春の日には、君の笑顔が咲くでしょう。

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:Rika ◆OYA2:2013/12/29(日) 23:56 ID:APM




「大好きやっ……」




今まで何回も恋愛した。ほとんど片想いで終わってしまったけれど。


あぁ、これじゃあ恋愛と呼べないな、と一人で納得する。





それに、うちの恋した相手は何時もろくでもない奴ばっかりで。

浮気野郎に、DV野郎。
付き合わなくて良かった、そんな相手ばっかり。


付き合った人もいたけど、全部、全部、金目当てだった。




「ほんっと……男運無さすぎやろ……うち」

中学に入って封印していた関西弁が溢れてしまうほど、それほど悲しかったんやと思う。
思い出すと、今でも関西弁が溢れてまう。



でも、君だけはちごうた。

なんでも、うちの悪いとこ、全部長所に変えてくれてん。


封印していた、好きじゃなかった関西弁さえも、可愛いゆうてくれて。



大好きや。ずっと。大好きやで。
例え、この思いが伝わらなくても。


書き込む 最新10 サイトマップ