〜時の止まった夏休み〜

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:綺羅:2013/09/28(土) 19:34 ID:wqY

主な登場人物

相澤 大貴(あいざわ ひろき)

本作の主人公。
真緋露に片思い中の小学六年の男の子。
ちょっとシャイで明るく、真面目。
クラスでは、人気者。
皆から「ひろ」と呼ばれている。

芳井 真緋露(よしい まひろ)

本作のヒロイン。
とても明るく、元気で成績も優秀。
あだ名は、「まひ」
ある事故で亡くなってしまう。

川井 海斗(かわい かいと)

大貴の唯一の友達。
やさしく、さわやかな男の子。

吉川 麻紀(よしかわ まき)
荒井 唯(あらい ゆい)

いつも、真緋露と一緒にいる
天然な二人。


このお話は、こんな男女5人の切なく感動するお話です。

2:綺羅:2013/09/28(土) 19:58 ID:wqY

7月16日
学校の休み時間、僕はいつも楽しそうに会話をする真緋露を見ていた。

海斗「何見てんだよっ!」

大貴「イテッ!」
海斗が俺の頭を叩く

海斗「もしかして、お前また真緋露のこと見てたのか?」

大貴「別にいいだろっお前に関係ないし」

海斗「そうだけどさ〜もうそろそろ告れば?」

大貴「そんなこと言ったって、あいつ俺のこと好きかも分かんないし・・・」

海斗「弱気だな〜」

大貴「うるさいな〜向こういってろよっ」

海斗「はい、はい」


放課後〜

大貴「なぁ、土曜日に海斗達と遊びに行かね?」

真緋露「え、別にいいけど・・・」

麻紀「へぇ〜私達も行っていい?」

大貴「は?なんでお前らがついてくんだよ」

唯「いいじゃんよ〜。ね、連れてって」

大貴「分かった。分かった。」

麻紀、唯「やったー」

大貴「じゃあ、学校の近くの公園で集合な?」

真緋露「うん。分かった。じゃあまたね。バイバイ」

大貴「う、うんじゃあまた明日・・・」

続く

3:林檎:2013/09/28(土) 20:01 ID:i2.

台本書きは止めた方が良いですよ。
これ基本ですから直した方が良いと思います。
台本書きの意味分かんなかったら教えますんで。

4:綺羅:2013/09/28(土) 20:33 ID:wqY

続き

麻紀「へぇ〜ひろってまひのこと好きなんだ〜?」

大貴「ち、ちげぇよ。変なこと言うなよっ!!」
照れる大貴

唯「そんなこと、言わなくても分かってるって!応援するからさ!」

大貴「だから、ちげぇって!ああ〜もう、じゃあな!!」
逃げるように帰る大貴


7月18日

約束の土曜日だ。
わくわくする大貴。

大貴「じゃあ、行ってきま〜す!」

大貴「あ〜もう!ヤバっ遅刻〜」
自転車を急いでこぐ大貴

海斗「服選びで遅刻?お前何してんだよw」

麻紀「もう。10分も待ったんだからね!」

唯「罰金100円だよっ!」

大貴「いや、何でだよっwでもホントごめん〜」

真緋露「うふっおっちょこちょいw」

大貴「え、うごめんw」

海斗「これから、どうする?」

麻紀「ここで遊ぼうよっ」

唯「私、鬼ごっこした〜い!じゃあ、海斗が鬼ねっ」

海斗「いや、何でだよっ」

大貴「俺、ちょっと疲れたから休むわ」
ベンチに座る大貴

真緋露「私もパスね。」

麻紀「うん。分かった。海斗、10秒数えてっ」

海斗「はぁ。もうめんどくさいな〜はい、10・・9・・8」

真緋露「ねぇ、ひろって麻紀たちのこと好きなんでしょっ」

大貴「え、違うってあんなやつら興味ないよっ」

真緋露「え〜そうなの?じゃあ他にいるの?」

大貴「え?いや・・・(「心の中の自分」言えよ、言えって真緋露だって)」

大貴「別にい、いないけど・・・(いるじゃねぇかよ。自分の隣に・・・なんで言えねぇんだよ。)」

真緋露「そうなんだ・・・」


4時間後

真緋露、唯「バイバイ〜」

麻紀「バイバ〜イ」

麻紀「で・・・ひろ、告白できた?」

大貴「は、な、何言ってんだよ・・・じゃ、じゃあな」

海斗「アイツ分かりやすいなw」


数日後・・・


続く

5:綺羅:2013/10/19(土) 10:48 ID:wqY

>>3
注意してくださり有難うございます。

6:綺羅:2013/10/19(土) 10:53 ID:wqY

続き…


数日後、大貴の家に連絡があった。
それを聞いたとたん
俺はどうしたのだろう。
夢中になって病院に向かって走っていた。

7:綺羅:2013/10/20(日) 15:20 ID:wqY

病院の霊安室には真緋露の両親が泣き崩れていた
真緋露は横たわっていた。
顔を見ると幸せそうだった。

なぜか、俺は涙が出なかった…

8:綺羅:2013/10/20(日) 15:23 ID:wqY

翌日、学校では
誰も真緋露のことを話さなかった。
真緋露の死でショックを受け休んだ子も居たと言う。

9:綺羅:2013/10/20(日) 15:30 ID:wqY

あれ以来、海斗達とは話していない。
そう、俺達はばらばらになってしまった。

俺達の時間(とき)は止まった。


書き込む 最新10 サイトマップ