【真冬明晰】

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:β長月梨華xoxo2:2013/10/23(水) 21:28 ID:p7Y

ねえきっと出会えるよ

 運命が僕らを引き離しても

大丈夫だよね

あの真冬。

心がつぶれそうだったあの日に。
どうにもならない気持ちだったあの日に。

僕らは偶然出会った。

2:β長月梨華xoxo2:2013/10/23(水) 21:29 ID:p7Y

吸血鬼(きゅうけつき)は、民話や伝説に登場する存在で、生命の根源とも言われる血を吸い[1]。 その存在や力には実態が無いとされる[2]。

 【wikipedia】より抜粋

世間では、吸血鬼なんてありえない存在となっている。
民話、伝説。
実態がない。

それは大嘘である。
大昔の吸血鬼の血を引き継いだ人…
いや吸血鬼と言った方が、ふさわしいかも知れない。

まだ存在しているのだ。

3:β長月梨華xoxo2:2013/10/23(水) 21:29 ID:p7Y

俺はひっそりと暮らしている。
外に出ることにより迷惑がかかるからだ。

静かに、死体の血をすすって生活している。
それでいいんだ。

錆びた鉄の家。
ソファーや、ボロボロの家具のみが配置された家。

人をみると血がすすりたくなる。

血が欲しいんだ。
生きている…

俺は本棚から一冊の本をとりだした。

『吸血鬼がきたぞ』

という本である。
狼男、フランケンを続いて恐れられている吸血鬼。

この本では、最後は吸血鬼と分かち合うから
大好きだ。

悪者にされるのは気にくわない。
俺を悪者にした作者は、次々と
この手で殺している…

4:β長月梨華xoxo2:2013/10/23(水) 21:30 ID:p7Y

さあ世間ではもう秋という季節にさしかかっている。

そろそろ我々吸血鬼も、冬眠準備に入らなくてはいけない。
久々に外にでて、まきわりをする。

カッカッと、とてもいい音がしている。
耳を澄ませば、小鳥の声。

意外と、のどかなところだ。

まきわりをして数時間。
時間が経つのを忘れるくらい楽しい。

日が沈みそうだから、まきわりを
やめ、まきを抱え家に入った。

まきは、暖炉に投げ入れる。
カラランとすごくいい音がした。

暁(アカツキ)は、引き出しから
数本しか入っていないマッチ箱を取り出し
火をつける。

ぼわあっと暖かい火がつく。

暖炉に投げ入れ、火をおこす。

暖炉が働き始め、すごく暖かくなった。

5:β長月梨華xoxo2:2013/10/23(水) 21:30 ID:p7Y

「餅とやかんを乗せておこうか」

と台所へ向かう。
勢いよく、水道水を組み、餅を
数個とりだす。

すごくおいしいセットだ。

「急に冷えてきた」

俺はすんなり眠りについた

次目覚めるのは春。。。

世間では、マフラーや耳あて、カイロがすごく売れたそうだ。
雪は降り積もり、帰省ラッシュも始まる

クリスマスイブ。

街に出たらリア充います。
家に帰れば、眠りについて。
夢でデートを繰り返す夜。

きよしこのよる。

子供たちの夢の日。

テレビはクリスマスをとり上げる。
世間はクリスマスモード。

急に目が覚めた。
何か…
おきる気がした。

「外に出るか」

俺は人間らしい格好をし、街に出る。

皆楽しそうだな。

ふ・・・と笑って足を進める。
診てるだけで俺は幸せだ。

その瞬間。

通行人の一人が叫んだ。
一人だったかな。

分からない。

頭は真っ白け。

…目の前で人が死んだ。

6:β長月梨華xoxo2:2013/10/23(水) 21:31 ID:p7Y

飛行機が墜落。
幸い、被害者は一人でとどまった。

高校生の、聖という人らしい。
目に焼きついた。

ぶしゃっと血飛沫は飛び散り、
悲鳴ばかりが聞こえる。

サイレンなんか聞こえない。

不幸の始まりはここからだった。

*暁の場合。*

7:β長月梨華xoxo2:2013/10/23(水) 21:31 ID:p7Y

*奈緒の場合*
容姿端麗 頭脳明晰
加えて性格もよし。

推薦で特別進学コースに通う。

香川奈緒はこの私の事。

いつも皆は私を特別扱いする。
休日外に出れば追っかけられる日々。

オリジナルの隠し撮り写真集まで作られ、
それが校内に貼られた時は高熱を出した。

それほど人気なのである。

今日は、秋の身体測定の日。

8:β長月梨華xoxo2:2013/10/23(水) 21:32 ID:p7Y

「えっと・・・。
 香川の視力は2,0だ。

 次香川のクラスは…
 サイズ測定だな。」

教師にいわれる。
身体測定の日は、全校舎が病院に早変わり。

尿検査、検便は事前に持ってくる。
血液検査、人間ドッグ、心臓検査、
モアレ撮影、視力検査、聴力検査、
内科検診、問診、サイズ測定、
歯科検診…などなどキリがない。

ごったかえさないよう、普通科、特別進学などで
分けられている。

「おっしゃ。
 奈緒ちゃんサイズだぞ」

男子たちが騒ぎ始める。
容姿端麗頭脳明晰のあの香川奈緒が
裸になるのだ。

これはお得情報である。




[11] β長月梨華xoxo2◆hXaJqFNzH2(2013/10/20 Sun 16:23)



「香川さん。
 脱いで下さい」

保健の先生に言われる。
奈緒は、何のためらいもなく、脱ぎ始める。

保健室の外には・・・・

「あっ奈緒ちゃん脱いだぞ」

「ちょっとどけ」

「俺がみるんだ」

と乱闘を繰り返している。
そんなことも知らず、保健の先生は
とんでもないことを頼むのだ。

「香川さん。
 外が騒がしいから、ストッパーを外して、
 完全に閉めておいてくださる?」

と。

奈緒は、ドアに向かって歩く。
勿論、そっちは男子がちらちら見ている方だ。


書き込む 最新10 サイトマップ