マンション生活、はじめます。

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:桜 ◆Iuwo:2013/12/28(土) 08:45 ID:Vt2



ここは、能力を持ったものが住まう、



不思議なマンション______


▼主な登場人物

宍戸 桜 *sisido sakura*
人の心の中を見る能力を持つ
高校一年生

桜木 凉 *sakuragi ryou*
人の能力を使うことができる能力を持つ
高校一年生

一ノ瀬 レナ *itinose rena*
自分の姿を消す能力を持つ
中学二年生

朝比奈 響希 *asahina hibiki*
相手の動きを止める能力を持つ
小学六年生

芳美 梨恵 *yosimi rie*
色々なものに化けることができる能力を持つ
高校一年生

▼作者挨拶

…こんにちは!!
ずっと頭の中で描いていたストーリーを小説に!!((
ほのぼの日常系です。
能力関係ないです。
能力意味ありません。
能力ただのネタです…(´・ω・`)

▼他のところでの小説

占いツクールで
とあるマンションに住むことになりました。【名前変換オリジナル】
を書かせていただいてます。
とあるマンションに住むことになりました。
で検索すれば出てくると思うので…はい。
宣伝すみません。

2:桜 ◆Iuwo:2013/12/28(土) 10:09 ID:Vt2

「おお〜!!此処が私が今日から住む家かあ…」

そんなことをいいながら、マンションを見つめる。
今の季節は冬。
ビューっと風が吹いてきて、寒いからと被っていたフードが脱げた。

「さ、寒い…取り合えずお邪魔させていただきますっ!」

マンション内に入ると…入口には誰もいなかった。

「誰もいないのか…さて、荷物を運びましょ、っと」

そういって荷物を持ち上げたが、重くてすぐに座ってしまった。
その時、後ろから声がした。

「…なにしてんの?」

後ろを振り向くと、小学生…くらいの男の子がいた。

「あ、ちょうど良かった!!ね、君さ、荷物運ぶの手伝ってくれない?」

男の子は、「んー…」と数秒間考えると、すぐに答えを出した。
「嫌だ」…と。

「ま、あ、それはそうだよね!!じゃあっ!」

そういって、また荷物を持ち上げようとした。
…が、ムリだった。
男の子は、そんな私を見て「しょうがないから手伝ってあげるよ」と言った。

3:桜 ◆Iuwo:2013/12/28(土) 10:22 ID:Vt2

「ありがとう!ごめんね、手伝わせちゃって…」

男の子のおかげで、全ての荷物が運び終わった。

「じゃあ、何かおごって」
「…それ、ちょっと何か違うよ。ま、行こう!」
「何処に」

男の子の言葉を無視し、外に出る。
さて、何処に行こうか…
この辺りは知らないので、ぐるぐると色々なところをまわってみる。
すると、カラオケが見つかった。

「カラオケでいい?よしっ、行こ!」

男の子の手を無理矢理引っ張り、カラオケ店へ入っていく。

「ねぇ、僕歌わないんだけど」
「いいからいいからっ!」

4:桜 ◆Iuwo:2013/12/28(土) 11:11 ID:Vt2

部屋に入ると、すぐさま歌いたい曲を転送する。

「ねぇ、今思ったけどさ…」
「ん?なに?」
「これって『誘拐』だよね」

男の子がそういうと同時に、テレビの画面には『ヘッドフォンアクター』と曲名が出ていた。

【何故ヘッドフォンアクターにしたんだろ…(´・ω・`)w】

「君も歌お…ぎゃあっ!!始まってる!」

5:桜 ◆Iuwo:2013/12/28(土) 11:17 ID:Vt2

始まっているのに気付いた私はすぐ歌い始める。
歌ったのは久しぶりだった。

「不明なアーティスト項目の…」

そこで私は男の子が歌っていないのに気付いた。
そして、「君も歌って!」と声をかけるが、無視された。

「だってこの曲知らないし」

…と少年が言った。

「じゃあ君の知ってる曲…「帰っていい?」

6:桜 ◆Iuwo:2013/12/28(土) 11:32 ID:Vt2

▼桜コメ(´・ω・`)ノ

なんか…他の人出してませんねw
桜ちゃんの髪型は左右横縛りパッツンです((←
ヒビくん黒髪だすw
ヘッドフォンアクターは気にしないでくだせえ
桜ちゃん達からのコメントを↓w

▼キャラコメ`・ω・´

桜「いえいっ!初のキャラコメ!」
響「煩いんだけど」
桜「…ごめんなさい」
レ「私達出てないわね…」
凉「作者最低だな」
梨「ほーんと、最低!」
作「…すみません」

7:桜 ◆Iuwo:2013/12/29(日) 19:12 ID:Vt2

「ダメ」
「なんで」

それを無視し、私は歌い続ける。
それから、『コネクト』『チルドレンレコード』『太陽曰く燃えよカオス』等々…
色々歌い、大満足でカラオケ店を出た。

「…あ、君、名前」
「朝比奈響希」

そういって、男の子は帰ろうとした。
それを「ダメ!」と言い止める。

8: ◆Iuwo:2013/12/30(月) 10:41 ID:Vt2

「帰りたいんだけど」

ここまで言われてしまうと、自分でも誘拐している気分になる。

「…そうだね。もう、帰ろうか」

そういって私は笑うと、男の子の手を引いて歩き始めた。
…が。

「…あ、あれ、ここどこ?」

…歩くこと15分。
行く時は、すぐに着いたのにもう15分も歩いている。
男の子は隣で呆れ顔をしていた。

「…なんで迷ってんの。此処まで連れて来たんだから、責任持って戻ってよ」

9:桜 ◆Iuwo:2013/12/30(月) 11:50 ID:Vt2

-響希side-

「そんなこと、言われたって、ここ来たの、初めてだし、さ…」

"ウザイ人"はそう言った。
僕も知っている範囲なら許す、が。
こんなところ僕も知らない
どうやって辿り着いたのかも知りたい位だ。

「あ、れ、響希くん…?!」

そういったのは____
芳美さんだった。

「なんで、響希くんが此処に?!此処、マンションから遠いよ…?!」

10:桜 ◆Iuwo:2013/12/30(月) 12:06 ID:Vt2

▼みんなの性格&髪型紹介っ`・ω・´

桜ちゃん((←
超元気っ子.あてにされたい派
…だが、ドジなものでいつもなにか失敗する
たまーに天然.響希くん曰く「ウザイ人」
髪型は…黒髪パッツン左右横縛り

響希くん
クール…なのか…?!(((°д° ))))
作者にもわからない性格
ただ.ツンデレではない
毒舌なのも照れ隠しとかそうゆーのではない
…黒髪

梨恵ちゃん
>>9に少しだけ登場
人見知り。知り合い意外とは話さない
髪の毛は水色で肩くらいまで((作者これ大好き

レナっち
クール.みんなをまとめる役
クーデレではない.デレが一切ない
紫ツインテ((←

凉くん
不良感を出させるような…性格?
自分では悪いやつだと思っているらしい((先生に一度呼び出されたことから
なので、もういっそ悪いやつでいいんじゃないか、と思うようになる←
だが、周りからすれば、ひたすら優しいと見られている
前髪上げか、ピンで止めるか。
髪の毛の色は茶色。


書き込む 最新10 サイトマップ