愛色

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:雨森/*:2014/02/19(水) 09:34 ID:PNs


-登場人物-

小森 明日香 (コモリ アスカ) ♀
高1。人見知りで男子が苦手

森崎 響 (モリサキ ヒビキ) ♂
高1。優しく明るいので人気者

森崎 聖 (モリサキ ヒジリ) ♂
高1。無口でクール。意外と積極的

相島 沙和 (アイジマ サワ) ♀
高1。真面目で何でも出来る。明日香とは親友



-その他の登場人物-

東野 潤 (ヒガシノ ジュン) ♂
高1。馬鹿で女子にモテない。聖の親友

空野 李緒 (ソラノ リオ) ♀
高1。明るくて天然。お菓子が大好き

2:雨森/*:2014/02/19(水) 09:47 ID:PNs


プロローグ


中学生の時…
私は沙和しか友達が居なかった

ううん…
幼稚園の頃からかも知れない

皆、私が居ないみたいに接してて…


本当生きてる意味ってあるのかなってずっと思ってた



"あの双子"に会うまでは___…


二人のお陰で楽しい高校生活だった
勇気を貰って…


私は変われた







二人に会ったのは、高1の春でした____…

3:雨森/*:2014/02/19(水) 10:06 ID:PNs



桜が満開の季節
ピンク色の桜並木道を走る影が見えた


「明日香ー!」

聴き慣れた声
純粋な笑顔で私を見る彼女

私の唯一親友と呼べる子だ


「沙和!おはよ」


相島 沙和
真面目で何でも出来て…
私の誇らしき親友だ


「沙和と一緒のクラスが良いなぁ…」
「大丈夫!クラス何年連続一緒だと思ってるの?」


私が不安なときはいつも見せてくれる笑顔

やっぱり沙和が一番大好きだ




「明日香〜!早く早く!」
「あ。御免!今行く!」


私が一歩進もうとした時…

まだ慣れない革靴のせいか、つまずいてしまった


「うわっ!」


転ける…!
私は目を瞑った







…____?
転けたのに…何で衝撃が無いんだろう




ゆっくりと目を開けると…

4:雨森/*:2014/02/19(水) 10:16 ID:PNs


黒髪の男子が私の体を支えていた

「大丈夫?」
「はい…あ、ありがとう…ございます」


ぎこちなくお礼を言うと彼は微笑んだ
か、格好いい…


「じゃーね。小森さん」


え…何で私の苗字…



「明日香…あの子格好良かったね…」

半ば見惚れている沙和
確かに…ちょっとドキッとした…


「同じ学年かな?名札の色一緒だったし」

そこまで見てるんだ…凄い

この学校の名札は学年によって色が違う

一年生は白
二年生は赤
三年生は緑

早急の男子は白だった様だ


「同じクラスが良いなぁ…」
「私よりあの人と一緒のクラスになりたいんだー」




もう!男子じゃ無いけど嫉妬しちゃうから!


書き込む 最新10 サイトマップ