甘酸っぱくて... 

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:ゆら ◆kO7s:2013/10/30(水) 18:11 ID:Viw

初めまして、ゆらですっ!*
恋小説書いて
いきたいと思いますっ(*^_^*)
えと、長編です...
頑張って続けたいと思います( ` • ω •)b
どうか、このゆらという駄作者をよろしくお願いします\(*^_^*)ノ

2:ゆら ◆kO7s:2013/10/30(水) 18:14 ID:Viw

*プロローグ*
恋ってなんだろう。
苦しいものなの?切ないものなの?
それで、君に聞いてみた。
そしたらね…
「甘酸っぱいものだよ」
……って返ってきたんだ。

3:ゆら ◆kO7s:2013/10/30(水) 18:30 ID:Viw

第1話*「私は恋経験0。」
「あのね……ッ…好き…!!ゆづが好き…ッ!」
「…本当に?……俺も……ッ、好き」
そう言い抱き合いキスを交わす2人。
……を、私は冷たい目で見ていた。
「ふっ、何リア充しちゃってんの……」
私、相澤梨奈は、まだ"恋"というものをしたことがない。
どうやらこれは珍しいらしい。
「……消そ…」
私はリモコンを持ち、すぐに電源ボタンを押した。
本当は、きっと私が逃げているのかもしれない。
恋したって…きっとフられるんだ。
男子に、きっと地味な子はモテないし、ガーリーな子が好きなんでしょう?
だから、私は恋なんかしない。
絶対に、この先もー…っ。
そう、思っていたのに

4:ゆら ◆kO7s:2013/10/30(水) 18:47 ID:Viw

「ふわぁぁあ……っ。うぅーん!!わかんないよー…」
私は今、全ッ然わからない数学を教えてもらっている。
すごく面倒くさいし、つまらない大嫌いな教科だ。
「ここは、こうし…て。こうするんだ」
勉強を教えてもらっている海吏が、優しく教えてくれる。
「うーん、と…できたっ!!!!ありがとう、海吏!!」
「ちょっ…!!ちょ、梨奈、抱きつくなよ…」
私は思わず海吏に抱きついてしまった。
普通の女子は、こういうシチュで恋をしたりするんだろうけど、私は全然恋する気持ちにならない。
ていうか、"ドキドキ"
という感じがなくてーー……
「あ…、ごめん。ありがとう」
「いやいや…大丈夫だよ」
私なんかに触られるのはいやなんでしょう?
そのくらいわかってる。
だから、恋しないし、しようとしないから……

5:ゆら ◆kO7s:2013/10/30(水) 18:51 ID:Viw

*修正*
「ここは、こうし…て。こうするんだ」
勉強を今、私に教えてくれている海吏が優しく教えてくれる。
________________________________
ごめん海吏、教えてくれてるのに教えてもらってるなんて!!!    byゆら
間違え気をつけますっ!!


書き込む 最新10 サイトマップ