大好きだけど。。。第1話

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:梨花:2013/12/30(月) 22:21 ID:.uo

(ばいばい。まだ大好きだけど、もう諦めるよ。)
健太の背中が離れていく。。。これはしょうがないけど、私が言いだした事だけど涙が止まらない。。。
======================================================================
私と健太の出会いは中学1年の入学式。新しい制服。新しい校舎。新しいクラスメイト。何もかもが新しい。私はこの時運命的な出会いをした。

4月
入学式が終わって初めての授業。緊張MAX。まずは先生が自己紹介をした。
「みなさん。初めましてこんにちは。田中直也と言います。これから1年間宜しく!」
先生は30代ぐらいの結構イケメンで先輩たちの噂ではおもしろいらしい。
「まずは、全員自己紹介をするぞー。じゃあ出席番号1番から。」
「初めまして。井上愛です。宜しくお願いします」
メガネをかけていて学級委員さんっぽいな。
2番3番4番5番。。。。とどんどん自己紹介をしていく。私の番号は20番まだまだだぁと思っていたら私の前の席。つまり19番の人が自己紹介を始めた。
「俺の名前は石井健太です。宜しくお願いします」
わぉ結構イケメン。タイプかもって見とれてると
「おい!20番」
あっ忘れてた。立とうと思ったら筆箱がガッシャーン落ちちゃった。恥ずかしくて顔が絶対真っ赤だぁ
「大丈夫か」
「はい。大丈夫です。」
失敗してしまったぁ絶対みんなに引かれてるわ。ぱっぱと筆箱に物を入れてもう1回立つ。深呼吸をして
「初めまして。新垣あおいです。宜しくお願いします」
言えたー。そしてさっきと同じように21番22番23番と自己紹介を始めた。
そして最後の33番の人の自己紹介が終わったと同時に
「キーンコーンカーンコーンキーンコーンカーンコーン」
チャイムが鳴った。やっと終わった。

チャイムが鳴り終わり先生が
「休み時間にするぞ」
と言った瞬間に私のまわりに女子たちがきた。
「宜しくね。あおいちゃんだよね。ウチは緑。」
などいろんな子たちが話かけてきた。
「うん。宜しくね」
私は戸惑いながらも返事をした。するといきなりこの話題。
「ねぇ前の男子かっこよくない?」
少し声を低めにして言ってきた私も
「うん。そうだね。結構タイプかも」
「だよねーだよねー」
「ウチもウチも」
めちゃくちゃ盛り上がった。

休み時間が終わり今日はもうおしまい。するとある男子が
「雨降ってるやん」
えーと思って窓を見たら、めちゃくちゃ降っていた。やばいよぉ傘ないよぉって思っていたら先生が
「学校から傘借りれるから、持ってきてない子は借りてかいり」
よかったぁそして先生の話しが終わり初日の授業は終わった瞬間みんな奪取で傘を借りに言ってる。えーーと思ったけど行けるかぁと思ってゆっくり歩いてい
って着いたら、もう傘がない。。。どうしようって思ったけどもうしょうがない。走って帰ろうっと思って下駄箱に行った。
「はぁー」
やっぱりめちゃくちゃ降っている。明日学校休むかも。って思っていると後ろから人が。。。振り向くとあの出席番号19番。えっと石井って言う子だ。
石井はさっと折りたたみ傘をだした。私はつい目でおっちゃた。すると石井は気づいたみたいで
「傘ないん?」
って聞いてきた。
「うん。借りようと思ったけど。もうなくなってて」
私は少し笑った。すると
「じゃあ一緒に帰るか?」
えっもしかして顔をにやけながら
「いいの。いいならうん。帰ろう」
そしたらなんとあの、相合い傘をしたんだよ。夢みたい。
いろんな話をして家まで送ってくれて。もう私幸せ。。。
「じゃあな」
「うん。ばいばい。ありがとう」
あったというまに幸せな時間は消えてしまった。
この後いろんな授業とかもあるけど石井としゃべる事はなかった。

                        明日第2話書きまーす★

2:今回 は2話です。:2013/12/31(火) 11:24 ID:.uo

5月
石井と前後の席なのに全然しゃべていない。今日席替えだというのに。。。

「今から席替えを始めるぞー。くじ義気でいいなぁ」
「はーい。」
いやだなぁ石井と離れるのん。って思っていると、
「あおい。くじ引き行こうよ」
最近、結構仲の良い緑が話しかけてきた。
「うん。行こ!」
少し引きずった笑顔を作った。よぉーし。深呼吸をして。。。くじ引きをしたら番号が13番!
「あおい。何番だったぁ?緑は12番だよ!」
「ウチ13番!」
「藩一緒だよぉ。やったね」
「うん!」
緑と遺書の藩をうれしいけどそれ以上に石井の席が気になる。まぁ後で分かるか。
「よし。みんな引いたな。じゃあその場所に移動しろ」
一斉に移動した。私も行く。席に着いたら緑が
「男子誰だろうね?」
っと聞いてきた。私も気になって仕方がない。男子を見ているとなんと私の隣は。。。。山田って言う子だった。石井じゃなかったんだ。
「よっ宜しくな。俺山田!」
「宜しくね。ウチあおい」
結構おもしろそうじゃん。そして前を見ると石井がいたの。緑と楽しそうに話している。
「あおい。この班結構よくない?」
「そうだね」
「うんうん。可愛い子が二人もいるもんねぇ笑」
「山田ったら」
結構盛り上がっている。この班がきっかけでウチらは放課後も遊ぶようになった。
「ねぇ。山田、あおい、石井」
緑が話しかけてきた。
「どうしたん」
って聞くと
「あのさぁ。最近新しくクレープ屋さんできたやん。そこ今日行かへん?」
「いいよぉ」
「おk」
「いいけど」
そして私を行ってみたかったクレープ屋さんに行ったんだ。
「チョコバナナクレープ4つくださぁい」
みんなで一緒のをたべながらゆっくり帰る
「おいしいね。」
「うんうん」
そしてもう暗くなって解散した。

        次はまた2話の続きを書くね


書き込む 最新10 サイトマップ