○●桜野学園『笑手繋部』 気軽に入部待ってます○●

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:椎名:2014/03/13(木) 22:33 ID:gN2

こんばん波ッ!(風男塾サマ)

3度目まして← 椎名でふ(*´ψψ`*)
2作目ゎ………。
椎名の思ってたのと違ぅんだょぉ!!
とゆーことで笑

今回ゎ授業中にニヤ×2しながら構想を練りに練ってベト×2になるまで頑張りましたぁ(キラッ!


まぁ、そんなこんなで……明日からよろしくお願いしましゅ(оω<⌒☆)

2:椎名:2014/03/14(金) 18:33 ID:GTM

○●プロローグ○●


____『笑って手を繋ごう』これを省略して『笑手繋(わらてく)部』

数あるクラブの中でも入部希望はほぼ0。

ほら、今日も退部希望者が出ているようです。

ちょっと覗いて見ましょうか____

3:椎名:2014/03/26(水) 19:23 ID:OHQ

こんばん波ッ!椎名でふ(*´ψψ`*)
なかなか更新できず、すみません(涙)

私も今日、修了式で、終わった後友達と号泣ですよ(笑)
そぉーいえば!卒園、卒業された方、おめでとうございます。新しい場所でも頑張ってくださいませ☆

9:00過ぎたらやっと!本文に入ると思います。それでゎ、オチです(・θ・)

4:椎名:2014/03/29(土) 11:13 ID:8Yg

エピソード1 『いじめは誰が悪いんです?』

___部活動中___

「……暇ですね。」
「………暇だな。」
私と先生の2人の声が教室に響く。
やることもない無駄な時間が5分、10分と過ぎていった。

「あのさ…、本当に言いづらいんだけどさ……。」
先生が申し訳なさそうに切り出した。

「あと1週間の間に入部希望者がいなければ…廃部ね。」

「……廃…ふぇ!?」
正直驚いた。今まで入部希望者が居なくても気にしなかった先生が言い出したから。

「いやぁ…、先生が足りない部活がいっぱいあるんだ。1人の部活よりそっちを優先しろって…。ごめんな。」

そんなことを言っているうちに部活の時間が終わった。

5:椎名:2014/03/29(土) 11:29 ID:8Yg

「廃部な。はいぶな。ハイブナ。HAIBUNA。……」
先生の言葉が頭の中でぐるぐる回ってる。

「廃部…。はいぶ…。ん?ファイブ?
そっかぁ!五人集まればいいんだぁ!
ってオイッ!!!」
自分でも何を言ってるのか分からなくなってきた。多分、精神的なショックがすごいのだろう。

それもそうだろう。母が作ったクラブなのだから。そこから何十年も守ってきたクラブをまさか私の代で廃部にするなんて。

頭の中がリサイクルマークのようになっているとどこからか声が聞こえた。

「さっさとやれよ!ブス!」
「アタシ達まで怒られるだろぉ!?」

「…ッ! ……ごめんなさい…。」

許せなかった。この学校でいじめがあるなんて。『笑手繋部』が気づけなかったなんて。

急いで声の方に行くと泣いてうずくまっている子がいた。
手を差し出そうとすると彼女は驚き
「ごめんなさい!叩かないで!」


そう言って逃げていってしまった。

6:匿名さん:2014/04/02(水) 11:14 ID:FeI

色々なことがいり混じって足取りが重い。

「もうッ!やんなっちゃう!」
目の前の空きカンを蹴る。

「痛ッ!!」
悲鳴に近い声が橋の下から聞こえた。
恐る恐る覗いてみると頭を押さえた女の子がいた。

「ごめんなさい!大丈夫?」
声をかけると彼女は振り返った。



いじめられてたあの子だ

7:椎名:2014/04/15(火) 20:38 ID:JGg

「「あ………。」」
気まずい空気が漂う。

そそくさと逃げようとする彼女。
「待って!どうして逃げるの?」

彼女の動きが止まる。きっと何かある。

「よかったら……話聞くよ?」
そういうと彼女はその場にしゃがみこんだ。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
更新出来なくてすみませんでしたぁ〜!

新しいクラスで初めて『浮く』という辛さに気付きました↓↓
しかも鬼教師ww

もう引きこもりたいw


書き込む 最新10 サイトマップ