悪役 と ヒロイン

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:煮物 ◆KOSA:2013/12/22(日) 11:47 ID:.O6

ども、おはこんばんにちわー
駄作者の煮物です。
まぁこれからぼちぼち更新していきたいと思います。

主人公1
葉月 徹 (Hazuki tour)
公立中学に通う中2男子
性格は積極的で明るい、しかし冷静になれるときは
冷静になり客観的に物事を見つめられる。
まぁ中2ですしそーゆー卑猥なことも興味あるタイプ
不幸体質とギャルゲー体質を患っている。カワイソス←

容姿は濃い青の髪の毛にまるい大きめな目で世に言う
甘い顔のイケメンさん(中の上か上の下)
主人公2のことを無意識に目で追っていることに
気づいて!ねぇ気づいて!!


主人公2
小林 陽子 (Kobayasi youko)
公立中学に通う中2女子
性格は勝ち気で高飛車。常にムスッとしてらっしゃる。
徹底的なまでのリアリスト。
ただ情で動かされることも多々あり。
ヒーローとしての活動をしているがどうみても悪役です。本当にあり((ry

容姿は赤い髪の毛のツインテに猫目。
目の下のクマを無くしたら(多分)可愛い方
主人公1は恩人兼囮役位にしかまだ思っていない。


世界観
20××年日本は異常発生する怪物に手を焼いていた。
対策を案じていたところ「魔力」といわれる
怪物に対抗できる新エネルギーを発見。
そうして発足されたのがヒーロー会という。
「魔力」は一般人にも宿っており、命のある種の形である。
怪物はそれを糧にして生きていく……らしい。

ヒーローとは魔力の高いor戦闘力が高い奴等のことを指す。
まぁ魔力はトンデモエネルギーなため上手く使えば
怪物を倒すことなんて造作ない……はず。
魔力には個人差があり前世や運が絡んでくる。

ちなみに主人公2は魔力は平均以下。
努力して頑張ってます。
主人公1はうん……本編でも書きますが
完璧才能型です。

2:みゆ♪:2013/12/24(火) 16:46 ID:oi6

頑張って下さい!

3:煮物 ◆KOSA:2013/12/24(火) 23:14 ID:.O6

>>みゆ♪様 コメントありがとうございます!
      ぼちぼち更新していきますね。

4:煮物 ◆KOSA:2013/12/24(火) 23:36 ID:.O6

【主人公1視点】
キーンコーンカーンコーン……となるチャイムを俺は
聞き流しつつ、下校の準備を始めた。
四時間授業の今日は給食もなく、このまま下校だ。
そういや、昼ご飯……と別のところに意識を飛ばしていた
俺は友人の二度目の声かけで気づいた。

「おい、葉月。一緒に帰ろうぜ?」
こいつはクラスでも(多分)仲のいい方の友人。
遠山光太(Touyama Kouta)だ。まぁ適当に話す程度の
仲でしかないけども。
というより俺はこのクラスに置いて
結構いいポジションにいる気がする。別に恨みとかもこないし。
結構色んなやつと広く、浅く関わっているって感じなのだろう。

つまり何が言いたいって?

別にこの日常に不満は抱いていない。
それだけだった。



(でも、彼奴みたいになれたらな、って思った。そう、それが始まり)



『あぁ、帰るか。そういやお前今日の午後遊べーーーーーーーーーーーーーーーーー

ドゴォオオォォオオン、と音がツンザク悲鳴と共に聞こえた。
(…………は?)
頭が回って、理解した時には。

どうやら目の前に怪物が、いまして。

その怪物はかなりグロデスクだった。目や鼻、口が
バラバラに無数についていてうわ言のように
「あ¨ぁあ¨だずげ」「ごろ“しで……」聞きたくない声が

情けなく、いや多分普通だろうが俺ら二人は咄嗟に
「……うわあぁああぁあぁぁ!?」と叫んで

ああもう駄目だ母さんさよなら父さんの背中憧れてたよ姉さんは喧嘩ばっか
だけども大切に思ってたあああああああああああ

とか走馬灯の様に考えちゃう位には俺は死ぬことを悟っていた

腰が抜けて動けない二人を品定めするように眺めーーーー
あええ俺から先に食べるんすかあああ死にたくなあい
怪物は無数の口の一つをパックリあけてきt ……


書き込む 最新10 サイトマップ