魔法と獣と戦争と

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:エル:2014/05/16(金) 21:39 ID:61k

ようこそ。ここは白い部屋。何も着飾っていない、真っ白な部屋です。

私、管理人のエルと申します。以後お見知りおきを。


ここへ来てもらったからにはこの部屋でのルールに目を通していただかなければなりません。
読む気がないならお引き取り願います。


・荒らし・中傷・暴言等のネチケットに反する行為はお控えください。
・感想は自由に書いていただいて結構。返事を返さない時がありますが、決して読んでいないとは限りません。喜んで読ませていただきます。
・管理人は部活や勉強等で忙しい時がある為、時々席を外すことがあります。
・最後に。これは趣味で書いているものです。何もかも完璧なものではありません。



こんな感じですかね。……そこに椅子をご用意致しました。どうぞお掛けください。

2:エル:2014/05/16(金) 21:49 ID:61k

登場人物紹介

フェルナ・エルマータ

明るく活発な10歳の少女。この物語の主人公である。従者を一人だけ従え、世界を正しい道へと導いていく。
年中白いマフラーを首に巻き、左手にロッドを持っている。カナヅチ。


カノン・イロンデル

「黎明の騎士団」団長。剣術の腕前は才能と努力の積み重ねで恐ろしい程レベルが高く、精密である。レオンの姉。
冷静沈着、何事も状況を見てから考える。好戦的な一面も。


レオン・イロンデル
「フェルシダーテ魔術師団」の副団長。幼い頃から魔力が多く、修行を積み重ねてきた。姉とは対照的に、剣術の知識に欠けている。カノンの弟。
青をモチーフとした団ということもあり、平和主義な性格。心配性。


ラハブ

半神半魔。詳細は不明。


ヒスイ

水や氷を操ることのできる龍。人間の姿に化けることができる。

3:エル:2014/05/16(金) 22:09 ID:61k

追記

レイ

フェルナの従者。半人半魔であり、人間の血と悪魔の血が流れている。頭には真っ赤な鎖が巻き付いており、これにはフェルナの血液が流れている。
鎖はフェルナが死ぬまで決して取れることはない。

4:エル:2014/05/18(日) 17:09 ID:61k

娘が夜中に起きてきて「お話聞かせて」と言ってきたのは昨日のことだ。
娘は今4歳。柔らかな肌と大きな目がとても愛らしい。
「おかーさん!お話、お話して!魔法のおはなし!」

私の娘はよく「魔法」というものの話を聞きたい、とせがんでくる。
勿論自分自身が魔法使いという立場の者に「魔法」というものを理解していない時点でこの子に正確な話ができるのか、と問われたら、私は素直に首を振ってしまうだろう。
それくらい、魔法使いと呼ばれるものは少なくなってしまっているのだ。
「そうだなぁ、どんなお話が聞きたいのかな?」
「んーとねぇ……うーん……」
娘は枕を抱いたまま考え込んだ。心の中で迷っているようだ。
「あっ……!あの、世界一の魔法使いのお話、聞きたい!」

かつてこの世界で魔剣士、魔道士達の活動が最盛期を迎えていた頃、「世界魔法大戦」という大戦争が起こったらしい。その大戦争で多くの魔道士、魔剣士が犠牲となり、その中で活躍した魔道士、魔剣士のことを「世界三大英雄」と呼び慕っているのだそうだ。
魔法も使えない私にとっては何のことやらさっぱりだが。
「魔法使いのお話かぁ……うーん、お母さんよりも魔道士様の方が詳しいんじゃないかな?明日一緒に聞きにいこうか!」
「うん……!」
娘は表情を明るくし、私に「おやすみ」を言って自分の部屋へと戻っていった。


書き込む 最新10 サイトマップ