初恋の君

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:れいか:2013/10/19(土) 00:36 ID:rkE

人物紹介
未来 (みらい)
銀の城のお姫様。あわてんぼうで
ドジばかり。

陵 (りょう)
青の城の王子様。
未来の幼馴染み。

花鈴 (かりん)
緑の城のお姫様。
未来の親友!

瞬 (しゅん)
未来のクラスメート。
猫のピーチといつも一緒。

2:れいか:2013/10/19(土) 00:52 ID:rkE

目の前に広がるのは、
つき抜けるような真っ青な空。
コバルトブルーの海は、
空ととけあうように水平線を
キラキラと眩しいくらいに
輝かせている。
海につきだした半島に、
白壁の美しい街並みが広がっている。
そこが今晩、婚約式典パレードが
行われるのだ。

3:れいか:2013/10/19(土) 00:54 ID:rkE


そこが ×
そこで ○
です。ごめんなさい。

4:れいか:2013/10/19(土) 09:55 ID:rkE

ここは、赤の国の首都・メルリの街。
「あ~気持ちいい」
私はホウキに乗って体を吹き流れ
ていくかわいた風にうっとりと
目をとじた。
「ほんとねぇ、やっぱり私たちの
 大陸とは気候が違うのね~」
色違いの大きな緑色のリボンのついた
トンガリ帽子を抑えているのは、
私の大のなかよしの花鈴。

5:れいか:2013/10/19(土) 09:59 ID:rkE

花鈴は、同じ大陸にあるもう一つの
お城、植物をつかさどる『緑の城』
のお姫様で同じ学校に通うクラスメートなの。

6:れいか:2013/10/19(土) 10:06 ID:rkE

同い年だし、プリンセス同士、くらべられて大変なのよ。
・・・・と言いたいとこだけど、
比べようが無いくらい、私たちは
成績から何から正反対。
優等生のお手本のような花鈴と
劣等生の標本みたいな私。
でも、そんなの関係なく仲良しなんだ。

7:匿名さん:2013/10/19(土) 12:51 ID:rkE

私たちは一緒にサヤ王女の婚約式典に招待されて、赤の国に来てるんだけど、
「ま、誰かさん家の兄弟のせいで、お財布の中身もスッカラカンだけどね・・・・・。
私は足をブラブラさせて、少し後方にジトーっとした視線を送る。すると...
「・・なんだよ。だいたいお前が信用無いから、アイツらが着いてくるハメになったんだろ」

8:れいか:2013/10/19(土) 12:54 ID:rkE

        ↑
上の私です。すいません。

9:れいか:2013/10/19(土) 12:54 ID:rkE

        ↑
上の私です。すいません。


書き込む 最新10 サイトマップ