Why aren't I loved?

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:林檎:2013/09/28(土) 20:18 ID:i2.

前書いてたのを書きます。
下手ですがw

-------------------------------------

登場人物

炉端 伊都季 -Robata Itsuki- ♀

炉端 紗都季 -Robata Satsuki- ♀

炉端 綾子 -Robata Ayako- ♀


-------------------------------------

序章

___自由になりたい。
妹の紗都季だけ愛されて、
私は愛されない。

お母さんはお父さんと別居してから私を愛さなくなった。
まぁ、元々愛情なんて貰っていなかったのかも知れない。

どうせ私は詰まらない人間だから。
どうせ私はガラクタだから。
どうせ私は……世界で一番醜いから。


だから愛してくれないのだ。


____何時か自由になれる日が来るのかな?

2:林檎:2013/09/28(土) 20:50 ID:i2.

「この出来損ない!!」

バシンッと乾いた音が響く。
涙が堪えても溢れてきた。

「御免なさい…御免なさい…!!」
「あんたのせいでどれだけストレス溜め込んでるか分かってんの?!」
「御免なさい!!」
「御免で済んだら警察要らねーんだよ!」


何か固いもので殴られた。
視界が歪んで意識が朦朧としている。


「静かにしてよ勉強に集中出来ない」

妹の紗都季が不機嫌そうに呟く。
途端にお母さんのつり上がってる目がニコリと笑った。

「あら、御免ね勉強頑張ってね」
「うん」

紗都季はまた勉強机に向かって勉強し始めた。

紗都季は現在中学一年生。
猛勉強して私立のA大学付属中学校に入学した。
A大学に進学有利な中学校なのだ。

ちなみに私は中学二年生。
公立の若葉中学校に入学した。
若葉の良い所はズバリ制服が可愛い事。

冬は長袖のセーラー服でスカートとリボンは綺麗な若葉色。
夏は半袖のブラウスにスカートとリボン。

朝日に輝く若葉色綺麗なの!


反対にA大学付属中学校の制服は、

グレーのブレザーに紺色のスカートとネクタイ。
しかも、若葉中はスカート丈は自由だがA大学付属中は決まっている。


何か地味なイメージで見た目重視では無い感じ。


本当に若葉中に入学して良かったぁ。
まぁ、A大付属中は偏差値70だから50の私の偏差値では夢のまた夢だが。


書き込む 最新10 サイトマップ