果てしない世界

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:鳳凰獣猫:2014/02/03(月) 17:40 ID:jv2

 この世界は広く広くどこまでも続いてる

 あ・・また一羽飛んでいった

 鳥が羨ましい・・
 
 私はずーっと 永遠に この世界が終わるまで

 命が尽きることは無い

 私は不老不死だから

 鳥のように 翼があれば 遠い何処かへと飛んで行けるだろう

 死ねないから 命があり続けてるから 

 もう 何百年も此処にいる・・・

 果てしなく 何処までも広いのに

 私は此処では 生きていけない気がする・・・・

2:鳳凰獣猫:2014/02/05(水) 19:42 ID:jv2

 鳥が羨ましいなんて

 私、馬鹿みたい

 何かしら? あの黒いものは・・・

 「きゃああぁああぁああああ!」

 何これ・・・

3:鳳凰獣猫:2014/02/06(木) 17:24 ID:jv2

 「あの・・。あなたは一体?・・何なんですか・・?」
            ・・・・・・
 私はその黒い翼をもった人らしきものに声をかけた
 
 人らしきものは無事なのだろうか?

 此処まで突っ込んで来るなんて・・・

 普通の人が出来ることじゃないし・・・

 「あなた様は、もしや・・・!」

 「え?」

 私は唖然としていた

 人らしきものは、黒い翼をもち、

 黒くて長い髪、目はキラキラ光る夜空のようだった

 何よりおかしいのは、服装がまるで、昔の人が着ていた着物だったのだ

 現代でこんな服装はまずしない

 「あなた様は、金堂 桜華様じゃな?」

 「何で私の名前を?・・・どうしてじゃなが語尾についてるの?」


書き込む 最新10 サイトマップ