一人一文リレー小説

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:sgぱ:2013/12/02(月) 22:42 ID:zkg

その日、私はいつもの散歩コースである公園を歩いていた

2:ハナナナ ◆Y6Ao:2013/12/06(金) 18:22 ID:Iss

ドシン

3:♪さんご♪ ◆iAoc hoge:2013/12/06(金) 18:35 ID:F1A

「な……!?」

4:アマテラス:2013/12/06(金) 18:48 ID:Alw

「なんだ?!」

5:♪さんご♪ ◆iAoc:2013/12/06(金) 18:51 ID:F1A

ただの――ゴミ?

6:Siki:2013/12/07(土) 12:58 ID:APM

私は後ろに振り向く。

7: ◆OYA2:2013/12/07(土) 13:01 ID:APM

>>6
間違えてしまいました。


私は後ろにゆっくりと振り向く

です。

8:匿名さん:2013/12/07(土) 16:53 ID:m-Vak

そこには蝿の群れしかいなかったので、そのままゴミに向き直った。

9:匿名さん:2013/12/08(日) 08:02 ID:LxM

「なんだこれ」

10:匿名さん:2013/12/15(日) 08:29 ID:zkg

グレイ型宇宙人が現れた

11:匿名さん:2013/12/16(月) 21:38 ID:zkg

私は宇宙人を捕食した

12: ◆vPxo:2013/12/16(月) 22:00 ID:T3E

宇宙人って意外と美味いんだな。

13:瑠璃:2013/12/17(火) 16:47 ID:9IM

そのとき友人のみきが通りかかった。

14:どんぐり:2013/12/17(火) 18:00 ID:c7o

宇宙人そっくりの顔をしていた。

15:ゆゆ:2013/12/17(火) 21:40 ID:vWw

こわくて、声も出なかった。

16:時雨:2013/12/17(火) 21:53 ID:qB.

「みき・・・??」

17:どんぐり:2013/12/19(木) 19:26 ID:c7o

「どこ行った…??」

18:& ◆H7XY:2013/12/19(木) 20:25 ID:koM

その時、突然息が苦しくなった。

19:どんぐり:2013/12/20(金) 20:29 ID:c7o

後ろからみきが口をふさいだだけだった

20:黒猫P 907:2013/12/20(金) 23:01 ID:PPg

「もーみき、びっくりしたじゃん」

21:匿名さん:2013/12/20(金) 23:06 ID:Dls

という夢をみたんだ。

22:どんぐり:2013/12/21(土) 12:06 ID:c7o

よく寝た、今何時かなぁ?

23:& ◆VSgU:2013/12/21(土) 16:14 ID:1Js

うわやっば、もうこんな時間!?

24:どんぐり:2013/12/22(日) 21:13 ID:c7o

私はカーテンを開けた

25:黒猫P 907:2013/12/22(日) 21:26 ID:PPg

うーん、太陽がまぶしい

26:匿名さん:2013/12/22(日) 21:30 ID:c7o

あれ?月にしか見えない…

27:& ◆VSgU:2013/12/23(月) 20:38 ID:s3s

しかも…なんかウサギが見えるよ私の目大丈夫!?

28:黒猫P 907:2013/12/23(月) 20:44 ID:PPg

気のせいだと思いたい

29:匿名さん:2013/12/24(火) 02:50 ID:xng

何で月がこんなに明るい⁇

30:黒猫P 907:2013/12/24(火) 14:20 ID:PPg

私の目めっちゃ良くなったのかな?

31:?!:2013/12/24(火) 21:00 ID:uv6

と思ったら、私はキツネに変身していた

32:匿名さん:2013/12/24(火) 22:01 ID:.nU

「〜っていう変な夢を見たんだよねー」

33:魔林:2013/12/24(火) 22:14 ID:uv6

と苦笑い…しながらいった
なぜならば、あの夢は思い出したくないんだ

34:匿名さん:2013/12/25(水) 00:21 ID:xng

本当に夢だったのかしら。
(これ以上考えるとアタマがおかしくなりそうだから考えないことにした)

35:黒猫P 907:2013/12/25(水) 10:48 ID:PPg

よし、お菓子を食べて忘れよう。

36:& ◆VSgU:2013/12/25(水) 15:05 ID:gPU

ん?なんかこれ、宇宙人に見えてきた…ってダメダメっ、やっと目が覚めたと思ったのにっ!

37:あい:2013/12/25(水) 15:57 ID:uv6

さあお休み

38:匿名さん:2013/12/25(水) 16:00 ID:uv6

私はゆっくり目を閉じた

39:匿名さん:2013/12/25(水) 16:01 ID:uv6

と思ったけど、私はすぐに目を開けた

40:& ◆VSgU:2013/12/25(水) 20:13 ID:gPU

もしかして…またあの夢、見ちゃうんじゃ…!?
>>41

41:黒猫P 907:2013/12/26(木) 10:24 ID:PPg

ダメダメまた見てしまう

42:匿名さん:2013/12/26(木) 19:07 ID:zkg

悪夢を見ないおまじないとか、あったかな?

43:どんぐり:2013/12/27(金) 18:34 ID:c7o

…あれ?誰かが私を呼んでいる…

44:aribaba chiaryrain@s7.spaaqs.ne.jp:2013/12/28(土) 21:00 ID:bQY

と思ったら影から手が出てきた。

45:匿名さん:2013/12/29(日) 13:31 ID:uv6

「いやあああああああ」

46:匿名さん:2013/12/29(日) 13:32 ID:uv6

私は影の中に吸い込まれてしまった

47:匿名さん:2013/12/29(日) 13:34 ID:uv6

気がついたら、小さい頃の私がちかくにいた

48:匿名さん:2013/12/29(日) 13:35 ID:uv6

「お姉さんだあれ?」

49:& ◆VSgU:2013/12/29(日) 13:39 ID:YgE

私はうろたえた。…これって、どう答えればいいの?

50:gurenn:2013/12/29(日) 16:47 ID:Iew

私は意を決して「あなたこそ誰?」と聞いた。

51:匿名さん:2013/12/29(日) 22:48 ID:uv6

「相沢いろりよ』

52:匿名さん:2013/12/29(日) 22:49 ID:uv6

私の名前をこたえた

53:匿名さん:2013/12/29(日) 22:50 ID:uv6

すると私は小さい頃の私のかたをつかんだ

54:匿名さん:2013/12/29(日) 22:51 ID:uv6

「ねぇここはどこ?平成何年?」

55:匿名さん:2013/12/29(日) 22:52 ID:uv6

すると小さい頃の私がビクビクしながらいった

56:匿名さん:2013/12/29(日) 22:53 ID:uv6

「*町………平成15年……………」

57:匿名さん:2013/12/29(日) 22:56 ID:uv6

ということは11年まえにタイムスリップしていたんだ

58:匿名さん:2013/12/29(日) 22:56 ID:uv6

「ねぇいろは?あんた何歳?」

59:匿名さん:2013/12/29(日) 22:58 ID:uv6

間違えました

「ねえいろりあんた何歳?」

60:匿名さん:2013/12/29(日) 22:59 ID:uv6

私は小さい頃の私に聞いた

61:匿名さん:2013/12/29(日) 22:59 ID:uv6

「………………3さい」

62:aribaba chiaryrain@s7.spaaqs.ne.jp:2013/12/29(日) 23:21 ID:bQY

えっ、今の私って十六歳だよね。

63:匿名さん:2013/12/29(日) 23:56 ID:uv6

と気が付けは…なぜか自分の部屋にいた

64:匿名さん:2013/12/29(日) 23:56 ID:uv6

なにこれ!!!もうなんなの!こんなことばかり起きて!

65:Rika ◆OYA2:2013/12/29(日) 23:57 ID:APM

ほんっと嫌……頭おかしくなりそう。

66:匿名さん:2013/12/29(日) 23:58 ID:uv6

そんな時だった私のスマホが鳴った

67:匿名さん:2013/12/30(月) 00:00 ID:uv6

「もしもし?」

68:匿名さん:2013/12/30(月) 00:01 ID:uv6

非通知になっていたので出てみた

69:匿名さん:2013/12/30(月) 00:02 ID:uv6

「ツーツー」と切れてしまった

70:匿名さん:2013/12/30(月) 00:03 ID:uv6

もう本当意味わかんないっ!イタデンとか

71:匿名さん:2013/12/30(月) 00:04 ID:uv6

私はもう精神的に追い詰められていた

72:匿名さん:2013/12/30(月) 00:06 ID:uv6

気が付けば家を飛び出していた

73:匿名さん:2013/12/30(月) 00:07 ID:uv6

もう………こうなったら………

74:匿名さん:2013/12/30(月) 00:08 ID:uv6

「はっ」気がついたらまたふとんのなかだった

75:匿名さん:2013/12/30(月) 00:10 ID:uv6

「はあはあっっもう何回目?」

76:匿名さん:2013/12/30(月) 00:12 ID:uv6

外を見ると「よかった…今度こそ現実だ…」

77:匿名さん:2013/12/30(月) 00:13 ID:uv6

私ははりきって出かけた

78:Rika ◆OYA2:2013/12/30(月) 00:13 ID:APM

夢の中で夢を見ている。

79:Rika ◆OYA2:2013/12/30(月) 00:14 ID:APM

それは『現実』?

80:Rika ◆OYA2:2013/12/30(月) 00:14 ID:APM

でも、それは本当に『現実』なのだろうか?

81:茶眼鏡:2013/12/30(月) 22:09 ID:rHQ

心を落ち着かせようとして家の近くの公園に向かっていると

82:匿名さん:2013/12/31(火) 12:40 ID:c7o

片想い中の彼とすれちがった

83:ヒヨリ:2014/01/01(水) 13:30 ID:.wQ

彼のとなりに私の親友がいた。

84:匿名さん:2014/01/01(水) 16:46 ID:uv6

すると親友は恥ずかしそうに言った

85:匿名さん:2014/01/01(水) 16:46 ID:uv6

「私達つき合うことになったの……」

86:匿名さん:2014/01/01(水) 16:47 ID:uv6

私は唖然とした

87:匿名さん:2014/01/01(水) 16:48 ID:uv6

すると親友はこう言った

88:匿名さん:2014/01/01(水) 16:49 ID:uv6

「ごめんなさい…あなたのこいも応援したかったけど…しょうがなかったのよ」

89:匿名さん:2014/01/01(水) 16:52 ID:uv6

すると私親友が許せなくて、殴っていた

90:匿名さん:2014/01/01(水) 16:53 ID:uv6

「あんた最低!もう、あんたなんて死んじゃえ!!!!!」

91:匿名さん:2014/01/01(水) 16:54 ID:uv6

と言ってしまうくらいゆるせなかった

92:匿名さん:2014/01/01(水) 16:57 ID:uv6

すると親友は涙を浮かべながら言った

93:匿名さん:2014/01/01(水) 16:59 ID:uv6

「酷いよ!!いくら…いくら…わ…た…しがわあああああん」

94:匿名さん:2014/01/01(水) 17:00 ID:uv6

と走り去ってしまった

95:匿名さん:2014/01/01(水) 17:01 ID:uv6

片想いの彼は私をにらみながら親友の後を追いかけた

96:匿名さん:2014/01/01(水) 17:03 ID:uv6

私はもう嫌々言いながら泣いていた

97:匿名さん:2014/01/01(水) 17:06 ID:uv6

次の日…学校に行ったら親友は学校に来ていなかった

98:匿名さん:2014/01/01(水) 17:08 ID:uv6

噂では自殺をしたニュースが流れていた

99:匿名さん:2014/01/01(水) 17:10 ID:uv6

私は真実が知りたくなったから親友の家に足を運んだ

100:匿名さん:2014/01/01(水) 17:11 ID:uv6

出てきたのは親友のお母さんだった

101:匿名さん:2014/01/01(水) 17:13 ID:uv6

「あらいろりちゃん…ウチの子だったら本屋に行っちゃったわよ…ずる休みなのよ…今日は…」

102:& ◆VSgU:2014/01/01(水) 17:34 ID:ASo

「……会わせてください。お願いします。」

103:匿名さん:2014/01/01(水) 20:50 ID:uv6

「わかったわじゃあウチの子が来るまで中入って待ってて?」

104:匿名さん:2014/01/01(水) 20:54 ID:uv6

私がソファーに座ったときだった

105:匿名さん:2014/01/01(水) 20:54 ID:uv6

「ただいまー」

106:匿名さん:2014/01/01(水) 20:55 ID:uv6

親友が帰宅したのだ

107:匿名さん:2014/01/01(水) 20:57 ID:uv6

私が親友のところへいこうとしたら、親友のお母さんはなぜか2階へ行ってしまった

108:匿名さん:2014/01/01(水) 20:58 ID:uv6

親友は「…………いろり…………なんで?」とびっくりした顔で言った

109:匿名さん:2014/01/01(水) 21:00 ID:uv6

「あの…昨日のことごめん!それと学校であんたが自殺したって噂をきいたから真実が知りたくて来たの…」

110:匿名さん:2014/01/01(水) 21:01 ID:uv6

「噂?なんで?」

111:匿名さん:2014/01/01(水) 21:02 ID:uv6

と凄くビックリした顔で私をみつめた

112:匿名さん:2014/01/01(水) 21:03 ID:uv6

「わかんない…なんか、学校行ったら噂がながれてて」

113:匿名さん:2014/01/01(水) 21:04 ID:uv6

すると親友は言った

114:匿名さん:2014/01/01(水) 21:05 ID:uv6

「これは…夢だよ…今まで起きたこと全て…今目覚めれば現実に戻れるわ」

115:匿名さん:2014/01/01(水) 21:06 ID:uv6

「い…いきなり…何?」と私は言った

116:匿名さん:2014/01/01(水) 21:08 ID:uv6

「いろりは、悪魔に呪われているのよ」

117:匿名さん:2014/01/01(水) 21:08 ID:uv6

私は訳がわからなかった

118:匿名さん:2014/01/01(水) 21:10 ID:uv6

すると親友は何かぶつぶつ言い出した

119:匿名さん:2014/01/01(水) 21:11 ID:uv6

すると私は床が抜けて闇へと落ちて行った

120:匿名さん:2014/01/01(水) 21:12 ID:uv6

気が付けばまた布団の中だった

121:匿名さん:2014/01/01(水) 21:13 ID:uv6

これも夢なのかと思うともう、うんざりだ

122:匿名さん:2014/01/01(水) 21:15 ID:uv6

私は顔をつねると痛かった…今度こそ
夢じゃありませんように!と心の中で強く願った

123:ヒヨリ:2014/01/02(木) 08:57 ID:.wQ

リビングに行くとあの彼が来ていた

124: :2014/01/02(木) 14:29 ID:ASo

彼の顔が、いつもと違う気がした。

125: :2014/01/02(木) 14:30 ID:ASo

き、気のせい、だよね?!

126:ヒヨリ:2014/01/02(木) 20:55 ID:.wQ

近くに親友もいた!

127:黒猫P 907:2014/01/03(金) 11:21 ID:PPg

夢喰いバグ来いやあああ!

128:きゅー:2014/01/03(金) 11:28 ID:ESk

と、私はこれは夢であってほしいと思った。

129:ヒヨリ:2014/01/03(金) 19:11 ID:.wQ

てか・・・なんで親友と彼が!?

130:匿名さん:2014/01/03(金) 21:10 ID:uv6

私がなあに?と彼に聞いた

131:匿名さん:2014/01/03(金) 21:12 ID:uv6

「…お前の親友…が…今、病院に運ばれた!」

132:匿名さん:2014/01/03(金) 21:13 ID:uv6

と彼は悲しい顔をして言った

133:匿名さん:2014/01/03(金) 21:15 ID:uv6

そんな顔をしている彼を見て私は彼は私の親友の事が好きなの?と疑ってしまった

134:匿名さん:2014/01/03(金) 21:17 ID:uv6

ううんあれは夢だったのよ!

135:匿名さん:2014/01/03(金) 21:18 ID:uv6

私は迷わず、病院へと走り出した

136:匿名さん:2014/01/03(金) 21:20 ID:uv6

病院へ着くと私は看護師の人に病室を聞いた

137:匿名さん:2014/01/03(金) 21:22 ID:uv6

すみません!130から136のはなかったことにしてください

138:ヒヨリ:2014/01/03(金) 21:22 ID:.wQ

病室を聞くとすぐにその病室に走った

139:ヒヨリ:2014/01/03(金) 21:23 ID:.wQ

あ、はい

140:ヒヨリ:2014/01/03(金) 21:23 ID:.wQ

131です

どうしたの?と聞いた

141:匿名さん:2014/01/03(金) 21:24 ID:uv6

126の続きです
親友はニコリとも笑いはせず言った

142:匿名さん:2014/01/03(金) 21:26 ID:uv6

「…あの…」

143:ヒヨリ:2014/01/04(土) 08:01 ID:.wQ

「この家に居候していい?」

144:ヒヨリ:2014/01/04(土) 16:33 ID:.wQ

は?

145:グレートシング:2014/01/06(月) 17:57 ID:zkg

私は親友に向かってMC51を発砲した

146:黒猫P 907:2014/01/06(月) 18:47 ID:PPg

すごい速さで避けた

147:匿名さん:2014/01/06(月) 19:27 ID:uv6

「お願いします子供が腹にいるの…
親にもいえねーの」

148:匿名さん:2014/01/06(月) 19:27 ID:uv6

ざけんなよ!誰のガキだよ

149:匿名さん:2014/01/06(月) 19:31 ID:uv6

「いくら親友でも無理なんだよ!!他あたりな!」

150:匿名さん:2014/01/06(月) 19:32 ID:uv6

と親友を追い出した

151:ヒヨリ:2014/01/06(月) 19:53 ID:.wQ

ドアの向こうから叫び声が

152:雪:2014/01/06(月) 20:27 ID:hw2

キャーキャー

153:雪:2014/01/06(月) 20:28 ID:hw2

キャーキャー!(。-_-。)

154:ヒヨリ:2014/01/06(月) 20:47 ID:.wQ

「どうしたの?」がちゃ

155:茶眼鏡:2014/01/06(月) 21:01 ID:WMk

ドアを開けようとした瞬間

156:ヒヨリ:2014/01/06(月) 21:17 ID:.wQ

誰かに止められた

157:黒猫P 907:2014/01/06(月) 21:49 ID:PPg

私好みの紳士がいた

158:ヒヨリ:2014/01/07(火) 15:25 ID:.wQ

きゅん・・・「な、なんですか?」

159:雪:2014/01/07(火) 16:40 ID:bq2

だ、ダメだ。
今は、開けてはいけない。…
君は、親友を助けたいんだろう??

160:ヒヨリ:2014/01/07(火) 16:49 ID:.wQ

は、はい

161:茶眼鏡:2014/01/07(火) 21:48 ID:WMk

裏のドアからでれば君と親友は元の世界に戻れるから!

162:文乃:2014/01/07(火) 22:22 ID:X/s

「ぇ……?」

163:雪:2014/01/07(火) 22:39 ID:drY

裏にドアあったんかいヽ(´o`;
私は、心のなかで、はげしくつっこんだ!

164:ヒヨリ:2014/01/08(水) 21:04 ID:.wQ

「あ、はい行ってみます」

165:雪:2014/01/08(水) 21:26 ID:tyg

気をつけてな。
ところで、僕が誰だが分からないかい?
ぼくは、君を、よく知っているよ。

166:ヒヨリ:2014/01/09(木) 06:58 ID:.wQ

「え?・・・誰ですか?」

167:匿名さん:2014/01/09(木) 07:54 ID:T7A

「「何だかんだと聞かれれば!答えてあげるが世の情け!」」

168:黒猫P 907:2014/01/09(木) 13:19 ID:PPg

紳士らしくなくなってきた・・

169:雪:2014/01/09(木) 15:14 ID:.zM

えっ?

心の声
何この人?
私好みだけど

170:ヒヨリ:2014/01/09(木) 20:33 ID:.wQ

「え・・・・えと・・・」困りながら

171:茶眼鏡:2014/01/10(金) 19:18 ID:WMk

裏のドアの方にいく

172:雪:2014/01/10(金) 19:23 ID:74o

ガチャ

173:雪:2014/01/10(金) 19:25 ID:74o

すると、紳士は、私に声をかけた。

174:ヒヨリ:2014/01/10(金) 19:51 ID:.wQ

「本当に行くのかい?」

175:黒猫P 907:2014/01/10(金) 21:13 ID:PPg

「ハイ」

176:ヒヨリ:2014/01/10(金) 21:22 ID:.wQ

「なら、気をつけてね・・・自分を見失わないように」

177:匿名さん:2014/01/13(月) 14:13 ID:zkg

扉を開くと、眩い光が視界を埋め尽くした

178:黒猫P 907:2014/01/14(火) 20:39 ID:PPg

私はサングラスをつけた

179:ヒヨリ:2014/01/14(火) 21:02 ID:.wQ

でも、その光に覚えがあった

180:匿名さん:2014/01/19(日) 13:20 ID:zkg

ピカドンの光だった

181:& ◆kFuU &:2014/01/19(日) 17:36 ID:F1Y

親友のお母さんの顔は、ひどくやつれていた。

182:阿部海月 &:2014/01/19(日) 17:40 ID:F1Y

ごめんなさい間違いです。

「何この光!だんだんちから・・・・が・・抜け・・・・・・て・・・・・・」

183:ヒヨリ:2014/01/19(日) 21:17 ID:.wQ

バタッ

184:Romia ◆OYA2:2014/01/19(日) 21:23 ID:APM

頭が……痛……い……

185:ヒヨリ:2014/01/19(日) 21:27 ID:.wQ

「大丈夫?」

186:雪:2014/01/19(日) 23:00 ID:GBM

紳士、再登場

187:阿部海月 &:2014/01/20(月) 16:25 ID:F1Y

でもなんか・・・・・・さっきとは違うような・・・・・・

188:雪:2014/01/20(月) 19:15 ID:Zkg

そこにいたのは、紳士の双子の弟だった。

189:ヒヨリ:2014/01/20(月) 19:48 ID:.wQ

「僕の名前はコアラさ」

190:阿部海月 闇の魂:2014/01/20(月) 20:35 ID:F1Y

「コアラッ!?」

191:ヒヨリ:2014/01/20(月) 20:47 ID:.wQ

「そうだよ」

192:雪:2014/01/20(月) 23:26 ID:flg

こら、困らせるんじゃない。コアラ。
さっきの紳士が、やってきた。二人並ぶと、どっちがどっちかわからない。

193:ヒヨリ :2014/01/21(火) 19:53 ID:.wQ

「うぅ・・・ごめんなさい・・・キリン兄さん・・・」

194:黒猫P 907:2014/01/22(水) 16:35 ID:PPg

弟かわゆすww

195:ヒヨリ:2014/01/22(水) 21:12 ID:.wQ

「あ、言ってなかったよね。僕の名前はキリン。」

196:Romia ◆OYA2:2014/01/22(水) 21:59 ID:APM

キッ……キリン……!?

197:雪:2014/01/22(水) 22:20 ID:MvM

コッ、コアラと、キリンだとぅ!(゚Д゚)

198:ヒヨリ:2014/01/23(木) 19:48 ID:.wQ

「変な名前だよね・・・」

199:阿部海月 闇の魂:2014/01/23(木) 20:36 ID:F1Y

「何か? 」

200:雪:2014/01/25(土) 18:31 ID:KOg

まっ、またあいましたね。苦笑い

201:匿名さん:2014/01/27(月) 16:25 ID:zXg

そして私は二人に平手打ちを喰らわした

202:Mizuki:2014/01/27(月) 17:00 ID:HoM

「った〜!!何すんだよ。てめえ」

203:阿部海月 &:2014/01/27(月) 17:03 ID:F1Y

「まあまあコアラ、ここはボクに任せて」

204:Mizuki:2014/01/27(月) 17:38 ID:HoM

紳士的なイメージだったコアラ君が不良に………!!!!!!!!!!!

205:黒猫P 907:2014/01/27(月) 20:20 ID:PPg

そんなところに巫女登場!

206:ヒヨリ:2014/01/27(月) 21:51 ID:.wQ

「何してるんですか?」

207:Romia ◆OYA2:2014/01/27(月) 23:14 ID:APM

「………アンタ、誰」

208:Romia ◆OYA2:2014/01/27(月) 23:15 ID:APM

私には、ただの不審なコスプレイヤーにしか見えないんだが。←

209:Romia ◆OYA2:2014/01/27(月) 23:16 ID:APM

「え?誰だって?それはーーーーーー」

210:匿名さん:2014/01/31(金) 21:13 ID:tr6

ぇ?なに?聞こえない……

211:ヒヨリ:2014/02/01(土) 21:57 ID:.wQ

「パンダだ」

212:雪:2014/02/02(日) 15:30 ID:/fM

ぱ、ぱ、ぱ、パンダだとぅ!

213:愛にゃン:2014/02/02(日) 18:20 ID:.wQ

「そうだ」

214:雪:2014/02/02(日) 19:32 ID:VHA

巫女の格好してるのに、パンダ?
ここで会った人、みんな、なんか惜しい。

215:日陰:2014/02/02(日) 21:06 ID:.wQ

「お前・・・今、みんな、なんか惜しいって
思わなかったか?

216:↑↑:2014/02/03(月) 18:06 ID:uv6

「ううん思わない」

217:真田 粉萌:2014/02/04(火) 20:57 ID:.wQ

「そ・・・そうか?」

218:黒猫P 907:2014/02/04(火) 21:13 ID:PPg

「とりあえず、コアラ君を元に戻して!」

219:ヒヨリ:2014/02/05(水) 21:26 ID:.wQ

「ガッテン承知の助!!!」

220:雪:2014/02/08(土) 18:52 ID:8Ko

ギャグが、私のお母さんと同じだ。
一体、何歳なんだろう。

221:黒猫P 907:2014/02/09(日) 20:24 ID:PPg

「アー、金は?」

222:阿部白海月 闇の魂:2014/02/10(月) 19:53 ID:F1Y

「はぁ!?金とるの!? 」

223:mizuki:2014/02/11(火) 14:55 ID:EEY

「取るに決まってんじゃねぇか…あんた、この俺にタダ働きさせるつもりだったわけ!?ありえねぇ…!」

224:黒猫P 907:2014/02/11(火) 15:05 ID:PPg

「ハイ五百円。」

225:ヒヨリ:2014/02/12(水) 17:03 ID:.wQ

「安!?」

226:雪:2014/02/12(水) 21:11 ID:Q.w

ご、五百円でいいの?
本気で!

227:あお:2014/02/13(木) 00:07 ID:reU

「あんたの信用度は低い!!…と見せかけてのーー?」

228:ヒヨリ:2014/02/13(木) 16:09 ID:.wQ

は?何言ってんの?

229:エレン:2014/02/13(木) 19:49 ID:/v2

頭大丈夫?

230:真田 粉萌:2014/02/13(木) 21:32 ID:.wQ

ま、ここは・・・去ろう

231:黒猫P 907:2014/02/15(土) 12:57 ID:PPg

「しょうがねえな、やってやろう」

232:雪:2014/02/15(土) 15:52 ID:nZM

あっ、やっと、やる気になったか。wwwwwwwwwwwwwww

233:真田 粉萌:2014/02/15(土) 17:14 ID:.wQ

「って・・・やるわけねぇだろ?」

234:雪:2014/02/15(土) 19:30 ID:Irk

あぁん(♯`∧´)
フザケテンジャネーゾ
お前のせいで、私ぃ、激おこぷんぷん丸だぞっ!

235:もみじ:2014/02/15(土) 20:09 ID:64Y

「わりぃわりぃ、嘘だよ」

236:阿部黒海月 ◆JD0k 南無阿弥陀仏:2014/02/15(土) 20:27 ID:F1Y

「あなたってS? 」

237:ヒヨリ:2014/02/15(土) 20:49 ID:.wQ

「あぁ・・・ドSだっ☆」

238:松岡 凛:2014/02/15(土) 20:56 ID:o4o

「私はMよ」

239:ヒヨリ:2014/02/15(土) 21:28 ID:.wQ

「は・・・そうかよ・・・じゃな☆」

240:エレン:2014/02/15(土) 22:12 ID:jG2

「また会いましょう」

241:真田 粉萌:2014/02/16(日) 09:22 ID:.wQ

「おぅ!・・・やるよ・・・これ」

242:雪:2014/02/16(日) 11:48 ID:v5c

なっ、なにこれ?

243:ヒヨリ:2014/02/16(日) 13:57 ID:.wQ

「チョコだよ・・・」

244:もみじ:2014/02/16(日) 16:24 ID:64Y

「チョコの入浴剤っていったほうがいいかな・・・湯煎したチョコがまんま入っているんだよ」

245:阿部黒海月 ◆x97c 南無阿弥陀仏:2014/02/16(日) 16:26 ID:F1Y

「うわ」

246:ヒヨリ:2014/02/16(日) 16:29 ID:.wQ

「あ、ありがたく貰えよな!」

247:もみじ:2014/02/16(日) 16:37 ID:64Y

「たべていいの^p^?」

248:雪:2014/02/16(日) 16:38 ID:X9A

ていうか、コアラくんどうしたんだよ。
もとにもどしてよ!
あと、不審なコスプレイヤーの、パンダちゃんどこ行ったんだよ。

249:ヒヨリ:2014/02/16(日) 17:06 ID:.wQ

「食べれるんなら・・・コアラとパンダは銭湯に言ったぜ」

250:こここ:2014/02/17(月) 17:07 ID:A1.

「なにそれ!」

251:めこ:2014/02/17(月) 17:08 ID:A1.

「なにそれは、なにそれ」

252:こここ:2014/02/17(月) 17:08 ID:A1.

おかしいよね!? ここにいる人たちおかしいよ!!

253:雪:2014/02/17(月) 18:01 ID:hSE

あー、知らなかったのかよ。

254:真田 粉萌:2014/02/17(月) 20:04 ID:.wQ

そうだよ!・・・悪い!?

255:みみ:2014/02/17(月) 22:03 ID:A1.

いやー悪いちゅーか、絡んできたんだからわかろうぜ。

256:雪:2014/02/20(木) 21:43 ID:Gz2

だって、私、馬鹿だから全くわからなかった!www

257:みみ:2014/02/21(金) 19:29 ID:A1.

ひどいぜ・・・! おい、コアラ!逃げようぜ!

258:ヒヨリ :2014/02/21(金) 20:40 ID:.wQ

「いやだ!」

259:黒猫P 907:2014/02/21(金) 23:26 ID:PPg

私は爆弾を投げた

260:雪:2014/02/21(金) 23:31 ID:B3Q

すると、パンダちゃんに当たった。

261:ヒヨリ:2014/02/22(土) 11:12 ID:.wQ

「うわわわわわ・・・・危ないなぁもう!」

262:みみ:2014/02/22(土) 22:37 ID:A1.

ぱんだとこあらはそのまま無意識にトイレに逃げ込んだ

263:雪:2014/02/23(日) 15:57 ID:c52

なんと、そこは、女子トイレだった。

264:モエ:2014/02/24(月) 16:06 ID:A1.

悲惨な叫びが聞こえ、ぼこぼこにされてから出てきた。

265:黒猫P 907:2014/02/24(月) 21:16 ID:PPg

そして、猫耳メイド服を着ていた

266:ヒヨリ:2014/02/24(月) 21:24 ID:.wQ

「あら〜どうしちゃったの?」

267:はる:2014/02/24(月) 21:57 ID:pBA

「見て分かんないの??」

268:雪:2014/02/24(月) 22:38 ID:bhE

なんて、行ってる割に、けっこーにあっていた。

269:mina:2014/02/25(火) 01:04 ID:chc

「意外と似合うなぁ」

270:Siki ◆JfuU:2014/02/25(火) 07:02 ID:APM

女装とかww似合ってるけどw

271:モエ:2014/03/01(土) 12:50 ID:A1.

「俺、今度手術して、女子になろっかなー♪」

272:匿名さん:2014/03/01(土) 14:45 ID:WOA

「頭大丈夫?」

273:黒猫P 907:2014/03/01(土) 21:05 ID:PPg

精神分析(物理)という事で殴った

274:& ◆WVOE:2014/03/01(土) 23:29 ID:1RU

いてっwww

275:mizuki:2014/03/02(日) 22:19 ID:ZAw

キモい

276:匿名さん:2014/03/06(木) 18:18 ID:zkg

そこに水爆が投下され

277:モエ:2014/03/06(木) 20:02 ID:10Q

ぐしゃ となった。

278:hbv:2014/03/06(木) 22:36 ID:WOA

わお…………←

279:みなこ:2014/03/07(金) 20:23 ID:10Q

「やばくない!?」

280:黒猫P 907:2014/03/07(金) 23:29 ID:PPg

「二―ハおっ、コアラだよ♪」

281:ヒヨリ アヤノ:2014/03/08(土) 09:29 ID:.wQ

「コッアラはね〜」

282:モエ:2014/03/09(日) 12:48 ID:10Q

「あっほなんだよ〜」

283:桜香:2014/03/10(月) 17:13 ID:.3E

「アホだったの〜意外〜」

284:モエ:2014/03/10(月) 18:25 ID:10Q

「え、見た目からそう見えない?」

285:& ◆MJIo:2014/03/10(月) 19:03 ID:k1I

あれ?コアラの顔がだんだん、へのへのもへじに見えてきた

286:雪:2014/03/10(月) 19:41 ID:1Cs

すると、かかしの、かーくんがあらわれた。

287:ノラ:2014/03/30(日) 15:22 ID:WPY

「今から夢の国に行くよ!準備して!」

288:匿名さん:2014/03/30(日) 18:02 ID:nAE

「ゆ、夢の国!?私、お金の国がいい!」

289:里細菌:2014/03/30(日) 19:36 ID:Fqw

いつものように散歩コースでお金をねだる。

290:モエ:2014/03/30(日) 19:39 ID:gw2

「ねえねえ、99億ちょーだい♪」

291:ヒヨリ:2014/03/30(日) 19:40 ID:Ay.

「誰がやるかよ・・・」

292: ◆EY:2014/03/30(日) 21:24 ID:WOA

「仕方ないなーっ、なら100億でいいよ?」

293:燐祢 ◆y6:2014/03/30(日) 22:20 ID:APM

何こいつ、頭おかしいよ……。

294:匿名さん:2014/03/30(日) 22:42 ID:uU2

なんか頭が…右目が疼く………っ!?

295:雪:2014/04/05(土) 13:37 ID:zMw

てれれてってれー♪

296:江蓮:2014/04/06(日) 10:04 ID:bUM

厨二病…

297:匿名さん:2014/04/09(水) 20:38 ID:Ay.

うあああああああああああああ

298:※&※:2014/04/09(水) 22:00 ID:yZ.

その時自分は、気を失ってしまった。

299:匿名さん:2014/04/15(火) 18:35 ID:WPY

気づくと猫になっていた

300:q¢:2014/04/20(日) 07:27 ID:zkE

どっかのガキが私を家に入れていたけ

301:匿名さん:2014/04/23(水) 21:07 ID:xaw

家を飛び出して夕日に向かって走った

302:梅シロップ:2014/04/27(日) 21:49 ID:J4s

さぁ!いくぞ!宇宙の果てまでも!(中二病っぽくww)

303:雪:2014/04/27(日) 22:46 ID:wZ.

たったったったったっ

304:MIYABI:2014/04/27(日) 23:02 ID:/Y2

なぜか少し足が浮いた気がした

305:U◆R.:2014/04/28(月) 06:56 ID:23U

しっ、漆黒の…双翼……ッ!?

306:MIYABI:2014/04/28(月) 21:54 ID:/Y2

かと思って見てみると、大空を飛んでいた!?!?

307:U◆R.:2014/04/28(月) 23:21 ID:23U

おお…おお…! ひ、人が蟻のようだ!!

308:MIYABI:2014/06/02(月) 20:48 ID:/Y2

そのまま宇宙まで飛んでいった!

309:MIYABI:2014/06/28(土) 10:41 ID:/Y2

「いろりちゃーん!!」
誰かの声がする?

310:小説@1,200円(税別):2014/06/28(土) 11:47 ID:d02

「えっ誰ですか。」と言いたくなる程のひどい顔でした。どんな顔だったと思う?


書き込む 最新10 サイトマップ