ぐるぐる天然パーマ

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:iwasawa:2013/12/01(日) 22:25 ID:qLA

ぐるぐるー。

おい、ぐるぐるー。

実験失敗したのか、ぐるぐるー。

思い出したくもない小学生時代。男子に毎日のようにそう言われてた。

それがいやでいやで、小6でストレートパーマをあてた。

美容院で透明のジュレみたいなのを髪の毛にブワァってつけて、何分か置いとくの。

もう、ヤバイよ。

ピターってストレートになるの。

すっごくきれいに。

2:iwasawa:2013/12/02(月) 09:22 ID:qLA

天然パーマは生まれたときからひどかった。

もう、とにかくぐるぐるなの。

パーマあてたのか?

と言われるのはまだしも、

頭ん中と一緒でぐるぐるだな。

とか言われると、本当に腹立つ。

ひっかかるから近寄りたくない!

と言われ始めたのは小学4年生のとき。女の子は仲良くしてくれてたけど、男子は心がないのかな。

いやがる私をみて喜んでるんだよ。

だからストレートパーマあてたんだけど…。

3:匿名さん:2013/12/02(月) 09:26 ID:qLA

半年ぐらいでとれちゃうんだよ、ストレートパーマ。

だからまたぐるぐる。

しかもそれが中1になったときだったわけ…。

4:iwasawa:2013/12/02(月) 09:33 ID:qLA

iwasawaといいます♪♪

天然パーマの女の子のお話です。

どうかチラ見でもいいので、お願いします!

5:iwasawa:2013/12/02(月) 09:53 ID:qLA

「マジかよぉ。復活ぐるぐるとクラス一緒お?」

ムカつく。
なにが復活ぐるぐるよ!

「中学んなったらもうひっかからないって思ってたのによ。」

「ひっかからないわよ。もともと。」

とくに小学生のころから天然パーマいじめがひどいのが、この富野 誠司。
とにかくムカつくやつ。

「みなさぁん、このぐるぐるに近づいたら巻きつかれて死にます!近づいたらダメです!」

ちょっと!
違う学校の子もいるのに!
入学早々やめてよ!

「えぇ、マジ?」

「そのぐるぐる名前なんていうの?」

うわ、違う学校の女の子までぐるぐるって…。

6:iwasawa:2013/12/02(月) 12:45 ID:qLA

「富野ったら、またいじめてんの!?凝りなさいよ、いい加減!」

私の友達のあかねが私を助けてくれた。

ナイス!

「なんで山田に言われなきゃなんないんだよ。」

「だってあたし、小4のころから仲いいもん、ぐるぐると。」

そうそう。
あかねはとっても優しくて面白くて…ん?ちょっと待って。

私はさっきのあかねの言葉を頭のなかで繰り返した。
小4のころから仲いいもん、ぐるぐると…。
あ、あかねまでぐるぐる!?

「えっ…。あ、つい…。」

「山田、ずっと前から陰でぐるぐるのことぐるぐるって言ってたよ。」

7:iwasawa:2013/12/02(月) 12:58 ID:qLA

ショックぅ…。
入学早々ムカつくわショックだわもう天然パーマ恨む…。

「ごめん…。」

別にいいけど、なんだかなぁ。

「あはははは!めちゃくちゃ面白いじゃねぇかこいつ!」

「ぐるぐるパーちゃんおもしろーい!」

絶対バカにしてる。
もう、最悪なんだけど。

「パーちゃん!パーちゃん!パーちゃん!」

パーちゃんコール。

「ぐーるぐる、ぐーるぐる、ぐーるぐる!」

ぐるぐるコール。

あーぁぁぁ!!
もう!
なんなの一体ぃ!

8:iwasawa:2013/12/02(月) 13:15 ID:qLA

「うるさぁぁい!」

と言ったとたん。

「喧嘩?」

戸の音と共に男の子が入ってきた。

「…だれ?」

あかねが聞くと、男の子は無愛想に言った。

「中島晋也やけど。」

ん?
関西弁じゃないの。珍しい。

「春休み中に大阪から引っ越ししてきてんけど。」

抑揚のかけらもない声。相手を威嚇するような目。スラリと高い背。
なんか、こわい…。

「なにがパーちゃんであって、なにがぐるぐるなのか教えてくれる?人をバカにするような奴らのこと、許せへんのや。」

9:iwasawa:2013/12/02(月) 13:29 ID:qLA

シーン。

「教えてくれる?」

ちょっと待ってよ。私、いづらいじゃん。

「なぁ。」

この人、なんなの?自分から嫌われに行ってるんじゃないの?
私はいいからこの雰囲気どうにかしてほしい。

「あぁ、確かにこの女子はテン・パーという名前にふさわしい髪型や。ぐるぐるやし、バカにされやすそうな顔もしている。」

グサッ。
そんなコテンパンに言われるなんて…。味方じゃないの?

「でもな。バカにしとったら結局自分がいつかバカにされんで?」

そう言い捨てて中島くんはまた出て行った。

「なんなんだ、あいつ…。」

富野がポツリと言った。

10:iwasawa:2013/12/02(月) 13:42 ID:qLA

どうやら中島くんは確かに大阪から引っ越してきて、私たちのクラスの1年3組。

「パーちゃんさ、何部はいんの?」

結局入学から一週間たったけどあだ名は女子にパーちゃん、男子にぐるぐるのままだった。
私ももうどうでもいい。
いやなのはいやだけど、いちいち言ってたらキリないし。

「何部にしよっかなぁ。千穂ちゃんは?」

中村千穂ちゃんは中学になって仲良くなった。
どうやら好きな人がいるらしい。

「千穂ね、好きな人とおんなじ部活入ろうかなーなんて。」

「ってことは演劇部か剣道部か柔道部?」

男女混合はこれだけだ。

「その子多分…、剣道部だと思うの。」

剣道部ねぇ。
誰だろ…。

11:iwasawa:2013/12/02(月) 20:37 ID:qLA

体験入部は3つ入れるらしい。

何部体験入部しよっかなぁ。

「何部にするんだ?」

「俺は男子陸上部と男子テニス部と男子バレー部かなぁ。富野は?」

「俺?俺は…まぁ、剣道部かな。昔からやってるし。あとはバスケかサッカー。」

剣道部!

え、もしかして千穂ちゃんの好きな人って…。

考えすぎか。

「はい、静かにしろよー。」

担任が注意。
どうしよっかな。顧問がいい先生だといいんだけどなぁ。

12:iwasawa:2013/12/05(木) 18:37 ID:qLA

みんな、なにに入るんだろ。

「ねぇ、何部にするの?」

隣の席の鳥井さんに聞いた…つもりが!そうだ!鳥井さんは今日は休み…。

そのまた向こうの中島くんに聞いたことになってる。

しっ…しまったぁぁぁあ!!

「俺に聞いて何のとりえがあるん?」

冷たくあしらわれた。
あぁ…。

中島くんはどうも苦手だ。こわい。無表情。なんかオーラがやばい。

「ごめんな…さい。」

「そんな丁寧に謝る必要ないけど。別に怒ってへんし。」

13:iwasawa:2013/12/05(木) 18:45 ID:qLA

でもさっき、中島くんの体験入部希望調査の紙を見てしまった。
目がいいもんで…ってのは嘘で。

中島くんが紙をおとしたの。それを拾ったときにね。

『剣道部、水泳部、陸上部』

千穂ちゃん…。

「ちがうよね?」
「なにが?」

私はだまって中島くんのほうを向いた。

すると、なんと千穂ちゃん!

「…な、なんで分かったの?」

今世紀最大。

私の友達が、関西から来たくせものに恋に落ちたんですって!


書き込む 最新10 サイトマップ