蝉ノ声【ホラー短編集】

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:燐祢 ◆XfvOYA2:2014/03/19(水) 20:08 ID:APM

† 挨拶 †

どうもこんにちは。

今回はホラー短編集です。
一度書いてみたかったんです←



!!あてんそん!!

・流血表現、グロ表現を多数含みます。
・少々犯罪まがいな内容が含まれる可能性があります。
これを読んで犯罪を起こす方、それをこの小説のせいにする方は、読んでいただく事を拒否します。
・この小説のいかなる話でも、作者にそのような思考が無いことを理解してから読んでください。
・上記の事が守れない方、嫌悪感を抱く方は読まない方が宜しいかと。





※少し書き方を変えました


では、すたぁと。

2:燐祢 ◆XfvOYA2:2014/03/19(水) 20:18 ID:APM

† プロローグ †



暑い。暑いねぇ。


夏だからしょうがないのかもしれないけどさ、
私はどうも苦手だな、暑いのって。



それに、今日はなんだか蝉の声がうるさい気がしない?



・・・・・・そうでもない?
あ、そう。別にどっちでもいいんだけどさ。




そうだ。

ちょっと、怖い話でもしていかない?


昔からさ、暑い時は怖い話するじゃない?





あぁ、大丈夫だよ。アンタは聞いてるだけでいいからさ。



どんな話がいいかな?

色々あるんだけどさ。


別に何でもいい?
あ、そう。






ーーーーーーーじゃあ、こんな話はどうかな?

3:燐祢 ◆XfvOYA2:2014/03/19(水) 21:26 ID:APM

† 第一話 † 予知鏡


何処の学校でもさ、友達関係のイザコザは全学年共通で1つや2つくらいはあるよね。

一人をターゲットにした虐めとか、虐めまでとはいかなくても、陰口だとか、ほんとにちょっとした嫌がらせ、とか。


その子もさ、そんなイザコザに巻き込まれてたみたいでさ。

その子・・・・・・・・・仮に、『吉桷さん』とでもしておこうかな。

その、吉桷さんは、仲良しグループの子にハブられてたらしくて。
最初の頃とかはすごく仲イイグループで、クラスでも1、2位を争うほど仲イイって言われるグループだったらしいんだけど、
ある事がキッカケで、吉桷さんだけがハブられるようになっちゃったの。

クラスの中ではいつも通り、仲良しなグループだったんだけど、
学校が終われば一変して、吉桷さんだけハブってたみたい。
遊びに誘わない、とか、話に入れない、とか。


クラスの人達もそれに気付いてたらしいんだけど、皆知らんぷりしてたらしいんだよね。
他のグループの子が、首突っ込む問題でもないしね。


まぁ、当の本人は、全く気にしてなかったらしいんだけどさ。

それに、ハブられる原因が、吉桷さんにあったからしょうがないんだよね。

4:燐祢 ◆XfvOYA2:2014/03/19(水) 22:14 ID:APM

† 続き †


その原因……ってのが、また単純なんだけど、
彼女、休み時間になると、さっさと教室をでてっちゃうんだって。

それが、吉桷さんが気に入られない理由だったみたい。

吉桷さんが、他の子達と仲良くしてるとでも考えたのかな?
もともと、そのグループのリーダーの子の独占欲が強かったらしいから、仕方ないのかもしれないね。


でもさー、そんな理由でグループの子をハブるなんて、よほど友情が薄っぺらだったんだろうね。


私、だから女って嫌いなんだよ。

って、私も女なんだけどね。



・・・・話を戻すけど、それからグループでは『吉桷さんの観察』が始まったんだって。

      † 続く †

5:燐祢 ◆Dy6:2014/03/20(木) 00:50 ID:APM

† 続き †


きっとさ、吉桷さんが休み時間に何をしてるのか気になったんだろうね。

まぁ、もともと吉桷さんってミステリアスな雰囲気だったし、気になっちゃうのもわかるな、なんか。
私だってその場に居たらさ、きっと一緒に観察してたと思うし。


で、グループの子達で尾行することに決めたんだって。
尾行より安全で簡単な方法なんて沢山あるのにね。
まぁ、彼女達はあんまり頭良くなかったみたいだし、彼女達なりに考えた最善策だったんだろうね。

吉桷さんのグループは、もともと人数も少なかったし、バレてもそこまで怪しまれなかったのが幸運だったよね。


授業と授業の間の五分休み。
五分で何ができるかっていったら、せいぜいお手洗いくらいだよね。
でも吉桷さんは、授業と授業の合間の休み時間は必ず教室を出ていった。
普通に見たら不自然だよね。たったの五分休みなのに、毎回毎回何処かに行っちゃうんだもの。

      † 続く †

6:燐祢 ◆y6:2014/03/20(木) 19:31 ID:APM

あげます

7:燐祢 ◆y6:2014/03/23(日) 22:26 ID:APM

あげます。
他の小説も更新しなきゃ……。


書き込む 最新10 サイトマップ