私ははリア充!

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:Black ◆4utk:2014/02/08(土) 17:25 ID:J7c


「あ、また届いた」

私は微笑みながら届いた日記を開いてみる。

「…え……?」

内容を見て私は驚いて三分ぐらい固まってしまった。

「いや、ちょ、嘘っしょ」

ないない、なんて思っても相手はマジレスっぽいぞ。


えー…どうしよ、返事しなきゃダメ…ですよね…


「…」

返事に迷う。


それから何分か迷った結果「え」という返事になってしまった。結局ね…。


―なんで私なの?


その日は一日何もする気になれなかった。

2:Black ◆4utk:2014/02/08(土) 17:35 ID:J7c


小説板初投稿になります、Blackです。

題名で「は?」と思った方、ごめんなさいww

一応実話ですw去年の三月ぐらいの出来事から始まってますww

実話とはいえ、私の本名を出すわけにはいかないので仮名でこの実話書いていきたいと思います。


☆登場人物☆

黒野真衣 くろの まい
この話の主人公。小4。
ネットの世界にどっぷり浸かってる。

木村怜斗 きむら れいと
こいつも多分主人公←
同じく小4で、顔が超童顔。

手島充 てじま みちる
真衣のライバル。
怜斗のことが好き

小森永久 こもり とわ
真衣が気になってた人。
怜斗と仲がいい。



こんなものですね、>>3から本編です!

3:Black ◆4utk:2014/02/08(土) 17:47 ID:J7c


さっきの日記の送り主は怜斗。

修了式の前に学校以外でもゲーム機で話せるようにしておいた。

今は春休み真っ最中で私たちはゲームソフトで毎日会話していて、最近怜斗に好きな人って誰?と聞かれたので怜斗が教えてくれたらいいよと返したら…

お前が好き、なんて言われちゃって。

でも私、永久の方が好きなんだよね、実は。

よく遊んでてクラスもほとんど一緒で永久の方が仲良かったんだ。

別の怜斗が嫌いだったわけじゃないんだけどね。

怜斗のやつ、すごい可愛い顔しててさ、

変態じゃないけど女の子みたいでほんとにかわ…ry

ランキングでは永久の次に好きだったんだよ。

まさか告られるとは思わなかった…

さきほどの日記に短く返事した私だが、

怜斗は私が疑ってると見たようで

また新しく「嘘じゃないよ、ほんとにお前が好きなんだ」って送ってきた。

「はぁ…」

とりあえずその日は新しく来た日記に返事をさずに寝てしまった。


書き込む 最新10 サイトマップ