私の人生、頭脳戦。

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:凜々紫:2014/04/17(木) 17:32 ID:RHY


___私は、今までたくさんの悪事を成し遂げて来た。

___万引き、買い食い、殺人などなど。

___どうして私がこうなったか?

___聞いちゃったんだ。個人懇談の時に。先生は私の人生を、『頭脳戦』と言った。

___だから、頭脳戦にしようと。これからの人生、頭脳ひとつで生きようと。

2:**凜々紫**:2014/04/17(木) 17:48 ID:RHY

【読者の皆様へ】
こんにちわ!凛々紫です♪読みは『りりし』です☆
おかしな文章やおかしな言葉を使う時があります。その時は、注意してもらって構いません☆
むしろ、注意して下さい!自分では気付かない事が多いので…よろしくお願いします!

3:MIYABI:2014/04/17(木) 18:55 ID:/Y2

こんにちは!
続きすごく気になりますね・・・。
楽しみにしてます!

4:**凜々紫** ◆Yi.:2014/04/17(木) 21:07 ID:xtE

【*MIYABI様*】
ありがとうございます!MIYABI様の小説も楽しみにしております!
私はまだまだ未熟で変な言葉など使うかもしれませんが、どうか、温かく見守ってください(;^^)
アドバイス、間違えなどの注意や指摘、などなど、気にせずどんどん言って下さい!
直せるよう、努力致します!

5:**凜々紫** ◆Yi.:2014/04/17(木) 21:17 ID:xtE

『サッ__』

よしっ。また万引きに成功した。これは、自分のためでなく、友達のためだ。
友達が、ブランドバックを欲しがっていたので、万引きして来た。
私は計算深い女だ。だから、防犯カメラの位置、定員の視点、全てを分析して万引きを行っているため、ミスが無い。
しかも、定員への表情(かお)作りなど、定員に怪しまれないための工夫もしている。そう。完全犯罪だ。
でも私は、自分のために万引きをした事や、罪を犯した事は無い。全てが全て、他人(ひと)のため。


「ありがとー♪夜美!欲しかったんだぁ〜♪」
「ううん。とんでもないよ。それよりも、よかったね、鴨ノ崎さん。」
「そんなぁ〜、夜美のおかげだよ〜♪じゃあ、これであたし帰るね!」
「うん。じゃあね。」


こんな風にして、いつも、一日に一回は犯罪を犯している。

「夜美ちゃ〜ん!」
あ。また依頼人が来た。

6:**凜々紫** ◆Yi.:2014/04/18(金) 16:37 ID:xtE

今度は殺人の依頼だった。

*

「あのさ、宮部くんて、凄い偉そうにしてるじゃん?後、私が幼馴染みって事も知ってるよね?」
「うん。知ってる。」
「それで、いつも暴力とかしてくるの。ほら。これが傷跡。」

うわっ…酷…い…



続きます。短くてすみません💦

7:MIYABI:2014/04/18(金) 18:54 ID:/Y2

ちなみに・・・
読んでいて思ったんですけど、夜美って何歳ぐらいでしょうか?
教えて頂けたら嬉しいです。
無茶言ってすみません・・・。

8:**凜々紫** ◆Yi.:2014/04/19(土) 09:49 ID:xtE

>>7
15歳…くらいですかね?

9:MIYABI:2014/04/20(日) 12:35 ID:/Y2

↑なるほど(・。・)
ということは高1ぐらいかな・・・?
答えていただきありがとうございました!!

10:**凜々紫**◆Yi.:2014/04/21(月) 18:21 ID:xtE

中3ですww
いえいえ!
これからも小説頑張りますが、ネタに詰まったらお助け下さい!

**夜美データ**
【名前】城ヶ崎 夜美
【歳】15歳

11:**凜々紫**◆Yi.:2014/04/23(水) 21:14 ID:xtE

許せない…

だって私も暴力受けたんだもの____


【8年前】
時は幼少時代までに遡る。それは私が7歳の時の事だ。

「お父さんっ!やめて!」
「そうですよ…!敏秀さん!」
「うるせえ!俺は敏秀じゃねえ!秀でても無いんだよ!」
「やめてください…!このままじゃ家庭が壊れてしまいます…!」
「あぁ?既に壊れてるわ!」

12:MIYABI:2014/04/24(木) 21:22 ID:/Y2

あ、中三ですかww
すみません間違えました!
m(- -)m ペコッ

13:**凛咲◆CYE:2014/04/28(月) 16:56 ID:xtE

>>12
いえいえ💦
大丈夫ですよ!間違えやすく…すみません💦

【小説】
既に壊れてる…その言葉に、私はもの凄く傷ついた。だってまだ、私達の喧嘩は、まだまだ小規模だと思っていたから…

「やめて下さい!痛いっ!」
「うるせえ!」

あぁ…こんなお母さん…見ているのが辛い…なんとか助けられないかな…  あっ!自分は怪力女だ!この間もお母さんをだっこできた!
おんぶも出来るはず…えいっ!

「夜美!あなた!」
「待てぇぇ!!」
「大丈夫お母さん!私にしっかり掴まってて!」
「夜美…ごめんねぇ…」
私はクラスでも指折りの足の速さをもっている!走れ…走れええええええええ!!!!!!

14:MIYABI:2014/04/28(月) 22:21 ID:/Y2

何度もすみません・・・。(>-<)
名前が凛咲になってませんか?
わざとならごめんなさい・・・*〜*

15:**凜々紫**◆Yi.:2014/05/07(水) 05:39 ID:xtE

>>14
すみませんッッ💦
もうひとつの小説でその名前なので…すみません。気をつけます💦
ご指摘ありがとうございます!何度もだなんて…レスして下さるだけ嬉しいです!この小説、人気じゃないんで…


書き込む 最新10 サイトマップ