【いじめ】現実よりネットの方が数千倍もいい。

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:もみじ:2014/02/18(火) 19:06 ID:64Y

チャットという名の現実逃避―――…。
現実逃避…現実から目を背く事。

「掲示板で話すより、皆と話すほうが数千倍も楽しいや!」

これは今から話す少女の【元】口癖…。

気楽で友達が多い少女の長所は、ある事がきっかけで

裏目に出てしまうのだった…。

2::一話::2014/02/18(火) 19:33 ID:64Y

カタカタカタカタ

「咲ー!ほらっ遅刻するわよ!降りてきなさい、咲!」

カタカタカタカタ

扉を蹴り付ける音がする。と同時に部屋に明かりがつく。
「またパソコンいじって!没収しますからね!ホラ!よこしなさい!」
一度は咲も母の方を見たが、目を見開いて、再びモニターへ向かう。

“インターネットサーバーエラー”

『お前、何した…っ』
「インターネットの線、取ったわよ…学校いけ!!!」

母は咲に怒鳴りつける。
鼓膜が破れるほど大きい声量だった。
隣の家にも聞こえていただろう。
近所迷惑だと思いながらも咲は地面に置いてある人形を手にする。

バァン!
「きゃ…咲!」
『死ね 出て行け出て行け出て行け出て行け出て行け出て行け出て行け』
「しょ、しょ…う、咲…?」
『死ねっつってんだよ』

勢いよく咲は白い壁を叩き付けた。手から血が滲み出る。
白い壁に血痕が残る。
母を追い出し、再びモニターに向かった。

3::二話::2014/02/18(火) 19:58 ID:64Y

咲は“葉っぱ天国”という掲示板サイトに向かった。
ジャンルが複数分かれており
咲は“いじめ”という所にカーソルを置いてみる。そこには

{いじめられる人、相談にのります}{私が力になる}

『思ってもないよーな事を…』
咲は思わず呟いた。
こういうのを見ていると目腐る。
不機嫌に達してしまった咲は、サイフとケータイをバッグに入れ
公園へ向かった。



ケータイでまた葉っぱ天国を見る。
交流・仲良しという所を覗く。

“ソウたんとするめ。の専用板”
というのがあった。
するめ。さんとは誰だか知らないが、ソウたんというのは咲の名前だ。

見てみると

“するめ。って言います!ソウたんさんと話したいです!”

『嘘…マジで…? 私なんか…でいいのかな…! 嬉しいな、友達ができた…。フフ…フフッフフフフフッフフ…』
『アヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャ』

狂ったように笑い続ける咲の表情は
何かを企んでるようにも見えるが
汚物を見るような目でもあった。
純粋に嬉しいという顔ではなかった。


“私も、するめ。さんと仲良くなりたいって思ってた!思いって通じるんだね~~~\(^^#)”

………企みだったのかもしれない。
猫をかぶって釣る気だったのかもしれない。

“私も!”
純粋な彼女の言葉に
自分の気持ちも隠せず、葉っぱ天国には近づかないようになった…。

そして、する事もなく、学校へ行こうと決断した。

4:姫奈子:2014/02/19(水) 17:12 ID:.3E

姫奈子(きなこ)です!
凄い面白いです…
ゾクゾクしますね!
頑張って下さい!

5:もみじ:2014/02/19(水) 20:57 ID:64Y

きゃ!初コメ初読者!きなこさん!
ありがとうございます!!!

6::三話::2014/02/19(水) 21:26 ID:64Y

ガラガラガラッ

一つ先の何かを見据えているように
無言で扉をあける。
周りのざわつきも気にせず、席に着く。

「あ、きたんだ。」
「あ、そ。」

周りの反応はとても薄く、皆、元の行動に戻る。
直接的ないじめを受けている様子はないが、咲に興味がないフリをしているのだ。
こうすると先生から注意される事もなく、精神的ダメージを受けさせられる。

でも、ついにトップの女子達は、それじゃ満足いかなくなったのだ。

トップは3人いる。取り巻きに2人。


「あっ、おはよぉ〜!来たんだね、学校。サボって何してたのぉ?」

語尾を延ばすクセがある。ぶりっこではないが可愛いと言われている、安藤真希。トップの中のリーダーだ。


「もしかしてっ、家出ずーっとパソコンしてたとかーっ?」

安藤真希と幼馴染で、ギャルの部分が少しある、金遣いの荒い後藤文美。


「掲示板なんかやってても…意味ない、内容なんて、すぐ見る」

少し言葉遣いがおかしい、庄野美佐。



「あれぇ、名前、なんだっけぇ…?ガチで忘れちゃったよぉ〜」
「ウチ、嫌だけど覚えてるわ。江戸咲。江戸だって!江戸時代〜〜〜」
「江戸…戦争で死んでしまえば…もう…終わり」
「咲、後で時間空けとけよ?」

「返事…言う…」
「咲ちゃぁん………返事しろ!!!」

逆鱗に触れた咲は、新たなるいじめを受ける事になる。
まるで朝の親の声のような怒鳴り声をあびた咲は、黙ってはいられない。

『やだっていったらどうするんだよ、無計画?』

咲は立ち上がっていった。
次の瞬間

ドミノ倒しのように、イスが次々と倒れていく。
先頭には咲の苦痛の顔。

真希の手がすぐ側にあった。

「返事、ちゃんとしよぉ?「はい」って言うんだよぉ…てめぇにはそれくらいしかする事ないからなぁ!!!」

『絶…対嫌だ…から………なめんなよ…』

真希の体が浮かび上がる。
咲は体が柔らかく、足を伸ばして、思いっきり蹴り付ける。

「こら!江戸!何やってるんだ!こっちへ来い!」

「ふぇ…痛いよぉ…痛いよぉ…っ」

『チッ…バーカ、死んでろヴォケ』

咲は走り去っていった。

「た、退学にするからな!!!」
『義務教育だからムリだよ?アハハハハハハ』


そのまま家へ帰って泣き崩れた
ある夜の事だった。

7:もみじ:2014/02/22(土) 12:15 ID:64Y

カタカタカタ

キーボードを打つ音が蘇る。
モニター内ではこんな会話が行われていた。


するめ。:2014/02/22(土) 12:00 ID:XY8
ソウたんさーん、今、INしてますか?


ソウたん:2014/02/22(土) 12:01 ID:MVW
うん、してるよ。どうしたの?あと、呼びタメでいいよ。あとソウって読んで


するめ。:2014/02/22(土) 12:04 ID:XY8
了解。ソウって、学生?


ソウたん:2014/02/22(土) 12:07 ID:MVW
学生だよ(´∀`#)するめは?


するめ。:2014/02/22(土) 12:10 ID:XY8
私も。中3だよー(`・ω・´)


ソウたん:2014/02/22(土) 12:11 ID:MVW
え、まじ!?一緒じゃんー偶然!


他愛のない会話が綴られていく。
前の企みとは別に、素直に楽しいと思える相手がいた。
咲はクラスはどんな感じかを聞いてみると…


するめ。:2014/02/22(土) 12:18 ID:XY8
うんとね、いじめが起きてるよ。でも、暴力じゃなくて、精神的なほうで、皆で空気扱いするだけ…私は見て
るだけで、止められないんだ…トップが、ブリッコのA・M。ギャルのG・H。言葉がおかしいS・M。
止められないかなあ…



…この人は…誰だ…
ブリッコのA・M…。「んっ?あ、いたんだぁ〜、ごめん、気付かなかったぁ!」

ギャルのG・H…。「謝る必要ねぇよ、影薄いんだからよ!」

言葉がおかしいS・M…。「謝る…心、優しい…」



クラスの誰かなのか…

ソウたん。:2014/02/22(土) 12:20 ID:MVW
貴方のイニシャルは…?私はE・S…。

すぐに返事がくる。


するめ。:2014/02/22(土) 12:20 ID:XY8
O・A…だよ?よろしくね!




見当はついた…。アイツだ…!

8:姫奈子:2014/02/23(日) 19:43 ID:.3E

初ですね(^^)

すごいっ!

リアルですね…

『見当はついた…』

だれ〜😳

9:もみじ:2014/02/23(日) 20:36 ID:64Y

ありがとうございます><

「見当はついた…」

まだ本編にでてきてません!

新キャラ登場!?(゜∀゜)

10:もみじ:2014/02/23(日) 20:45 ID:64Y

ガララララッ


また無視をされる。

『えー…岡崎あいり?ちょっと来い。』
「え、何ですか…ちょ、助けてよ(ボソッ」

『えー…葉っぱ天国。』

ガタッ

「まさか…」
『いいから来い。』
「う、うん…」


『するめ。で間違いないですかね?』
「あ、うん…ソ、ソウ…?」

『うん、マジ偶然。でさ。』
「…」

無駄な話は少し反応してすぐカット。
早く本題へ進みたいのだ。

『いじめ、止めたいんでしょ?』
「…!…でも、トップに知れたら、なんか…!」
『そっか、見捨てるんだ。じゃあいいや。バイバイ』

「まって!」

『何。』
「な、何すればいいか…分からないけど、きょ、協力する!」

『あっそ、あんがと。とで考え付いたらいうわ。それまで普通にしてていーよ。じゃね。』


あいりにとってはさぞかし謎の人物だったであろう。
咲は永遠の孤独を愛するネットに生きる人間なのだから…

〜〜〜〜〜
ちなみに咲は「しょう」ってよみます!「さき」じゃないよ!
一回きりますね・・・

11:姫奈子:2014/02/24(月) 17:39 ID:.3E

うまいっ!
岡崎あいり…?
新人物ですねっ!

12:姫奈子:2014/02/26(水) 16:12 ID:.3E

もみじさ〜ん。

あっっ!

そう言えば、今日学校の習字で、【もみじ】って書きました♪
カレグラフィ〜♪

13:もみじ:2014/02/26(水) 18:40 ID:64Y

も、もみじ・・・wwwww
皆もみじって描いたのか・・・(ドヤァwww

じゃ、次コメで更新しま〜す

本当にいつもありがとうございますっ

元気でます〜〜〜

14:もみじ:2014/02/26(水) 18:51 ID:64Y

それ以来“するめ。”とは掲示板であっていない。

プルルルル

『チッ』

“もしもし?あ、あいりです…咲、ちゃん?”
『あぁ、うん。どしたの?』
“あのね、作戦考え付いたかな〜って…”
『まだだけど。』

“え!まずいよ、明日ね…ト、トップがね…さっき電話きてね…”
『うん』
“「明日…絶対潰す…!お前も参加しろよ…」って…!”
『待ってました!ククク…』
“へ?”

『まあ、いいや。もう作戦いってもいいか。えっと。』
“う、うん”
『私がやられてる間に、あいりは、トイレの水くんでくるっていって、先生を呼ぶんだよ。先生には少し隠れてみてて!っていってさ…あいりはそのあとトイレの水くんでくればいい。』
“トイレの水くむフリするっていうのも先生にはなすの?”
『じゃなきゃお前も叱られるかもしんないだろ。』

“先生よぶまで…咲ちゃん、いじめられるんだよ?”
『私は強いよ?暴力でも、なんでも。どーせ先生くるんだしさ。』
“…咲ちゃんは、強いね…”
『え?』
“あ、いや!なんでもないっ…がんばってね、ばいばい!”

ツー…という音が小刻みに聞こえる。

『ちょっとは―――…我慢しなきゃいけねーなぁ…』


咲は眠りに付いた。

15:もみじ:2014/02/26(水) 19:05 ID:64Y

次の朝。

ガララララ

いつもどおりに無視…されなかった

「あっ咲ちゃん、おはよう!」
そしてその後ろには、私の机の文字を必死に消しているトップと取り巻き。

「あのね…本当に、聞いてくれる?咲ちゃんをいじめるの、やめたのぉ…咲ちゃんって強いじゃん?」
『…』
「あいつを、いじめてぇ」

指の先にはぽろぽろと涙を落としている………






あいりだった。

『…っ!?』
「ね!どーせ友達じゃないんだからぁ、罪悪感はないよねぇ?」
『…あのさ』

「うん?」

『友達じゃない。あいりは。』
「だよねぇ♪」

「…!しょ、ちゃん…」

『でも私がなんでお前のいう事聞かなきゃいけないんだよ』
「!なによぉ、その言い方ぁ…まさか断るのかよ!?」
『うん、悪い?』

「悪いに決まってるっしょ、真希はトップ中のトップだよ?」
「断る…あいり…関係…」

『あいりは名前しかしらんし。この前呼んだのも、先生の用事だから。』

「せっ、先生ぃ〜〜〜!た、た、助けてぇ〜〜〜!!!!!!!あいりちゃんがっ刃物で!」

そういって真希は自分の頬をカッターで…
そしてカッターをあいり近くになげた。

“キャァァァアアアアアア”

悲鳴が巻き起こる。

「どうした!…あいり、お前か!」
「痛いよぉ…うわぁっ…」
「…!してません!」

「私ね、手を振り回して、あいりちゃんにぶつかっちゃったの…そしたらね…」

「分かった。あいり!!!こっちへこい!!!」

『あいり。こっち。』


グッ

咲はあいりを連れ去り、走って走って走りまくった。


そして自分の家についた。

『入って、ここ私の家。』

16:もみじ:2014/02/26(水) 20:36 ID:64Y

「おっ…おじゃまします…うっ…」

『これで拭いて。あ、擦るなよ?目ぇ赤くなる…し…』
「え…?あ、ありが…とっ…」

そして部屋に向かう。

「ひっ…」

目線の先には血痕。引っ掻いたり傷つけたりした跡がある。
地面にも血が少し滴っている。カッターにもハサミにも、血、血、血。

『あ、ごめん…気にしないで、そこ座ってて。』
「うん、ありがと…」

咲はそっと部屋をでるとキッチンへ向かった。

〜ここからあいり目線〜

咲ちゃんは部屋を出た。
血…?固まってる、みたい…
咲ちゃんって、本当に謎…

「はぁ…」

まさか、私がターゲットにされるなんて思わなかった。
これからどうやって学校にいけばいいんだろう。
咲ちゃんみたいに心が強いわけじゃないのに…

どうすればいいんだろう、怖いよ…

怖い怖い怖い!!!

カッ…ター…?

少し、借りても、いいかな…もう嫌だ
この威圧感に耐えられない…

楽に、なりたい…

私はカッターを手に取りツー…と手首の血管をなぞる

「ぅぁ…っ…くっ…」

バタン

私はいつも貧血気味だから
すぐに血液がなくなって…いくだろ………ぅ…


『アンタ何やってんだよ!!!』

「ぁ…しょぅ…ちゃ………かってに…かったー使…て………ごめ…。」

『おい!おい!今、血とめるからな!』

「ぃぃ…」

『よくねぇ!』

「いいの!!!死なせ…」


意識を失った。

17:姫奈子:2014/02/27(木) 17:28 ID:.3E

あいり!
死なないで!

18:もみじ:2014/02/27(木) 20:55 ID:64Y

きなこさんいつもありがとうございます!

19:もみじ:2014/02/27(木) 22:11 ID:64Y

あいりは気付くとへんな場所にいた。


「誰かー、誰かいませんかー!」

地平線の見える、壁がない、真っ白な空間。
どこを見ても、白、白、白。


声がとても響き渡るが、何も返事は返ってこない。


孤独。

そして奥から迫ってくる…

ドス黒い何か。

自分はそれから逃げていた。


“普通のくらしをして普通に生きたい”
“いじめられたくないよ、痛いよ、コワいよ”
“死にたくない”

低い声をした黒い何かは叫ぶ。
それは、あいりの過去だった。

「きゃぁああああ」



『あ、いり…?どうした?』
「え…?ここ…。………あ…。」

手首の包帯に目をつけた。
少し下手に巻かれている。
そこには咲の温かさと涙があった。

『なんで、あんな事するんだよ…』
「…ごめんね、怖かったの、いじめられるのが。…あたし、弱いよね、へへ…。」
『あいりは強い。』
「え?」

『私さ、小学生のころは元気だった。友達もたくさんいたんだ。』
「そう、なんだ…」

:::過去編突入

『掲示板で話すより、皆と話す方が数千倍も楽しいや!』
「もー…それ何回目ぇ?あははっ…」
『だって楽しいんだもん!へへ』

いつも友達に囲まれていて
今日もまたくだらない会話をしていた。

『今日はさ、何して遊ぶー?』
「遊び………。分からない…。」

結局、遊ぶことなんて考えずに、人の家いって会話ばっかりしてた。
それが赤く染まった頃。

「やばいじゃん、時間」
『ホントだ…帰りたくない〜』
「泊まってくぅー?」
「え、マジで!?」
『やった〜ママに連絡しよ♪』
「私、も…」
「うん、いいよぉ〜♪皆でお泊まり会だねっ!」


楽しかった、あのグループ

好きな人の話や悪口、家でのことなど話し合った。
とてもいい思い出。


急に言われた。

「ごめん、今日一緒に帰れないんだぁ」

次の日も

「あっ…えっと、ごめん!今日ムリなのぉ!」

次の日も、次も、次も次も次も!

…やがて話さなくなった。

でも別の人たちと話していた。
咲は友達が多かったから。


急に話された。

「みんなお前の事キライだから。」

その一言で“ある事”は始まったのだった…。



:::

『…その仲良かった友達が…』
「う、うん…」

『美佐』

『文美』
「うん…」



『一番の親友が




………真希。』


「嘘…」

『これが、私の…過去。』

20:姫奈子:2014/02/28(金) 16:55 ID:.3E

えっ…
真希って、いじめグループのトップ中のトップとか言われてる…??

えー!

私はびっくり仰天です(笑)

21:菜未加:2014/02/28(金) 16:57 ID:vP2

菜未加(なみか)です!
私も小説書いてるですけどもみじさんの小説はとても読みやすくて
大体よんでれば展開が読めるんですけど最後まで展開が読めなくて
すごいと思います!

続きがきになります!

22:もみじ:2014/02/28(金) 17:04 ID:64Y

菜未加さんありがとう!!!

姫奈子さん、奈未加さんありがとうございます!

これからももみじは精進していきます!

23:もみじ@これからコメ返は咲とあいりがやってくれますw:2014/02/28(金) 17:25 ID:64Y


「な、なんで…?どういうこと…?」

『さあ?急になんであんな態度とったのかは本人に聞かないとわかんないだろうね』

「トラブルでも…あったの?」

『ないよ、いつも仲良かったから。知らないうちになんかしてたのかもね』


あいりは口をあけたままだった。
この事実を知った今、驚かずにはいられない状況だったのだ。

『ま、そんな感じでしょ。もう暗いし、泊まっていきな』
「いいの?」

『うん、今日は両親仕事で帰ってこないし。』
「分かった、ありがと…」


あいりは眠りにつく。と同時に
また白い空間にいた。


どこからか、小さく、細い声が聞こえる。
“貴方は…違う”

「え…?何が…ですか?」
“貴方は…皆と違う…!”

「えっ…」


頭が割れるように痛くなる。
「いっ…な、何…」

そして思い出す。
過去の事を。

“皆と一緒には…なれない!”
「やめて!助けてっ!いやっ…イヤ!」

“だって貴方は…”
「やめてよぉぉぉおおお」


“―――だもんね…♪”

「ぁ…あ…違う、違う…違うの…」

“これからどうするのかは知らないけど、仲間を作ろうなんて考えない方がいいわよ…貴方は、孤独…”

:::

「はぁっ、はぁっ…」

午前4時。
さすがの咲も眠りについている。

見えるのは廊下の奥の暗闇だけ。
それは自分の過去のように見える、それだけで

あいりは眠れなくなった。

24:もみじ:2014/03/02(日) 16:54 ID:64Y

皆さんみてくださいね!

25:もみじ:2014/03/03(月) 18:19 ID:64Y

〜あいりサイド〜

怖い怖い怖い怖い怖い怖い

誰か助けてっ…


そう、よ…私は皆と違う。
違うのよ、だって、だって…

「私が守る…っつってんのに…」
「へ?咲ちゃん?」

「心の声だだ漏れだっつーの!目ぇ覚めちまったしー?まぁ、いいわ。どっかいこ。着替えて。」
「え?あ、うん…」


ちょっと出かけます^p^;

ブチ切り

26:姫奈子:2014/03/03(月) 19:06 ID:.3E

おぉう!
菜未加s、よろしく!

27:姫奈子:2014/03/13(木) 19:07 ID:.3E

面白〜い!!
もっともっと読みたい!!

28:もみじ:2014/03/13(木) 20:01 ID:64Y

最近ネタ切れ・・・(;ω;)

29:姫奈子:2014/03/14(金) 22:27 ID:.3E

まじ!?
大丈夫??
考えてあげようか??

30:もみじ:2014/03/14(金) 22:28 ID:64Y

あぁ、ありがとう(;ω;)
最近別のホラー小説もかいてるんだけど
やる気がでてこないんだよ((

きなこありがとう><

31:もみじ:2014/03/14(金) 22:34 ID:64Y

あいりは咲と共に外に出た。
『もう暗いじゃん、足元気をつけろよ』
「うん…」

一体どこへ行くのか、そんなのも分からないあいりは
ますます不安になる。
ついたのは小さな公園だった。

『ここ、落ち着くからさ、話してみ?』

ブランコで揺れる咲の表情は暗くてよく見えなかったが
とても優しい表情をしていた。



:::
このように、めっちゃ少ししか書けないんですよ><

32:もみじ:2014/03/14(金) 22:38 ID:64Y

「あの、驚かないで聞いてね…」
『驚くはずないよ、真面目に聞く。』

二人で並んでブランコに座り、足を動かして漕ぎ出す。
あいりはピタッと足を止め、こういった。

「私は…皆とは違う」
若干声を震わせながら、あいりは言った。

『どういう…意味?』
「私は!!!」

公園に叫び声が響き渡る。

「私は…人間じゃない…」

:::::
趣旨ちがくなってる^p^)
あ、だいじょぶ
いつか学校いって何かするから((^p^

えと、あいりを見守ってやってくださいw

33:もみじ:2014/03/15(土) 08:47 ID:64Y

『じゃあ何…』

おそるおそる咲は聞いてみる。
嫌な答えが返ってこないかと冷や汗を流して。


「私は…科学者の手で造られた…人間擬態動物…。」

【擬態】…。

『話がよく分からないけど…何なの?』


咲にはまったく理解できなかった。


「私も分からないよ…あのね、でも、証拠があるんだ。」
『証拠…』


手で自分の首を絞めながら言った。


「心臓がないの。つまり、死なない。」
『―――え?』
「それ以外にもあるよ、何をしても死ねないの。息だってしてないし
消化もできないよ、養分だって吸収しない…だって」


「内臓がないんだもん…」


『ない…!?』


衝撃の事実を知った咲は、声を荒げて
叫んだ。

「首つってもね、全然苦しくないの。あ、でも死ねる方法が一つあるらしいの」

『そ、そんなの、知らない方がよくないか』

とても怖かった。
あいりが怖く感じていた。

「出血多量。貧血になったら体が枯れてしまうんだよね。」

『出血…多量…。じゃあ、私の部屋でお前がやったのは…』



あるワンシーンを思い出した。
私の部屋の…カッターで…。



「うん、死にたかっただけ。」

咲はガクッとブランコから落ちて、あいりを見上げた。

34:姫奈子:2014/03/16(日) 21:34 ID:.3E

……あいりって…人間擬態動物…
そんなはずない!あいりは人間だよ!
名前も可愛いもん!(私より100000000000000000倍も可愛いよ!)

35:美香 maomao.miwa.maomao@gmail.com:2014/09/19(金) 23:27 ID:OdI

どうも^^

すごいですね!!

私も小説書くの好きなんですけど、ネタ切れて途中で終わっちゃうんですよ・・・(泣)

だから、がんばってください!!

36:由美:2015/02/24(火) 19:07 ID:s5E

初めまして!面白い小説ですね!

これからも頑張ってください!!

応援します!!


書き込む 最新10 サイトマップ