そんな君に恋をしたんだ…

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:恋日:2014/03/30(日) 11:54 ID:m-IZE

恋日です!
『君と私のlovestory』を書いていますが、まだ書きたくて作りました!
これも同じlovestoryですが是非読んでください!!

2:恋日:2014/03/30(日) 12:07 ID:m-IZE

*プロローグ*
「恋」をしたことがなかった私だけど

君と出会ってから私の人生は変わったんだ

冷たいけどほんとはすごく優しい君

分かりにくいって皆言うけど

私は……

そんな君に恋をしたんだ……

3:恋日:2014/03/30(日) 12:37 ID:m-IZE

「千春。それって『恋』なの?」
「……」
「光里ちゃんの言う通りだよ。今回のは特にだけどホントにそれは『恋』なの?」
「……」
「そうだぞ!ホントの恋がしたいならあんな奴より俺とした方がいいぞ!俺が教えてやる!」
「……却下」
“それって恋なの?”
私が恋をすると皆が口をそろえて言うセリフ。
私、横山千春はホントの恋を知らない。
ていうか『好き』という感情がわからない。今まで偽物の好きで付き合ったことは何度かあるけど嫉妬とか欲望とかわかなくて自然消滅がほとんどだった。
そんな偽物の恋をしてきた私だけど
だけど今回は……
「しょうがないもん。好きになっちゃったんだから」
「だから!それはホントの恋なの!?」
「…うん!」
「まあまあ。光里ちゃん千春ちゃんも今回は本気みたいだしさ」
「愛花は千春に甘すぎだぞ!」
「うるさいわよ!あんたも千春に甘すぎなんだから同じでしょ!?もうあんたはだまってなさい!!」
私の目の前で口論が開かれる。
ちょっと荒い言葉を使うのは若山光里(わかやまひかり)。バレー部のエースで長身美人。ポニーテールで長い髪をまとめている。
少し優しい口調なのは新山愛花(にいやままなか)。
ちょっと小柄の可愛い系女子。ふわふわロング。睦月にはすごく怖くなる。
愛花と口論するのは轟睦月(とどろきむつき)。
サッカー部で見た目はなかなかいい。
私の周りをうろちょろしているけど私は相手にしないようにしている。

4:恋日:2014/03/31(月) 22:04 ID:m-w8o

今が放課後で良かった。
もし昼休みだったら……ああ!考えるだけでも恥ずかしい!!
「…はぁ。まぁ千春がこの恋をして後悔しなければいいんだけどさ……相手が…」
「そうだよ!なんで神城くんなの?」
「そうだ!!なんであんな何考えてるか分かんない、しかも冷たいやつなんだよ!!俺にしろよ!」
睦月の言うことは無視しよう。
「違うもん……神城くんは優しいもん」
「「「…狂ってる」」」
三人が綺麗にハモった。
確かにさ!神城くんは冷たいよ!でも…私は触れちゃったんだよ…
…神城くんの優しさに……
「……で、いつ告るの?」
「え!?」
「え!?って…好きになったら告るんでしょ?」
「なにいってんだよ光里!!そんなことさせたら千春が悲しむだろ!」
は!?意味分かんないんですけど…
「睦月…それどういう意味よ」
分かってるけど聞いてみまーす。
もし当たってたら一生無視してやる。
「え?だって千春が告ったら即フられて悲しむじゃん。」
___ピンポーン
「……今日からあんたを無視してやる」
「え!?嘘!ジョーダンだから無視だけは止めて!!お願い!!」
「……睦月は無視して、と。で?」
「で?」
「いつ告んのって話!」
「ムリムリ!!」
「なんでよ!……てか自分でもフられることわかってんじゃないの?」
「違うよ!まだ私何もアピールしてないし!!」
「………」
あれ?私、なんか変なこと言った?
おーい……
「あんたってバカ」
バカ……バカって…酷いよ〜〜
私、何も変なこと言ってないじゃん!
「ダメだよ!!光里ちゃん!そんな悪い言葉使っちゃ!」
愛花わかってんじゃん!!
さ・す・が!これこそ友達だぁー
愛花に抱きつこうと大きく手を広げて
愛花めがけてダーッシュ。
「千春ちゃんは頭がおかしいんだよ!だからバカじゃないよ!」
ジャーーンプ
とんでもないことを愛花は一歩前に出て言った。
「あんたそれ意味はバカと一緒だよ」
「え、そうなの?」
私がバカでしたー。
うぅ…愛花、酷いっ
えい!ん?あれ?あれれ?
愛花の頭を叩こうとしたけど手がうまく言うことを聞かない
あれ?私確かジャンプしてたような……たった数コンマの出来事だった
「うわああああああ!!!!」
「うお!!」
ガッシャーーン
私は睦月に向かって勢いよくジャンプしたせいで睦月と一緒に転んだ。
うぅ。いたた…
「どうした!?大丈夫か!?ケガはないか!?」
「うん、ないよ。ごめんね……………あのさ」
「?」
「離してくんない?」
睦月の腕が首に巻き付いて痛いし暑いし。てかキモい!!!
「えーどうしよっかなー?」
「あんたキャラ変わってるわよ?」
「だってこんなチャンスもうないかもしれないし!!」
「千春ちゃんを離してよ!!睦月キモい!!」
うぉ、愛花ってグサッとくる言葉をサラッと言うな。
まぁ睦月ならいいけど。
てかこんなこと考えてる場合じゃない!!全然離そうとしないし!「千春いー匂い」とか変態発言を私だけに聞こえるように言うのがキモいし!エロい!!
あ!!そうだ!
「…睦月、離さないとマジで一生無視してやる」
「だってよー睦月」
「う……しょうがねぇな。ほらよ」
「ありがと!睦月!」
とびっきりの笑顔を睦月にプレゼントしてあげた。


書き込む 最新10 サイトマップ