ID:W9c

どうぞー!入って!
順番どうする?

21:ももえ:2013/09/28(土) 09:50 ID:qVo

私最初!

22:渚:2013/09/28(土) 09:52 ID:W9c

私、二番目がいいなー

23:Siki:2013/09/28(土) 09:52 ID:APM

ありがとうございます!


出来れば二番が良いのですけど……

最後に来たので何番でもいいですよ

24:リナ& ◆IK9U:2013/09/28(土) 09:53 ID:QXw

私も何番でも…

25:ももえ:2013/09/28(土) 09:54 ID:qVo

siki敬語じゃなくていいんだよ。
できれば、敬語はやめてほしいんだけど・・・

26:ももえ:2013/09/28(土) 10:00 ID:qVo

あれ、誰かいないの?

27:渚:2013/09/28(土) 10:08 ID:W9c

私、居ます。

28:Siki:2013/09/28(土) 10:10 ID:APM

わかりました!
敬語やめるね!

29:ももえ:2013/09/28(土) 10:13 ID:qVo

うん。私、イマ鏡音の曲聴いて泣いてたー
悪の召使って曲なの

30:渚:2013/09/28(土) 10:16 ID:W9c

泣いたの⁉
私も同じく音楽を聞いてるよ!
炉心融解を久々に聞いて懐かしい〜!

31:ももえ:2013/09/28(土) 10:16 ID:qVo

私もさっき聞いたよ炉心融解

32:渚:2013/09/28(土) 10:17 ID:W9c

そう。
で、その話は置いといて!
順番決めをしましょうよ!

33:ももえ:2013/09/28(土) 10:19 ID:qVo

だねー

34:ももえ:2013/09/28(土) 10:36 ID:qVo

1番はだれにする?

35:渚:2013/09/28(土) 10:40 ID:W9c

もっさんがええと思う

36:ももえ:2013/09/28(土) 10:40 ID:qVo

ok12番は?

37:渚:2013/09/28(土) 10:50 ID:W9c

私、やりたいなぁ〜
やりたいなぁ〜

ってか、リナさんとかsikiさんとか
居ないのー?

38:ももえ:2013/09/28(土) 10:52 ID:qVo

いないーーーーー

39:渚:2013/09/28(土) 10:59 ID:W9c

じゃ、書くか!
一番のももえ!
どうぞ!

40:ももえ:2013/09/28(土) 11:21 ID:qVo

はーい
登場人物

藍澤 紗由紀
中1
大人っぽいけどオッチョコっちょいなところも
恋には興味なし藍と桜と実夏とは親友。
お化け屋敷は大の苦手

鷹山 翔
優しくてクラスの人気者
やんちゃなところもあるが
意外にクール。由美とは双子の弟

織田 陣 
翔の友達
紗由紀の事が好き

井沢 藍
紗由紀と友達
いろんな相談に乗ってくれる

不快 桜
元気な女の子
紗由紀と友達

内田 実夏
いつも冷静な女の子  
紗由紀と友達

濡浜 愛華
可愛いけど
いじわる女子


プロローグ
恋なんてまだ早い
ずっとそう思ってた
だって、恋なんて興味 
なかったから・・・
だけど、私はあの日
人を好きになってしまった。

41:リナ& ◆IK9U:2013/09/28(土) 11:29 ID:QXw

ゴメン

42:リナ& ◆IK9U:2013/09/28(土) 11:33 ID:QXw

ゴメンっちょっと落ちてました。
えと、翔君って人由美の双子の弟ってあるよね?由美…って誰?
あとこれって皆が紗由紀ちゃんをやるんだよね?

43:花:2013/09/28(土) 11:35 ID:qVo

ぁーごめん書くの忘れてた

由美
翔の双子と姉
紗由紀love

44:渚:2013/09/28(土) 11:51 ID:W9c

新学期。
胸は高鳴るばかり。
私は一年一組。
親友の藍、桜、実夏とは同じクラス。
なんてハッピーなんだろう。
親友全員と同クラなんて!
放課後。今日は入学式だけだからと、
私はスキップをしながら家に帰る途中。
テンションMAXな私の所にサッカーボールが
飛んできた。
ん・・・・?ヤバくない?あたる!
「きゃっ」
「パシッ」
あれ・・・・?痛くない・・・・?
「大丈夫⁉あたらなかった?」
そっと目をあけると、そこには同じクラスの
鷹山 翔くん。
「おい!陣!あぶねーだろ!」
「ごめーん!」
鷹山くんはあの豪速球のボールを止めたのか⁉
スゴイな・・・・
なんて思っていると、鷹山くんが
「えと・・・・藍澤さんだよね?ごめんね。」
鷹山くんは、何度も謝ってくる。
「いえ・・・・私も不注意で。大丈夫です。助けてくれて
ありがとう。」
「そっか!良かった!(二カッ」
その無邪気な笑顔に私の心臓が大きく跳ねた。
あれ?なんだ?
今、キラキラーって、キラキラーって
鷹山くんが光った。
オーラか?私、オーラが見える様になったのか?
私は、心に違和感を覚えテトテトと
家に向かった。
まだ、私は心の違和感の正体を知らない。

【アハハ。恋愛めっちゃ難しい!
次、ももえ】

45:ももえ:2013/09/28(土) 12:04 ID:qVo

次の日
「藍、桜、実夏おはよう」
「美由紀おはよー」
いつもの公園で私たちは待ち合わせをしている
この公園から学校まで15分。いまはまだ7時30分
のんびりと歩きながら学校に向かった。
「そうだ、昨日ね鷹山君っていう同じクラスのこのオーラが見えたの」
「ハア?」
「いや何かねボールが当たりそうになったときね助けてもらったの
その時鷹山君がきらきらって」
昨日の事を思い出しながら伝えると、藍が笑顔で言った
「あんた、それは恋よ恋!」
「恋?」
べつに恋じゃないとは思うな。私、恋愛とか興味ないし・・・・
多分気のせいだよね。

46:渚:2013/09/28(土) 12:17 ID:W9c

「嫌ね。恋なんかじゃないわ。」
私が笑って否定しても
「他に何か感じた事は?」
とグイグイくる。
「うーん。あ!ドクンッて心臓が跳ねた!
多分、鷹山くんは何か能力をもってるんだわ!
そうよ!そうに違いない!だって、人の心臓を
跳ねさせるなんて、能力をもってる人しか出来ないわ!」
「「「だから、それが “恋” だっつーの!!!!!」」」
「えぇぇぇええええ!!!!!!」
皆がいっせいに言うもんだから、私は驚いて
顎か外れるくらいあんぐりと口を開けた。

【どーぞ!ももえ!】

47:リナ& ◆IK9U:2013/09/28(土) 12:18 ID:QXw

私どこで、はいれば良い⁉

48:ももえ:2013/09/28(土) 12:21 ID:qVo

いま書いていいよ

49:リナ& ◆IK9U:2013/09/28(土) 12:43 ID:QXw

わ、私が…恋?鷹山くんに?こいって…池の鯉じゃなくて、恋愛感情の恋…だよね?
マンガとかによくある、カレカノでアハハウフフしてて、手とか繋いでるア・レだよね???
「…紗由紀、あんた脳内妄想変な方向に行ってない?」
実夏に冷たい目で見られる。…うっ、だってさぁ〜。
「私が恋、とかありえないもん。皆ちょっと変だよ?」
「「「あんたが変なんだよ‼‼」」」
皆が一斉に突っ込んで、藍がツカツカと私に寄って来る。
「あのね紗由紀、もう私達は中学生なの。彼氏の1人や2人いて良いの。」
そ、そういう物なのかな?
「そうそう、藍の言う通り‼てな訳で、鷹山くんに告白しよう‼」
「ちょっ、桜‼何言ってるの⁉」
「「良いかも、ね」」
2人も同意するな‼
私は息を大きく吸い込んで叫ぶ。

「私は恋なんかしてないんだってばーーー‼‼」

50:渚:2013/09/28(土) 13:04 ID:W9c

次、だれ?

51:華恋:2013/09/28(土) 13:07 ID:Viw

実夏に冷たい目で見られる。
ー…うっ、だってさぁ〜。
…やー…は改行しましょう
□をムダに使いすぎ。
情景描写がない。

52:渚:2013/09/28(土) 13:09 ID:W9c

次、もっさんな!

53:華恋:2013/09/28(土) 13:10 ID:Viw

特にリナさんが小説を上手く書けていない。渚さんは、上手いと思うけど。

54:華恋:2013/09/28(土) 13:12 ID:Viw

アドバイスは聞いといた方がいいよ?
Σ((°■°)))))

55:渚:2013/09/28(土) 13:16 ID:W9c

アドバイスありがとうごさいます!

56:リナ& ◆IK9U:2013/09/28(土) 13:17 ID:QXw

えと、華恋さん、次から情景描写入れる様に頑張ります。
アドバイスありがとうございました。

57:華恋:2013/09/28(土) 13:26 ID:Viw

はい(*^^*)
頑張ってくださいね♪

58:渚:2013/09/28(土) 13:44 ID:W9c

誰も居ないの?

59:ももえ:2013/09/28(土) 17:32 ID:qVo

なー

60:リナ& ◆IK9U:2013/09/28(土) 17:35 ID:QXw

いますよ?続きって誰です?

61:ももえ:2013/09/28(土) 18:55 ID:qVo

誰かいる?

62:リナ& ◆IK9U:2013/09/28(土) 19:04 ID:QXw

いるよ‼

63:ももえ:2013/09/28(土) 19:11 ID:qVo

リナサン

64:リナ& ◆IK9U:2013/09/29(日) 12:58 ID:QXw

来ましたよ。書きます?

65:ももえ:2013/09/29(日) 12:58 ID:qVo

うん!

66:リナ& ◆IK9U:2013/09/29(日) 13:00 ID:QXw

ももえさん書いた後書いて良い?

67:紗由紀:2013/09/29(日) 13:01 ID:JCI

うん…

68:ももえ:2013/09/29(日) 13:02 ID:qVo

結衣ちゃん!来てくれたんだね
じゃあ、私から書くね

69:RI:2013/09/29(日) 13:03 ID:JCI

うん!

70:渚:2013/09/29(日) 13:05 ID:W9c

来ました

71:紗由紀:2013/09/29(日) 13:05 ID:JCI

さっきのは私!

72:ももえ:2013/09/29(日) 13:06 ID:qVo

どこまで書いたっけ?
>結衣ちゃん、りなちゃん、なぎっさ

73:紗由紀:2013/09/29(日) 13:08 ID:JCI

ええ

74:リナ& ◆IK9U:2013/09/29(日) 13:10 ID:QXw

「私は恋なんかしてないんだってばーーー‼‼」
って叫んだ所。

75:ももえ:2013/09/29(日) 13:13 ID:qVo

そこか、ありがとう

76:ももえ:2013/09/29(日) 13:22 ID:qVo

自分でもびっくりするぐらいの声だった。
近くを歩いていた人の視線が私に向けられた。
「「「紗由紀うるさい!」」」
怒られてしまった。
でも、好きでもないノに告白なんておかしいもん
その時は、そんなことばかり考えていた。

77:渚:2013/09/29(日) 13:31 ID:W9c

次、だれ?
私、やりたいな

78:ももえ:2013/09/29(日) 13:34 ID:qVo

だれだれ?

79:ももえ:2013/09/29(日) 13:34 ID:qVo

だれだれ?

80:匿名さん:2013/09/29(日) 13:44 ID:W9c

〜教室〜
「おはようございます。」
誰にも聞こえない様な小さな声であいさつを
して教室に入った。
「あ、藍澤さん。おはよう。昨日はごめんね。」
そばにいた、鷹山くんがあいさつをしてきた。
まだ、昨日の事を心配している様だ。
優しいんだな・・・・
「ううん。大丈夫だよ。」
私は、それだけ言い席に座った。
「藍澤 紗由紀?」
「は、はいぃ!」
突然、名前を呼ばれ私は、ビクゥとする。
「藍澤さんの名前って、紗由紀っていうんだね。」
「へ?あ、うん!」
声の主は鷹山くん。
名前を呼ばれ心臓が飛び跳ねる。
やっぱり・・・・“恋”なの?

次、どーぞ!

81:渚:2013/09/29(日) 13:45 ID:W9c

↑は私

82:渚:2013/09/29(日) 13:46 ID:W9c

私、終わるね。

83:ももえ:2013/09/29(日) 13:47 ID:qVo

つぎは・・・結衣ちゃんか、りなちゃんですか?

84:ももえ:2013/09/29(日) 13:47 ID:qVo

つぎは・・・結衣ちゃんか、りなちゃんですか?

85:ももえ:2013/09/29(日) 13:48 ID:qVo

ok

86:ももえ:2013/09/29(日) 13:52 ID:qVo

誰かいないの?

87:渚:2013/09/29(日) 13:52 ID:W9c

私、いるよ

88:ももえ:2013/09/29(日) 13:55 ID:qVo

あっいた。

89:渚:2013/09/29(日) 13:59 ID:W9c

でも、終わるわ。
続き、書いててね!

90:ももえ:2013/09/29(日) 14:01 ID:qVo

はーいでも私もちょっとおわる

91:リナ& ◆IK9U:2013/09/29(日) 14:32 ID:QXw

すみません…ちょっと落ちてました。
私次書きます。

92:高尾:2013/09/29(日) 14:35 ID:qVo

はーい

93:リナ& ◆IK9U:2013/09/29(日) 14:45 ID:QXw

「…紗由紀さん、って呼んで良い?」
鷹山くんがふいにそう言った。
「え?あ、うん。でも、さんはいらないよ。」
「そう?じゃあ、紗由紀?」
呼び捨て それだけの事なのに胸がキュウッと締め付けられた様な感じがした。
私、変だよね…。こんな事で、さ。
「どうしたの?ボーっとして。大丈夫?」
いきなり鷹山くんが私に近づいて

94:リナ& ◆IK9U:2013/09/29(日) 14:47 ID:QXw

すみません…
↑1番上に

カバンをロッカーにしまっていると、

を、入れて下さい。

95:ももえ:2013/09/29(日) 14:53 ID:qVo

「紗由紀もさあ、俺の事翔って言ってね」
「え!?それは無理…」
鷹山君はむっとした顔をして
「駄目、呼び捨てのほうが俺慣れてるから呼び捨て」
えーそんなこと言われたって・・・
でも、いやいやゆうのも嫌だし
「わかったよ・・・翔・・・」
「ありがと♪」
満面の笑みを見せて翔はどこかに行ってしまった


書き込む 最新10 サイトマップ