サヨナラを伝える日

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:レイラ:2014/03/11(火) 20:26 ID:I7A

卒業をテーマに書きます。
登場人物

優 男
翔 男
七 女


プロローグ

今日しかないの

サヨナラを伝える日は

ずっと一緒に居たい

サヨナラを伝えなきゃダメなの?


1話 ∼四月∼

優「おはよう」
翔「おはよう」
七「おはよう」

あと一年で…

七「優?」
優「何でもないよ」
翔「よろしく!優、七!」
七「もちろん」
優「ああ」

高校最後の一年が始まった

2:レイラ:2014/03/11(火) 20:40 ID:I7A

2話 ∼5月∼

そよ風が吹く
夏色のメロディー
もうすぐ部活も引退

七「優、翔プリ撮ろ♪」
優「いいけど、なぜ?」
翔「確かに」
七「今しかこーゆーのできないから」

そう言えばそうだ

翔「確かにそうだね」
優「ああ」
七「決まり」

パシャッ

七「ちょっと待ってて」

----------------------------------------------------------------------------------------------------

七「はい」

渡されたのは、『ダイスキ』。『ずっとトモダチ』等と書かれたプリ

翔「七…」
七「にぃ〜」

やっぱりさみしいよな…
でも

優「ありがと」

今泣いたら

かっこ悪いよな

3:レイラ:2014/03/12(水) 20:29 ID:I7A

3話 ∼6月∼ 七

梅雨の季節
ジメジメしてて暑いのかな?

優「翔!七!」
翔「何?」
七「何?」

優から話し掛けるなんて
期末テストの相談かな?

優「今から遊びにいくぞぉ」
翔「今から遊びに¿¡」

いきなり…ってか朝だよ


書き込む 最新10 サイトマップ