スキなのに〜伝えられないこの気持ち〜

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:はるぱる:2014/01/27(月) 20:48 ID:UpI

私の名前は 長崎遥(ながさき はる)。
普通の小学6年生。

遥香「はるっーー。」

この子は小さい頃からの心友。
 神崎遥香(かんざき はるか)。
心優しい!けど。。男子にぶりっことか言われてる。。。

遥「はるかっー。」

私達はぎゅーーっと抱きついた。

男子「おまえらレズ?笑」

遥「レズじゃないもーーん。男子には分からないのっ。」

遥香「そうでーーす。遥のいうとおりーーっ。」

佑也「朝からうっせーーなー。はるぱるのくせにーー。」

遥「ゆうやーー、口のきき方に気をつけたら?ちょーームカつくーー。」

佑也「うっせーーよーー。」

そう、コイツはちょーーウザイのに。。。。遥香の好きな人。
上地佑也 (うえち ゆうや)。

あっ。ゆうやの言ってたはるぱるが気になる?
はるぱるは私達、遥香&遥のことでーー。
なぜか知らないけど。。。
はるぱるになっちゃったわけでっ。。

遥香「ねぇっ。遥ってゆうやと仲良いよね〜。もしかしてっ・・・・・・。。」

遥「ないないっ。なんで私があんな奴なわけ?(怒)」

遥香「だよねーーっ。遥には俊人のこと一筋だもんねーー。」

そう。私は俊人がいい。俊人っていうのは。。私の彼氏?元彼?な人。

佐和田俊人 (さわだ しゅんと)。
頭はそんなによくないと思うけど、かっこいいし、優しい。私の大好きな人。そう。今もね〜(´▽`)ノ
でも・・。俊人とは違うクラスになってから、全然喋ってない!!!!どーーしよーー。喋りたい!!!!!

遥香「・・るっ。遥!!」

遥「ええっ?」

遥香「大丈夫?」

遥「えっ。うん。」

遥香「また俊人の事考えてたの?隣のクラスなんだし、会いに行けばいいのにっ。」

遥「簡単じゃない!話題はどうなるの?」

遥香「だよねーーっ。」

ドンっっ!!!!!!!!

いったーーーーーーい。
ええええーーーーーーーーーーーっっっ?????

俊人。。。。と佑也。。
えーーーっ。
なんでぶつかってくんの?なんで俊人なの??なんでーーーー????

2:はるぱる:2014/01/27(月) 21:02 ID:UpI

俊人「えっっ?遥!!あっ。。ごめん。」

かっこいい!!

俊人「聞いてる?」

遥「あっ。ごめん。。で?なに??」

俊人「天然だな。」

そう。たまに人をバカにする子供っぽいとこもある。。
名前だって、遥って呼んでくれる事も少ない。。。。。

遥「もうっ。」

佑也「おっ?お前ら付き合えばーっ!!」

遥「ちがうからっ。ぶつかっただけで付き合うとかバカじゃんっ。」

そう。。まだスキなのに。。正直に伝えられない。。。。
だって、俊人には下里朱莉 (しもさと しゅり)。
っていう俊人と同じバスケ部のかわいい子がスキって噂。。

3:はるる:2014/01/28(火) 20:09 ID:dkM

はるるだよぉ♡♡

小説おもしろすぎっ!!これからも必ず書いてねっ♪
毎日見るから♪♪

4:はるぱる:2014/01/28(火) 20:38 ID:UpI

はるるちゃんだぁー。小説読んでるよ!

これからもよろしくお願いしまーーーす!!
頑張って書くよっ(´▽`)ノ

5:はるぱる:2014/01/28(火) 21:22 ID:UpI

俊人「ごめんっ。大丈夫?」

遥「うん。・・・・・。じゃあ行くねっ。」

急いで逃げるように歩いた。

遥香「それでいいの?」

遥「うん。いいのっ。」

遥香「朱莉ちゃんの事があっても・・。大丈夫だよっ。」

そう。遥香の言う朱莉ちゃんは。
下里朱莉(しもさと しゅり)。
俊人と同じバスケ部。可愛いんだけど・・。
女子といると性格がでて怖い・・。
そんな事知らない男子は気が合う朱莉ちゃんにアタック!!
俊人もその中の一人。仲良すぎて、両思いって噂が・・。
朱莉ちゃんも本気だって言ってる・・。
人生ボロボロ・・。

ガラガラ
教室に入り、席についてぼーーっとしてた。

ガラガラ
先生が教室に入ってきた。
先生「はいっ。今から学習発表会についての話をする。1組と合同だから、廊下へ。」

先生の指示のあと、皆で移動した。

先生「これから、学習発表会についての話をする。・・・・・・・・・」

先生の話しも耳に入らないくらいぼーーっとしてた。
今日の私、どうしたんだろ?

頭痛い! 急に痛くなった頭をかかえた。
頭痛い!たーーすーけーてーー。

先生「おいっ。長崎!聞いてるか???」

遥「はっ・・・・・・は・・ぃ。。」

バタン。
倒れてしまった。

6:j あzgbjm:2014/01/28(火) 22:24 ID:qpA



久しぶり

7:はるぱる:2014/01/28(火) 22:29 ID:UpI

しろい・・。
天井?
気づくとそこは・・・・。
保健室?!

遥「えっ。どうやって来たの?」

保健室の先生「あらっ。長崎さん起きた?少し熱。あと貧血で倒れたのよ。もう、俊人君が運んでくれなかったらどうなってたか・・。」

えっ。(;゜ロ゜)。俊人???
ん?聞き間違え??
ううん。間違いない!

遥「えーーーーっ。俊人がっ????うそーーっ。」

保健室の先生「ほらほらっ。騒ぐと熱があがるから!あと、2時間も寝てるから、お母さん呼んだんだけど、遅いわね〜。」

お母さん「はるっ。大丈夫?」

遥「お母さん!」

お母さん「帰るわよ!大丈夫?」

遥「うん。」

あぁーー。なんで帰るの??俊人に会えない・・。
なーーんて考えてると。

遥香「はるーーっ。帰るの?????なんでー。」

遥「熱だって・・。あっ、俊人が運んでくれたんだよね〜(-ω-;)」

遥香「そうなんだってーー。俊人って先生が遥を運ぼうとしてたら、俺が運びます!とか言っちゃって〜(´▽`)ノかっこよかった!でも朱莉ちゃん怖かったし、まだ皆が言ってる朱莉ちゃんと俊人の噂はまだおさまってないい・・・。」

そっかー。どうしよー。
朱莉ちゃん怖い!
あっ、明日俊人にお礼言わなきゃ!
ん?なんて言うの??
素直にありがとう。って?
どーーすれば・・。

遥「遥香また明日ねん☆(´▽`)ノ」

遥香「うん。気をつけて〜(´▽`)ノばいばーい。」



私は考えた・・。
お礼ってどう言うの??
ありがとーー。       ちがう・・。
昨日はありがとうございます!     ちがう・・。
あっ、昨日はありがとーーーーーー。   ちがう・・。

どうしよーーー。

私は苦戦しながら家に帰った・・。

8:はるぱる:2014/01/28(火) 22:32 ID:UpI

jさん。
コメントありがとーーっ。
久しぶり?です・・。☆(´▽`)ノ

9:はるる:2014/01/28(火) 22:48 ID:I7s

はるぱるちゃ〜ん♡
スッゴくおもしろすぎだよぉぉ(〃▽〃)

10:リバァイ:2014/01/29(水) 17:43 ID:sNs

おいはるる何出てきてんだお前は黙って駅伝
の練習でもしてろ

11:はるる:2014/01/29(水) 19:19 ID:r3s

リバァイさん!!
変なことを書き込まないでください!!
はるぱるさんに迷惑です!!

12:はるぱる:2014/01/29(水) 19:43 ID:UpI

やっほー。はるぱるだよっ。
駅伝ってあの走る事??なんの事?なんかわかんなーーい。

13:& ◆nW/c:2014/01/29(水) 20:09 ID:UpI

家に帰ってよーーく考えた・・。
ありがとうって、うまく言えない。。。

遥「あーーーーっ。もう素直に言っちゃお!!!!!」




     夜 7時24分

遥「いつのまに夜にーーー。よしっ。遥香にメーール!」


今日は急に帰ってごめんっ。
と言うことでっ!
明日ねん☆(´▽`)ノ





この内容で遥香にメーール!を送った・・。







     次の日

遥香「はるーーっ。」

遥「はるかーー。おはよーーっ。」

女子「はるちゃーーん。昨日、俊人君にお姫様抱っこで運んでもらってたよねーーっ。もしかしてっ・・・・・・。付き合って・・・・る??・・。」

朱莉「はーーるちゃんっ。おっはよーー。」

えっっっ。(;゜ロ゜)朱莉ちゃん!!!??

遥「あっ。(‥;)朱莉ちゃん!!!」

いつもは挨拶なんてしないのに・・・。なんで急に・・・。

朱莉「昨日、俊人君にお姫様抱っこして運んでもらってたよねーーっ。すごいじゃんっ。」

遥「いやーーっ、あのっ、それはっ。。してもらいたかった訳じゃないんだけど・・。ヾ(・ω・`;)ノぁゎゎ。。すっ、スキじゃないし・・。」

朱莉「別に嘘つかなくてもいいんだよぉーーっ。(●`ω´●)」

遥「あっ、うん。嘘じゃないしっ・・・・。じゃあ、またねっ。。。(^o^;」


 気づかないうちに走ってた・・。(OωO; )
いやーーーーっ。バレなくて良かった!


    

      

14:はるぱる:2014/01/29(水) 20:16 ID:UpI

遥香「ねぇ、朱莉ちゃんになにもされてない??」

遥「うんっ。なんとか・・。」

遥香「あーーっ。今日、部活ないし、児童センター行こうよっ!」

部活ないんだーー。
あっ、部活っていうのは。。テニス部の事でーーっ。はるぱるは、テニス部に入ってます!

遥「児童センター?なにそれー?」

遥香「いいから、今日、4時に公園に集合ねっ。」

遥「う、うん・・。」

児童センターってなに??

15:はるぱる:2014/01/29(水) 20:34 ID:UpI

  待ち合わせの公園

「さっむーーー。」

1人事をいいながら遥香を待っていた・・・。

       数分後

「遥ーーー。」

遥香がきたーーーーっ。

「はーるーかー。おそいよーーっ。・・・・・・・。えっ。(;゜ロ゜)」

えっ。(;゜ロ゜)俊人?!☆☆☆

俊人「よっ、」

ええーーっ。

遥香「俊人も連れてきちゃったーー。☆(´▽`)ノ」

遥「聞いてないよ!」

俊人「ちょっと、、、話しの途中にごめんだけど・・・。児童センターで佑也も待ってるんだよねっ・・。」

はるぱる「えーーーーーーっ(・_・;)」

俊人「だから、行こうぜっ。」

はるぱる「あ、うん。」

なんでーー??Wデートみたいじゃんっ。。そう思ってるのは・・・。私だけ??

16:はるぱる:2014/01/29(水) 20:40 ID:UpI


遥香「なんでーー??佑也も児童センターで待ってるの??遥、もしかして知ってた??」

はっ???知ってる訳ないじゃんっ。

遥「知らなかったよ!遥香、知ってたんじゃないの??」

遥香「知ってる訳ないでしょーー!!」

佑也が待ってるなんて夢みたい!ってずーーっと言ってる遥香をあきれながら、俊人の隣をドキドキしながら歩いた。。



     

17:はるぱる:2014/01/29(水) 20:41 ID:UpI

やっほー。はるぱるだよっ。
駅伝ってあの走る事??なんの事?なんかわかんなーーい。

18:はるぱる:2014/01/30(木) 19:34 ID:UpI

児童センターにて・・・


遥「なに・・・・。ここ・・。」

男子「よっしゃーー。お前鬼ーー。」

男子「早くしろよ!」

男子が騒いでいる・・・。
なにここ・・。男子の騒ぎ場所????

遥香「はるーーっ。なにぼーーっとしてるの??いこっ。」

遥「えっ・・。うん。。いこっ。」

佑也「おーーい。おせーーよー。」

俊人「おぉーー。ゆうや。ごめんっ。。」

遥「あのーーっ。なにして遊ぶの??」

遥香「佑也と俊人でバスケしたら?見てるよっ!」

遥「あっ・そうだよーー。」

佑也・俊人「うぉーーっ。やろーーぜっ。」

そうなんですっ。2人は・・。バスケ部なんですーーっ。
かっこいいーー。

ドンドンっ。
パッパッ。
ドーーン!

俊人「よっしゃーー。!!!!」

遥「やったぁーー。また俊人の勝ち!」

やったぁーー。俊人かっこいいっ。
なんでか分からないけどっ、佑也よりは、俊人の方が・・バスケはうまいっ。。

遥香「俊人って強くない?少しは手加減してよーーっ。」

佑也「手加減されたら俺かっこわりぃーじゃんっ。」

俊人「そうだな。たしかに・。」

ドドドドド。

ん?男子が走ってくる??


ぶつかっちゃう!

ドーーン!


遥「きゃっ。」


ん?痛くない?

 

俊人「うぉっ。大丈夫か?」

うわーーっ。俊人?
なにこれーー。
俊人に支えられてる状況?

遥「うん、大丈夫。ありがとっ。あとっ、この前も、保健室に運んでくれてありがとうっ。」

言えたーーーーーっ。。

俊人「あぁーー。大丈夫。あとさー。お前ちょーー軽かったけどご飯ちゃんと食べてる??」

遥「食べてるよっ!」

俊人「ほぉーー。じゃあ、ここは危ないから、4人でどこか行くかっ!」

遥香「うんっ。ほらゆうやもっ。」

佑也「おうっ。」

なんかたのしいっ。
これからどこに行くのかなー?


遥香「なんか、楽しいね〜(´▽`)ノこれから、ゲーーセン行こうっ。」

えっ?ゲーーセン!?急に・・・。
なんかドキドキ!
俊人と初ゲーセン!!!!


佑也「いいねー。」

俊人「いこーーっ。」


本当にたのしい時間!
俊人といれる時間が増える!
やったぁーー。

19:はるる:2014/01/30(木) 21:37 ID:d3E

面白いですっε=ヾ(*~▽~)ノ

続きが気になります!!これからも、いーっぱい書いてねっ♡♡

20:j あzdcgb:2014/01/30(木) 22:20 ID:fh6

ほのかいる

21:はるぱる:2014/02/02(日) 20:33 ID:3vY

ゲームセンターにて・・・

俊人「よっしゃーー。なんかするかっ。」

はるぱる「プリクラっっ!!!!!!!」

俊人・佑也「はっ???」

遥香「だーーかーーらーー。プリクラだよっ。」

遥「イヤならいいんだよっ?」

俊人「遥がプリクラしたいなら俺はいいよ。」

遥「ほんと?やったぁー。」

俊人「どうする?ゆうや。」

佑也「強制参加なら・・・」

遥香「よしっ、強制だよっ☆(´▽`)ノ」

佑也「まじかよ・・。」





カシャッ

3 2 1 カシャッ!!!!

遥「うわーーっ、初男子と〜(´▽`)ノ」

俊人「まじ?俺が男子初ゲーセン?の1人?」

遥「そーーだよっ。」

俊人がなんか笑顔で笑った。
佑也は・・・・・・・・

えっ?・・・・・・・

笑顔っ!!!???
あーーっ、遥香といるからだっ(*ゝω・*)ノ
よしっ!邪魔はしないっ。

遥「じゃあ、あとは2人で楽しんでねっ。じゃあ明日ねっ!俊人行こっ。」

俊人「えっ、俺?うん。」


えーーっ!私なにしてんの??
なんで俊人と歩いてるの??
やっちゃったー。



こーゆーときどうする?


あーーっ。。。。どうしよう・・・

22:はるぱる:2014/02/02(日) 20:50 ID:3vY


遥「しゅ・・・んと?ゆうやたちのとこに戻りたい?」

俊人「ううん。邪魔しないように俺も連れて来ただろ?」

えっ、バレてる??

遥「うん。」

俊人「久々に遥といれて楽しいよ!!」

えっ、ドキドキするよっ。急になにっ(;゜ロ゜)

俊人「これから・・・・

遥「あのっ・・・・・・・え・・っと・・・」

なんか息切れして緊張していた・・。

俊人「ん?」

遥「あ・・の・・帰ろっ。」

俊人「えっ、」

もう無理だよぉー

遥「き・・緊張して・・」

俊人「えっ・・。大丈夫?」

俊人が心配そうに顔を近づけてきた。


えっ・・。

俊人「顔赤いけど熱?」

そういっておでこに手をピタッとくっつけてきた。

ドキドキするじゃんっっっ。

遥「あーーっ。もう無理!!!じゃあ明日ねっ!」


限界だから逃げたっ。
朱莉ちゃんと仲良すぎなのにっ、私に優しくしないでよーー。
ドキドキするじゃん!
そうやって・・ドキドキさせてまた朱莉ちゃんと仲良くして・・
傷つくのは私だよ!

少し俊人に怒っていた。

23:はるぱる:2014/02/02(日) 20:56 ID:3vY


最近・・・。
恋愛ポエムっていうの???
俊人にむける思いを算数ノートや社会ノートに書いちゃってる。
上の方に・・・。

遥「俊人・・・・・。」

部屋で考えた・・。
俊人の事スキなんだ!!って・・。

24:はるぱる:2014/02/08(土) 12:25 ID:/R2

この小説、書くの終わりにします。
なんか、ごめんなさい!

ありがとうございました。


書き込む 最新10 サイトマップ