七色ナミダ 〜哀しみのダイヤモンド〜

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:森林ちゃん。:2014/03/27(木) 23:17 ID:nbo

はじめまして!初めて小説を書きます森林ちゃん。です!
私はまだ今年小三なので、ちょっと駄作…
かもしれないけど頑張りますッ!

2:森林ちゃん。:2014/03/28(金) 13:10 ID:nbo

書き忘れました! 
1・チェンメ・荒しは無しで! 
2・小説を他の人は書き込まないで下さい。
(なんかスミマセン……)
3・もし間違いがありましたら、言って下さい。

3:森林ちゃん。:2014/03/28(金) 13:16 ID:nbo

 ー プロローグ ー
ーーなぜ私は、コウナルノ?何が悪い
の?ああ今日も、ここが、しみる…。
眼から汗か涙か分からないモノが、出る。 悲しいよーー

4:森林ちゃん。:2014/03/28(金) 15:49 ID:nbo

 登場人物
主人公 越前 恋藺華 (えちぜん れいか)
性格がいい。美人でIT社長の娘。
周 心奈 (あまね ここな)恋藺華
の友達。恋藺華同様、優しくて面倒見
が良い。
早川 紗稚 (はやかわ さち)心奈と
恋藺華を入学早々いじめる。
   

5:森林ちゃん。:2014/03/28(金) 18:33 ID:nbo

 キーンコーン…
チャイムの音が耳に響く。
「あっ!恋藺華!おっはー!!」
「心奈!今日入学式だねっ♪」
そうなの。今日は、高校入学式。
そして、この子は周 心奈。小さい
頃からの、幼馴染み。

「それで恋藺華は簡ー単に合格できたよね!私はレベル高すぎたー」

あはは。こりゃおもしろい。
「そうだよー!冗談だけど心奈、150位だもーん」

6:森林ちゃん。:2014/04/24(木) 14:55 ID:BF.

心「ぷー!これでもダメなの?頑張って
勉強したのにぃー」
恋「冗談冗談♪」
恋「さて、そろそろ行くとしますか!」
心「いえっさー。」

ーーーー入学式ーーーー
心「コソッ緊張するね……」
恋「まあ初めての学校だし?あっはじまる」

理「4月8日、中魔星大学付属 中魔
星高校入学式を初めますーー」
?「………………」
つづく

7:森林ちゃん。:2014/04/24(木) 16:00 ID:BF.

心「ふぅ…やっと終わったー!」
恋「ねー?ちょぉっーと校長先生の話
長い!よね?」
心「今更だけど、いきなり恋藺華が、
あの日本一偉い大学の付属高校行くな
んて!私の楽しい春休み返してよー」

恋「いつか必ず恩は返すから?コレでいい?」
心「ちぇー。」

?「ちょっといい?貴方の友達取って
行くわよ!」
恋「ちょ…貴方ーー」

8:森林ちゃん。:2014/04/24(木) 18:42 ID:BF.

〜恋藺華side〜
心奈…あの人に連れて行かれたわ…
でも…何この気持ち…?私あの人知っ
てる気がする…!
このまま考え込んでいても仕方がない。
………………よし、………………
後をつけるわよ…!
心「ふがっ…はにゃ…ひ…しぇ… (離して)」
嘘?!心奈、口塞がれてる?
?「ごめぇーん♪貴方に私が連れて行
ってること、言われたく無いもん♪」
心「ふ…やっとちゃんとした息が出来る…」

出たいけど我慢しよう…あっ!
心「貴方は誰!?」
?「あら?忘れるなんて酷いわーーー
心奈。」
心「私の名前ーーーー!」

紗「私は早川紗稚。知ってるでしょ?」
…………………!!!!!
心「えっ……」
心「なんであんたがいるの!?」

紗「…へぇー?気になるんだー??
いい度胸ね。わかった。」

9:森林ちゃん。:2014/04/25(金) 19:20 ID:BF.

紗「…見ていたのよ」
心「ど…どういうこと!?」
紗「ええ。ずっと、貴方達を見ていた
の。」

恋「ってことは、この高校へ入ったの
も、全てーーー」
紗「そういう事。てことで、これから
宜しく!」
……やりたくない!どうしよう…
紗「早く握手しなさいよっ!!(バシッ)

バタン……
恋「心奈!?大丈夫!?しっかりして
!!」
紗「せっかく友達ごっこやってあげようと思ったのに。面白くなーいww」
恋「ちょっとあんた、何やってんのよ!?それに、友達“ごっこ”ですって?
意味わからないわ。もう限界!」
恋「これは、散々昔にいじめられた
私と心奈と比菜(昔の友人)の分!!
(バシッ)」
紗「何すんのよっ…(バッ」
恋「(タン!)やめてって…いってるでしょっっ……!」
紗「わ…私の平手打ちを受け止めるな
んて・・・」
恋「当然じゃないの。握手程度で、
そんなにキレるなんて。もうしないで
よね!」

(でも…まだ何か企んでるかもっ!)
 続く

10:ゆぅな♪#:2014/11/02(日) 12:16 ID:ixc

恋「心奈…本当に大丈夫…?」
心「うん。それより比奈って…」
恋「わかってる。比奈は近くの串校いったって。」
心「入学早々こんな事が起きるなんて…」
恋「仕方ない、中学の時に虐めてた奴だもの。」
恋「でもこれだけは約束しよう。これから先どんな事があるかわからない。」
恋「でもどんな悲惨な未来があってもその未来を変えよう。」
心「わかった。」
ーーーーーーーーー………

11:ゆぅな♪#:2014/11/02(日) 12:17 ID:ixc

森林ちゃん。でした!まちがえた〜
すみっませ〜ん

12:森林ちゃん。:2014/11/02(日) 12:18 ID:ixc

まただーーー!すみまぜん…


書き込む 最新10 サイトマップ