弱虫で嘘つきな私

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:こゆき:2013/11/03(日) 02:32 ID:Smk

*プロローグ*
「キャー今日掃除当番だ〜」
「そっかぁ大変だな!私手伝おうか?」
「あ〜助かる!夏季〜ありがと!」
「へ〜きへーき!どんとこい!」
そういって私はまた
作り笑いをする
正直疲れる
笑いたくもないのに笑う
こんなの
本当の私じゃないのに……

こんにちは!こゆきと言います!
このお話は私の身の回りに起こった事を小説にしていきます
シリアス系です
登場人物考え中です
名前が思い付きませんww
主人公の夏季しか考えてませんわw
では
楽しんでいって下さい!

2:こゆき:2013/11/03(日) 02:48 ID:Smk

〜登場人物〜
・中村 夏季(ナカムラ ナツキ)
女子
小学6年
性格は表裏がある
表は明るくいつも笑顔で人気者
でも表の性格は作ってるだけで
本当の性格つまり裏は
地味で根暗、クールで成績優秀

・伊藤 冴(イトウ サエ)
夏季の親友
女の子
性格は
ほんわかした感じ
毒舌
小学6年
夏季の本当の性格を唯一知っている人間

・天王霧 華林(テンオウギリ カレン)
でかい財閥の娘
あだ名がカレン様
気にくわない奴は即いじめる

おおまかにはこれくらい

3:こゆき:2013/11/03(日) 03:01 ID:Smk

ー夏季目線ー
「いってきます」
誰も居ない家に私の挨拶が響く
いつにもましてさわがしい通学路だ。
「おはよう。夏季。」
冴が話しかけてくる
「おはよ。冴」
素っ気なく返す私
「今日はやけに通学路が騒がしいね〜?」
冴がキョトンとした顔で言う
「何かあるのか?」
素っ気なく返す私
「きゃああぁあああああ!!!!カレン様よおぉ!!」
誰かが叫ぶ
「うるさいな〜叫び方ブリッコだよww」
でた…冴の毒舌…
あ、もうすぐ学校か
笑わなきゃな
「じゃあね!」
冴が挨拶をする
私と冴はクラスが違うのだ
「うん!放課後に。」
明るく笑って返す私
ガラッ
教室のドアを開ける

4:こゆき:2013/11/03(日) 03:06 ID:Smk

「おっはよーー!!!!」
明るく笑い私はドアをあける
「おはよう。夏季。」
でたよ…華林…まぁここで挨拶しないと苛められるや…
「おはよう!華林さん!」
元気にふるまう。


書き込む 最新10 サイトマップ