うざい生徒会長ですがなにか文句でも?【ギャグ小説】

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:初葉@ういは ◆Iaok:2014/02/22(土) 23:26 ID:xkM

私、今自由帳にマンガ書いていてそれを小説化しようと思いましてスレを立てました

※ほとんど小説じゃないです。

もう小説じゃないので小説板に立てるべきかと悩みましたが立てました。


ルール
・「小説じゃないじゃんww」等は受け付けません。
・削除するべきだと思いましたら申し付けてください。
・荒らし、不快にさせる等はアク禁です。

もうほとんど会話ですww
あと台本書きです。せめて小説の基礎ぐらいは守ろうと思いましたがどう考えても無理でした・・・

>>2は登場人物です。

2:初葉@ういは ◆Iaok:2014/02/22(土) 23:34 ID:xkM

登場人物

聖堂キリア
うざい生徒会長。裏がありあり。優しいところも・・・?チエミが苦手。

水原チエミ
なんでもはっきり言う。キリアのライバルでもある?w

安達みもれ
ふわふわした女の子。怒ると・・・

大天先輩
キリアの裏をあばこうとしている。

田中弘
名前通りごくごく普通の男。

その他たくさんでてきますwww

3:初葉@ういは ◆Iaok:2014/02/23(日) 15:43 ID:xkM

ガヤガヤと教室が騒がしい―――

「みんな、静かに〜」
「あははマジかよ!」
先生の声にうるさい男子の声が被る。

「みっみなさん静かに...してくださあい...」
みもれがふわふわした口調で言う。

「うるさい...」
川原さんが呟く。

「皆さん!お静かに!先生がお困りよ?」
私が手をパンパンと叩いて言う。
するとあっというまに静かになった。

なんたって私は超スーパーミラクルエリート委員長ですからっ!

4:初葉@ういは ◆Iaok:2014/02/23(日) 15:56 ID:xkM

「ありがとう聖堂、いつも助かるよ」
先生が笑顔で言う。

「いえ私はやるべきことやったまでですから」
                    心;私ってなんて素晴らしいのかしら・・・

先生;「今日は転校生が来ている。田中くん入りなさい」

田中;「今日からお世話になります。田中弘です!よろしくお願いします」

田中さんはお辞儀して言った。
クラス全員 普通〜・・・ という顔をしている。

先生;「じゃあ一人一人自己紹介しろ〜」

ほとんどの人の自己紹介が終って
川原さんやみもれさんが自己紹介する。

みもれ;「あっ安達みもれです〜よろしくど〜ぞ」
ふわふわした口調で言った。

川原;「川原チエミ...よろしく..」

そしてついに私の番になった。

キリア;「私、エリート生徒会長の聖堂キリアと申します!お困りになったとき私に申してくださいね」
私はニコッと笑って言った。

田中;「あっはい」

キリア;「その顔...私になりか不満でも?」
笑っているようにも見えるが、怒っているように見える引きつった笑顔で言った。

田中;「いいいいいえ!不満なんてとんでもない!」

キリア;「ですよねこの私に不満があるなんてありませんよね♪あったら教卓にあなたの顔面を叩きつけるとこでした♥ 」

田中;「あっあはははは...」
            心;この人は一体・・・俺、このクラスでやっていけるかな・・?


書き込む 最新10 サイトマップ