タイムスリップ8

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:レモンクレープ!:2013/10/15(火) 10:49 ID:DpU


「タイムスリップメンバー」

浅井光希(あざいこうき)

如月美麗(きさらぎみれい)

和田心愛(わだここあ)

高橋萌香(たかはしもか)

鈴木きらり(すずききらり)

神園陸(かみぞのりく)

真代翔(ましろしょう)

純川悠也(じゅんかわゆうや)

8人のプロフィールはまた別で書きます。

2:レモンクレープ!:2013/10/19(土) 11:01 ID:DpU

    -初めー
オレは浅井光希,小学6年生です。
今オレはマラソンクラブに習っています。
めっちゃ勉強嫌いな性格です!
特に社会なんて興味ない。
だけどオレには7人の幼なじみがいます。
オレは今幼なじみの7人と一緒にお寺で暮らしています。
理由はオレ達は山奥マンション団地に暮らしているため
特に学校からめっちゃめっちゃ遠いので小学生でありながら
親元から離れ平地の寺で住んでいます。

「光希,陸,翔,悠也,美麗,心愛,萌香,きらり,おはよう」

「今日から3連休だからゆっくり休める〜」

「だけどお前らはいいけどオレは3連休の月は・・・」

「あたしも・・・」

そう,オレ達が通う球技クラブとマラソンクラブがある。
美麗は球技クラブに所属している。

「昨日,私特性の蜂蜜カップケーキ作ってあるんだった・・・」

「えっ〜,食べたい」

「慌てない,慌てないの!」

「今食べたい」

そうそう,心愛が作るお菓子は全部プロ級
当たり前か心愛の家は代々パティシエやショコラティエの家柄
ケーキだって一から作るンもん!

「あのさ,お前は夢なんかアンの?」

「当たり前よ,私はパティシエだもん」

特に蜂蜜カップケーキは心愛の自慢の一品

「オレもいい?」

「ゥ・・ン?悠也は甘いものが苦手なのに大丈夫?」

「大丈夫,オレは確かに甘い物は苦手だけど心愛が作るお菓子なら大丈夫だもん」

そして俺達は近くの公園までいってティータイムした。

「あのさ,珈琲と紅茶と果物ジュースあるけどどっちがいい?」

「あたしは紅茶」

「うちは果物ジュース」

「私も紅茶」

「オレは珈琲」

「オレは紅茶」

「僕は果物ジュース」

「オレは珈琲」

「ジャア,私は珈琲ね」

俺達は食べたり飲んだりしていた。

・・・・

俺達は食べ終わった後トランプしたり
翔が持ってきた電気も充電もいらないミニカラオケボックスで盛り上げたりしてた。
なんか友達より回り二いる家族ッて感じした。

損ないきなり風景も景色も回りも時代も変わる事なんて
今のオレ達には分からないのこと時だ・・・・。


書き込む 最新10 サイトマップ