happy candy.

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:時乃 ◆0CTM:2014/01/09(木) 19:20 ID:srU

――…その飴を1粒舐めれば、本当の幸せに辿り着けるのよ。









小さい頃、お母さんに貰った飴の袋。

何故か賞味期限は書かれていなくて、
いくら理由を聞いてもお母さんが教えてくれることは無かった。


シンプルな包み紙に包まれたピンク色の飴。

口に入れると、甘くてすっぱいサクランボの味がした。

2:時乃 ◆0CTM:2014/01/09(木) 19:28 ID:srU

「おはよう、お母さん。
 今日から私、高校生になるよ」


そう言った私.佐々木 優(ササキ ユウ)は
にっこり笑うお母さんの写真が飾られた仏壇に手を合わせる。

お母さんは私が小学生の時に病気で亡くなってしまった。

……お母さんは亡くなる前に、
私に飴の袋を持たせてくれた。

本当の幸せに辿り着けるから、って。

だが、未だにその飴は未開封。

お母さんが嘘をつくとは思えない。
だけど、何故か少し怖くて1粒も食べていないのだ。


書き込む 最新10 サイトマップ