未来予想図X

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:ちょこ☆いちご:2014/02/27(木) 22:24 ID:nLc

どうも、ちょこ☆いちごです。
未だ短編集と一作しか完結させていない駄作者でございます←もうすぐ5年を迎える私でございます。
水曜日は確実更新できません。大体、木曜日と日曜日の更新率高いです。あと予告した日に書けない場合もあるので。←
あと、アドバイスや感想等募集です!悪口はやめてくださいね…駄作なのは知ってますから。
誤字脱字、キャラ崩壊は脳内修正して頂く方式ですので。それではスタートです!

2:ちょこ☆いちご:2014/03/01(土) 08:17 ID:nLc

簡単なキャラクター紹介を*あとのことはお話の中でわかるはずです*

柚野 青伊 (ユズノアオイ)
以下:アオイ 明るくておっちょこちょい。だが頑張りやで悲しい事が起こっても絶対に表向きに出さない。スポーツ万能だが勉強はイマイチ。

京屋 錬
以下:レン クールで無表情。イケメンでモテる。バレンタインを1年で一番嫌っている。が、サボりでいつも怒られている。

3:ちょこ☆いちご:2014/03/01(土) 08:40 ID:nLc

冬の終わりが近づき、卒業、入学シーズン一直線。そんな時季の事。

少し温かくなった町の道端に少年少女が並んで歩く姿が。一人は柚野 青伊。13歳の女子である。そして幼馴染の京屋 錬。13歳男子。

実はこの二人にはある秘密があるのだが。
「レン!」
青伊は錬を呼んだ。その声は、レンを急かしている様に思えた。

「ほら、当たった!」
アオイは町で一番小さいと思える位小ぢんまりした公園、里森一号公園前で一際大きくなった。

「マジ?!あの一号公園で2月25日1時15分に子供が転ぶっていう予想?」
普段クールなレンが取り乱している。最近いつもこんな調子である。

「ほら、あの子見て」
アオイは一号公園のベンチ前を指差して、腕時計をレンに見せた。

「ほ〜…」
感心の溜め息をつくレン。得意そうに言うアオイ。

「未来の事は性格に、何でも予想できるんだから!でも何でかレンの未来は予想できないんだよね」
ガッツポーズで小さい子供の様に言っているが、最終的に首をかしげている。

皆さんお気付きの通り、アオイの秘密は未来予想の能力を持つこと。そしてレンの秘密は…。

4:ちょこ☆いちご:2014/03/01(土) 08:44 ID:nLc

アオイは大きくなりませんよね、アオイの声が大きくなったんですよね(11、12行目)


書き込む 最新10 サイトマップ