さようなら。ブランコ。

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:胡桃:2013/10/22(火) 17:35 ID:drQ

初めまして(๑ơ∇ơ)ฅ"
胡桃と書いて「ことう」と言います(o´罒`o)ニヒヒ♡
まったくの素人ですが初作は感動のストーリーにしたいと思います❤︎
ぜひよかったらチラッと見ていって下さいまし( *´艸`)

2:胡桃:2013/10/22(火) 17:40 ID:drQ

~プロローグ~

桜の木の揺れる音がする。

日差しの眼差しが私を包む。

春だね…。廉斗…。

私は雲一つない空にそっと微笑んだ。

私の隣にはもういない。

だけど、また会えるのを待っているよ。

桜の花が一気に舞い落ちた。

3:胡桃:2013/10/22(火) 17:49 ID:drQ

~出会ったあの日~

「ねぇ!結衣!受かった⁇」
私は今親友のマリと高校の合格を願って結果を見ているところだ。
私はマリに大きなピースと笑顔を送る。
「やったぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあ‼︎‼︎‼︎♡」
マリと私は大はしゃぎで飛び跳ねる。
マリは中学校で人見知りの私と仲良くなってくれた唯一の友達だ。
そんな親友・マリと第一志望校の私立野崎F高校に合格したのだ。
かなり勉強も頑張ったがマリと一緒なら全然平気だった。
マリと私は手を繋いで興奮状態のまま帰った。

4:匿名さん:2013/10/22(火) 18:04 ID:Viw

マリがマリーに見えてしまうのは…ッ…なぜだぁぁぁあああ!!←
あと、興奮状態って表現吹いたww

5:胡桃:2013/10/22(火) 19:42 ID:drQ

匿名さん→ありがとうございます( *´艸`)
マリがマリーに見えるのは仕方ないですね♡
これからもよろしくお願いします!

6:胡桃:2013/10/22(火) 19:48 ID:drQ

ーーーーー翌日

「さーってと!髪の毛バッチリ!制服バッチリ!メイクバッチリ!完璧✨」
昨日の興奮状態が継続中の朝、私は靴をはいた。
「よっし!いってきまぁぁぁぁぁぁぁぁぁあす!!!!」
私の妙なテンションについて行こうと必死の母は苦笑いで手をふった。
これから希望に満ちた高校生LIFEが待っている!
マリの家へ向かう私の足取りは軽やかで楽しそうだった。


書き込む 最新10 サイトマップ