Jupiter

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:parakeet:2013/11/23(土) 17:50 ID:8iI

題名   ジュピター
ジャンル 冒険ファンタジー

2:parakeet:2013/11/23(土) 17:51 ID:8iI

プロローグ
翼の生えたライオン

3:parakeet:2013/11/23(土) 18:10 ID:8iI

あっ
と思ったその瞬間
私が見た物は______
白い翼だった

4:parakeet:2013/11/23(土) 18:39 ID:8iI

 今日の午後、私の忠犬がワンと吠える。なんだか様子が可笑しいと思いながらもタオルを顔にかける。午後になるといつも静かなのに!と思わず言ってしまいそうになるのをこらえる。他の人が目を覚ましてしまうからだ。
 またワンワンと2回吠えた。喉からでてきそうな声を飲み込む。父を起こしてしまったら何を言われても可笑しくない。
 私は足音をたてずに私服に着替えて、階段まで来たらようやく息をした。手が汗でベトベトする。
 ようやく一階に着いた。忠犬は、小屋の中に居る。忠犬は小屋の中をグルグル回っていた。
 「何をしてるの?」と犬に向かって言った。


書き込む 最新10 サイトマップ