殺し屋。

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:なーさん◆ow:2014/06/17(火) 20:56 ID:X7Y

どうも、なーさんです!

*ルール*
*荒らしNG
*雑談?フリートーク板へLet'go!←
*感想orアドバイス 大歓迎!

*注意*
*駄作です
*更新遅いです
*文脈とかが変かもしれないです


以上です!
駄作ですが(二回目w)読んでくれると嬉しいです!

2:なーさん◆ow:2014/06/17(火) 21:17 ID:X7Y

〜プロローグ〜

この町は何時からか殺しが盛んになっていた。

正しくは、警察が何もしなくなった。

警察がなにもしなくなり、この町に住む人々も、徐々になんとも思わなくなつていった。

中には、引っ越す者、外出を避ける者もいた。

“警察はなんのためにいるんだ?”そう思っていたとき・・

「君、芝山高校の 月城直君…だよね?」

という声が聞こえた。

オレは相手の顔を見てから「はい」と答えた。


“殺し屋に入らない?”


そう言われた。

最初は信じられなかった。

オレが誰かを殺すなんて・・。

けど、よく考えてみたら、学校ではいじめられているし、このつまらない人生に飽きてきていた。

そう考えオレは「いいですよ」と答えた。

3:なーさん◆ow:2014/06/17(火) 21:23 ID:X7Y

〜登場人物〜

月城 直 Tukisiro Nao ♂
主人公

長友 岳 Nagatomo Gaku ♂
月城直の唯一の友達

鳳 真 Ootori Sinn ♂
殺し屋の社長

桐生 樹 Kiryu Tatuki ♀
月城直のマネージャー

4:よい:2014/06/20(金) 15:09 ID:rwA

すごい面白そうなお話ですね!実際には絶対ないような世界かんがとても気に入りました\(*^○^*)/次の更新はないのですか??ぜひ続きが読みたいです^^

5:なーさん◆ow:2014/06/20(金) 21:59 ID:X7Y

わあぁぁ!!!
こんな駄作を読んでくださってありがとうございますっ!!
明日、明後日は部活が少ないので更新できます!
今日も更新できるようには努力します!!
>>4

6:よい:2014/06/21(土) 08:37 ID:rwA

はい!更新楽しみにしてますね!

7:よい:2014/06/21(土) 08:56 ID:rwA

駄作じゃないですよ!他の人より上手いとまでは言いませんが、人並みには書けてますし!←けなしてんの?←けなしてませんよう!ほめてますよう!
というか、先が読めない面白さがあります!続きが気になるよぉ“\(>△<)/”

8:なーさん◆ow:2014/06/21(土) 13:45 ID:X7Y

ありがとうございます!!!!(泣)

_____________________________________
〜第一話〜

今日からまたつまらない1日が始まる。

学校に着くと早々、「アイツ死ねばいいのに」などという声が聞こえた。

“じゃあ誰かがオレを殺せばいいだろ”そう思った。


教室に入ると、クラス全員の視線がオレへと向けられる。

勿論悪い意味で。

「直、はよ〜」

自分の席に座ると決まって声をかけてくる奴が居た。

幼馴染みで現在運良く席が隣になった、長友岳だ。

「岳、お前かわんねーな」

この時、オレは確信した。

オレへ対するいじめがいつになっても実行されない理由を。

皆が人を殺したくない訳じゃない。

クラスの人気者のコイツ…岳がオレの友達であるから、皆はオレを殺さない、もしくは、岳が皆に何かをしたか、だ。

「岳、クラスの皆になんか言ったか?」

「どうした、いきなり
なんも言ってねーけど?」

「…そうか」


その後オレは、何も無い平凡な日を過ごせたような気がした。

9:よい:2014/06/21(土) 17:23 ID:rwA

いきなり面白ーい!!!!!これからどうなるのか?!気になるぅー!!!もう有料でもいいから続き読みたいです(笑)いや、ほんとにこれは。みんなも読めばいいのに!今のところ私の他にコメないですね、みんな読んでみようよ!読まなきゃ損だよ!!

10:よい:2014/06/25(水) 11:15 ID:rwA

最近更新ありませんねぇ…、なにかあったんですか?止められたのですか(´・・`)

11:海遊奈◆ow:2014/06/25(水) 20:00 ID:X7Y

ネタがないだけです……
スイマセン…

12:海遊奈◆ow:2014/07/06(日) 22:46 ID:X7Y

えぇー、大変申し訳ないのですが、この小説書くのを止めます。
ネタがなくて考えられなくなってしまったので……
こんな駄目駄目な作品を読んでくださった、よい様、本当にありがとうございました。

この小説の代わりに他の恋愛小説を書こうと思うので、気が向いたら読みに来てくれるととても嬉しいです。

今まで本当に、ありがとうございました。

13:よい:2014/07/09(水) 16:50 ID:rwA

そうですか(´・・`)
小説書くのって難しいですものね^^;
私もいつも途中で終わります(笑)
なので、最近はメモ帳に話の内容と登場人物。その登場人物一人一人の物語など、小説に書く話でなすくても、いろいろメモってます^^そうすれば、それぞれの登場人物が分かりやすくなって、物語を進めやすくなると思います。あと、話の内容は、最初に考えておくのが基本ですよ!海遊奈さんの場合、ネタ切れではなくて、どんな話にするのかハッキリしていないことに問題があると思います。
主人公は何をしたいのか。まあ、これは特になくてはならない訳ではありませんが、主人公を動かすということは、物語を動かすということなので、主人公の目的がハッキリしている方が面白いかもしれませんね。この作品だと、主人公は目的がなく、殺し屋にもなりたいとは思っていなさそうですから、主人公の目的がない物語ですね(たぶん)。それはそれで良いです。現に、そのような物語はたくさんあります。なので、それをいかして進めていくと良いと思います。参考になったらいいな…(ならないか笑)

なんかお節介ですよね。気にさわったらすいません(;´^` )
あと上にあげてすいませんでした。
またの作品楽しみにしてますね!


書き込む 最新10 サイトマップ