いつも笑って

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:絵里架:2013/12/22(日) 21:47 ID:PWM

〜登場人物紹介T〜

齋藤 百花 〔さいとう ももか〕
中学1年生。美人顔だからとってもモテる。
頭は学年1位で良い。先生、友達、親から信頼されている。

佐方 尚樹 〔さかた なおき〕
百花と同じ中学1年生。ヤンチャで先生からよく
指導を受ける。頭はかなりバカ。百花と幼馴染み。

木野村 哲 〔きのむら さとし〕
百花と同じ中学1年生。百花の次に頭が良い。
スポーツは少し苦手。走るのは大の苦手。

2:絵里架:2013/12/22(日) 21:57 ID:PWM

〜第1話〜


――入学式の日の朝

百花「…入学式か」
尚樹「百花っ!はよ。同じクラスだといいな」
百花「そぉだね!!」

私は尚くんのコトが好き。
尚くんはなぜか私だけに優しい。
前に聞いたことがあった。
何で私だけに優しいの?って、そしたら答えは
尚樹「…俺、百花のコト、好きだから」
百花「尚くん…それって…?」
尚樹「えっ、あぁゴメン。さっきの忘れて?」

3:絵里架:2013/12/23(月) 09:50 ID:PWM

「好き」
尚くんはたしかにそう言った。
その時はすっごくうれしかった。
けど、もしあの時付き合っていたら、
と思うと、怖くなる

4:絵里架:2013/12/23(月) 13:57 ID:PWM

〜第2話〜


哲 「…百っ!!」
百花「あれれ〜?哲くん。どぉしたの?」
哲 「ひどいなぁ。俺もココの中学だぞ!」
百花「えっ、そーなの?違う中学行くって言わなかったっけ?」
哲 「それはウソ」
百花「う、ウソぉ!?…サイテー」
私たちが楽しそうに話していると、後ろから、
百花、と声がした

5:絵里架:2013/12/25(水) 14:14 ID:PWM

百花「あっ、尚くん♪」
尚樹「おぅ…てか、何で哲がいんだ?」
哲 「全くキミ等はヒドイなぁ…俺、いちゃダメなの?」
百花「そんなコトは言ってないわよ!!…でも、何でウソ言ったの?」
哲 「…ナイショ☆」

哲くんは少し苦手なタイプかも


書き込む 最新10 サイトマップ