クレイジー×ファントム

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:ジャーデ:2014/06/14(土) 22:14 ID:fDQ

皆さんこんばんは、どうやらここを見つけてしまったようですね‥‥
安心してください、何も変なことしませんよ‥‥少なくとも私はね‥‥

2:ジャーデ:2014/06/14(土) 22:25 ID:fDQ

【主人公紹介】

ラファエル・クロウシス

【常に何かしら考えている不気味な紳士、恐怖や絶望の心理を知り尽くしている】

アランダ・マクレイア

【ラファエルの助手、人々の心理の集合体という異名を持つ】

エルニカ・ウェルシェード

【フランスにある貧困街で二人に出会う、15歳の少年】

3:ジャーデ:2014/06/14(土) 22:52 ID:fDQ

時は18世紀‥‥フランスの貧困街に一人の少年はいた‥‥
この物語は、まずここから話さなくてはならない‥‥





「ハァッ‥‥ハァ‥‥」

「おいおい〜、逃げるなよエルニカく〜ん」

「ハァ‥‥あっ!!」

ヤバイ‥‥転んじまった‥‥もう終わりか‥‥

「いい度胸してるねぇ〜、内からパンを盗むなんて」

「‥‥ハハ、俺に度胸なんてねぇよ‥‥」

そう‥‥俺に度胸なんてない‥‥俺には‥‥

「まぁ、くたばってもらうけどさ、最後に何か言いたい事はある?」

最後に‥‥?そんなの決まってるだろ‥‥

「自由が‥‥欲しかった‥‥」

「へぇ〜、あの世は辛いことも何もないから自由になれるぜぇっ!!」

数秒後にはあの世か‥‥今の内に空でも見て‥‥

「やめなさい」

「!?」

その時、俺の目に映ったのは意外な光景だった‥‥どこか怪しげで不気味で第一印象はお世辞にも
いい人とは言えないが、悪い奴でないことは一瞬でわかった‥‥

「‥‥ってめぇっ、どこから沸いてきやがった!!」

「アランダ、今の内にその少年をどこか安全な場所へ」

「わかった」

不気味な男に言われて出てきたもう一人の男‥‥いや、少年か‥‥
俺と大体同い年ぐらいだ‥‥

「てめぇ、放しやがれ!ぶっ殺すぞ!!」

「おやおや、いけませんねぇ‥‥地獄にでも行ってみたら少しは更正するかもしれませんねぇ‥‥」

次の瞬間、俺は凍りついた‥‥


書き込む 最新10 サイトマップ