恋色。

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:遥:2014/01/25(土) 13:06 ID:llg


登場人物

櫻庭 悠 (サクラバハルカ) ♀
* 高一。極普通の女の子

織戸 翔太 (オリト ショウタ) ♂
* 高一。少々無口だが優しい

白倉 若菜 (シラクラ ワカナ) ♀
* 高一。大雑把で適当な性格


-------------------------------------

もうどうしたら良いか分からない遥ですw

空色はですね…

春だったのに途中から冬になってました…((汗

なので書き直しです…はい。

>>2 序章
>>3 本編スタート

2:遥:2014/01/25(土) 13:16 ID:llg


序章

私は恋色が好き


真っ青な空色より
真っ赤な茜色より
綺麗な虹色より


時に甘く時に苦い
時に美しく時に醜い

そんな色々な感情が交わる恋色が


私は君に出逢って___…
恋色に染まって行ったんだ


黒を混ぜても恋色は変わらない
白を混ぜても恋色は変わらない


黒に染まっても君が恋色に染め直してくれるから


永遠に恋色は消えないんだ
君の存在が有る限り_____…

3:遥:2014/01/25(土) 13:44 ID:llg


君と私が出逢ったのは一年前の出来事


一年前____…




「はぁ…最悪」

私は席に着くなり溜息を付いた


この学校に入学してやっと一ヶ月経った五月

葉っぱが桜色から若葉色に変わり
教室の雰囲気も変わり始める季節

私は一枚の用紙を見つめてまた溜息を付く



「赤点取ったぐらいで気にしない気にしない!」

若菜が私の背中をバシバシ叩いて笑う

この大雑把で口が軽い子は白倉 若菜
私の親友で幼稚園の頃から仲良し
O型だからか知らないけれど…
もの凄い大雑把で超適当!

私が疲れるのは若菜の大雑把さが原因

ああ…頭痛い…



「高校初めてのテストだよ?気にするでしょ!」


私は生まれつき頭が悪い
中学生の頃に徹夜で勉強してもダメだった

だから私が公立高に合格したのは奇跡



「まだ春だし大丈夫だって!」









何…その適当さ…
どうせ夏に赤点取ったら…

「まだ夏だし大丈夫だって!」って言いそう…

それに全然慰めになってないし…
ああ…マジで頭痛いわ…

4:遥:2014/01/25(土) 14:11 ID:llg


「御免。屋上に行って来るわ」

若菜に伝えると綺麗な目が見開いた
まさか…凄い勘違いしてる…?

「も、もしかして…自殺しちゃうの?!」

あー…やっぱり…
てか自殺するなら一々報告しないでしょ!
全く…馬鹿若菜…

皆が此方見てるじゃん


「違うよ!サボりだよ」

慌てて言うと安堵する若菜
なんとか誤解は解いた…


私は頭を抱えながら教室を出る
サボるのは既に私の日課になっている




私はゆっくりと屋上の扉を開けた
ボロい錆び付いた柵に寄り掛かる

私はこうして景色を見るのが好き
教室でも頬杖を付いて外を見ている


しばらくボーッとしていると何か飛んで来た
ん…?

あれは紙飛行機…?
足元に落ちた紙飛行機をサッと拾う


あ…コレ…入学テストの回答用紙?
何処から飛んで来たのかな…?

辺りをキョロキョロ見回すと屋上で誰か寝ていた

…入学テストって事は…同い年だよね
私は近くにある、はしごを上った

そこには黒髪の男子がヘッドホンをして寝ている

捨てたって事は点数悪かったのかも…
ここは点数悪い同士として慰めよう!

5:遥:2014/01/25(土) 14:40 ID:llg



「あ、あのー…」

声を掛けると私の声に気付いたのか目を開けた


「コレ…貴方のですか…?」

捨てたのに返しちゃ悪いけど…
誰かに見られたら嫌じゃないのかな?



「……」

彼は黙ったまま私を見る
…もしかして怒ってる?!
視線が完全に私に向けられている

「ご、御免なさい!勝手に拾って…」
「……別に」

ボソッと呟く彼
良かった…怒ってる風に見えたから…


「て、点数悪くても気にしなくて良いよ?
私も点数悪かったし!」

私は励ます様に言った
すると…



無口だった彼がクスッと微笑んだ
…あ…笑うとこ格好いい…

私が見惚れていると紙飛行機を広げた
それを私に黙って突き出した

…え?見ても良いの?
私が回答用紙を見ると…




途端に私の顔が引きつった
悪いと思ってた彼の点数は…



100点だった…


名前の欄を見ると織戸 翔太と書いてあった
お、織戸って…

学年トップの人じゃん!



「ご、御免なさい!」
「……別に良い」



ああ…凄い恥ずかしい…
何で気付かなかったのかな…
私はガックリと肩を落とした


書き込む 最新10 サイトマップ